So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ロレイン・ヒース ブログトップ

気高きレディの初恋 [ロレイン・ヒース]

SHALOCKMEMO513
気高きレディの初恋 As An Earl Desires
( Lost Lords 1 ) 2005」
ロレイン・ヒース 文月なな





 ロレイン・ヒースの「ロスト・ロード」シリーズの第1弾です。すでに邦訳では第2弾の「伯爵の情熱は海をこえて」を読了していましたので,前後しましたが,いずれにせよ,原作の方のシリーズ第2弾,"A Matter of Temptation"は未訳です。そして,本書で頻繁に出てくるハリントン公爵夫妻のロマンスは,未訳の作品で語られるようです。
 「伯爵の・・・」でも記したように,ロレイン・ヒースはイギリス生まれのテキサス育ち。「伯爵の・・・」では,ヒーローはアメリカとイギリスの間を行ったり来たりしていました。本作では最後のほうに,「伯爵の・・・」のヒーローであるトマスが顔を出します。
 さて,本書を一言で言うと,静かなロマンスという印象を受けます。ヒーローのアーチボルド(アーチ)は元教師で最近伯爵位を継いだばかり。そしてヒロインのカミラは,アーチの父の後妻でありながら,急に伯爵位を継いだアーチに社交界でのルール,伯爵としての心構えなどの指南役を務めますが,前夫との間に子供が生まれなかったことから,妊娠・出産ということは不可能だと思い込んでいます。アニメ「巨人の星」の主題歌ではありませんが,「おもいこんだらしれんのみちを」を地でいくような考え方と行動をとっていきます。カミラはまさに貴婦人を地で行くような女性であり,アーチが田舎への愛着を捨てきれなく悩むところも含めて,静かなロマンスというイメージが強く漂ってきます。
 しかし,そんなカミラの行動の理由として,とても貴族婦人には考えられない二つの重大な秘密をもっていたのでした。物語後半でひとつずつ秘密が明らかになりますが,貴族階級ではとても考えられないカミラの秘密も,一般民衆の間ではごく当たり前であったこともあり得ると思われます。ちょうど,今月,CS放送でバーネットの「小公女(リトル・プリンセス)」を放映していました。これなどを見ると,階級社会であるイギリスのものの考え方,上流・中流・下層の人々の生活の様子が克明に描かれていました。この本質は現代でもあまり変わっていないのかもしれません。
 「伯爵の・・・」では,イギリスとアメリカの文化の違いが克明に描かれていましたが,教養社会イギリスとサクセスストーリーの国アメリカの国民性の違いは,本書でも影を落としています。


伯爵の情熱は海をこえて [ロレイン・ヒース]

SHALOCKMEMO502
伯爵の情熱は海をこえて Promise Me Forever
( Lost Lords 3 ) 2006」
ロレイン・ヒース 文月なな





 ロレイン・ヒースは,レイチェル・ホーソーン,ジュード・パーカーと3つのペン・ネームを使い分けるアメリカの作家です。1954年の生まれですから今年55歳。作家としても脂ののりきったところといってよいでしょう。彼女はイギリスで生まれたもののすぐにテキサスに移り住み,二つの国を舞台に描かれた本書にも,その生い立ちが十分に生かされていると思います。
 1880年ロンドン。レイヴンリー伯爵と再婚した母,姉妹たちとロンドンで伯爵令嬢として暮らすローレン・フェアフィールドは,10年前に14歳でテキサスで出会ったトマス・ウォーナーと将来を誓った中ですが,イギリスに渡ってからはトマス(トム)からは音信が途絶え,忘れられたと考えていました。そこに,アメリカから来た新しいサクシー伯爵としてローレンの目の前に現れたのは,まさにそのトムだったのです。10年ぶりに会うトムはすっかり男らしさと落ち着きを身につけ,再びローレンの胸を焦がす存在に成長していたのですが,トムから聞いたのは,10年間ずっと手紙を出し続けていたという事実でした。ローレンもイギリスに渡ったはじめの頃は,トムに手紙を出し続けていたのですが,返事が1通もこなかったことから,いつかしら手紙を出すのをあきらめていたのでした。そして,トムからの手紙は,イギリスの貴族の生活に早く慣れさせるために,母のレディ・エリザベスがすべて燃やしていたということを知ります。また,ローレンからの手紙も出される前に母が始末していたのでした。しかし,母の行為は自分のことを考えてのことだということが理解できるローレンは,母を責めることはできませんでした。テキサスで育ち,イギリス貴族の伝統と生活の上での細かい規律・ルールを身につけるため,ローレンは何度も繰り返し発音練習やマナーを身につけるため努力を重ねてきたのですが,突然自分が伯爵位を継ぎ,イギリスに渡らざるを得なかったトムは,ローレンに上流社会になじむための指南役を頼むのでした。その替わり,自分がテキサスに帰るための旅費を工面してもらうという条件付きで。
 興味本位でサクシー伯トマスに近づこうとするローレンの友人の令嬢たちに,次第に嫉妬心も抱き,社交界に次第になじんでいくトムにも腹を立てながら,ローレンの心境はとても複雑になっていきます。「ここはテキサスとは違うの。特に女性は。女性の価値は結婚相手に何をもたらすかで計られるの。社交界にデビューしたときから,女性に唯一認められるゴールは結婚よ。どこへ行っても何をしていても,ひとつの商品としてたず周囲からみられているわ。公園の散歩,コンサート,舞踏会,晩餐会,ドレスは批評され,行動は話の種になる。何から何まで細かく吟味されるのよ。」というローレンのことばに,イギリスとテキサスの文化の違い,価値観の違いがはっきりと示されています。かつて,テキサスの広大な荒野で流れ星に願いを込めていた14歳と16歳の女の子と男の子には戻れないというあきらめの気持ちも,そして爵位を継いでやっとイギリスに渡ってきたトムとは逆にテキサスに帰ろうと考えているローレンの気持ちのすれ違い,運命の皮肉に,読者はすっかり引き込まれていきます。
 一方トムは,イギリスで継承した領地サクシーで,テキサスに手に入れた牧場と同じように,領地で働く人々の要望に真剣に耳を傾けたり,生活の面倒をみたりして,領民からは尊敬を得る領主に成長していました。テキサスの牧場主でありながらイギリスの荘園領主でもあるという「ただの伯爵ではない」という存在になっていることに幼い頃に家族に見捨てられ,孤児列車でニューヨークから奴隷同然に連れ回され,里親の元から逃げだして徒歩でテキサスに到達し,ローレンの義父に救われるまでに相当の苦労をしたことが,トムのよってたつ人間の基盤になっていることに,ローレンは尊敬の念を覚え,しかもトムがローレンに対して10年前と変わらずに恋愛感情を抱いていることに気づき,ローレンも次第に自分の気持ちを抑えきれなくなっていきます。トムがローレンにキスしたときも,「約束への前奏曲(プレリュード)のようなキス・・・ローレンには守れるかどうかまだ自信の持てない約束への」という一節には,深くトムを愛してはいるが自分の行動に踏み切れないローレンの複雑な心境がよく表されています。
 人物造形といい,時にコミカルな会話といい,そしてイギリス社交界とテキサスの比較といい,作者の体験に基づいた深いことばがつづられた傑作,オススメの1冊です。


ロレイン・ヒース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。