So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
サラ・オーウィグ ブログトップ

愛なき富豪が授けた命 [サラ・オーウィグ]

SHALOCKMEMO1412
愛なき富豪が授けた命 Pregnant at the Wedding
( Plainaum Grooms 1 ) 2008」
サラ・オーウィグ 北岡みなみ





 原題は「結婚式の妊婦」
 ヒロイン:アシュリー・スミス(25歳)/ウエディング・プランナー,農場育ち/身長175センチの長身,ブロンドの髪/
 ヒーロー:ライアン・ワーナー(32歳)/「ワーナー・ホテルチェーン」経営者/190センチ以上の長身,黒い髪,緑の瞳,広い肩,硬い胸,三人兄弟の長男/
 新刊としては2011年3月以来のサラ・オーウィグのお目見えです。この6年間原作が出版されていなかったわけではなくシリーズものも次々と出版されていたのですが,なぜか訳本がなく「幻の作家」になりつつあったサラ。この当たりに何か事情があったのかHQに聞いてみたいものです。一昨年KINDLEで復刊された「狼の住む場所(SHALOCKMEMO1396)」は先日読みましたが,記憶喪失ものだったために目についただけ,とはいえ素晴らしい作品でした。本作を含む「Platinum Grooms」シリーズは,ライアン・ワーナー,ニック・コルトン,ジェイク・ソーンの三人をヒーローにした三部作で,2008年の作品です。「Stetsons & CEOs」「Lone Star Legacy」「Lone Star Legends」「Callahan's Clan」など,次々にシリーズ作品を出しているサラ作品の翻訳を期待したいものです。
 アシュリーは16歳で,ライアンは18歳で母を亡くしています。どちらも現在は父親や兄弟姉妹たち,そして祖母など,家族が仲良く暮らしている恵まれた家庭環境にあるのですが,母親を亡くしたという共通点があるのでした。なんとか二人とも共通点を見つけようと話し合っている間に打ち明け合ったことでした。現在の経済的状況はアシュリー側は苦しく,ライアンは富豪となり格差がありますが,ライアンがアシュリーの妊娠を知って次々に援助を申し出るのに対して,アシュリーは頑固に自分の独立を主張していくのですが,あまりにもライアンの攻勢が素早く,ついにはアシュリーもそれを拒みきれなくなり,ラインのプロポーズを不承不承受け入れていきます。2週間というところで落ち着き,二人は結婚式を迎えるのですが,アシュリーは自分がライアンに恋してしまった反面,ライアンから愛の言葉を聞かされていないため,ライアンは子供が欲しいためだけに結婚を申し出たと思い込んでいます。自分は愛されていないのではないか,間違った結婚をしてしまったのではという不安をぬぐいきれません。結婚式の入場の直前にライアンの元恋人ケイラがアシュリーの元を訪れ,ライアンがあなたと結婚するのは愛しているからではなく妊娠しているからに違いないと爆弾発言をし,ライアンが自分たちのことを元恋人に教えたのではないかと疑心暗鬼に陥ります。直後にアシュリーの青い顔を見た父親ベン・スミスが,車のキーをアシュリーに渡して,逃げるなら今しかないと気遣いますが,アシュリーは逃げることは自分の家族へのライアンの支援が望めなくなることだと考え,不安なままバージンロードを歩いて行くのでした。
 ウエディングプランナーが自らの結婚式をプランニングしたら・・・。自身の理想のウエディングを企画し,お金に糸目を付けなくて良いとしたらとてつもなく豪勢なものになるのでしょうか。しかし,アシュリーは父の入院費や弟の学費などのために自分の生活を節約して家族に仕送りをしている身,たった一度の週末を共にしたライアンとの間に生まれた感情を簡単に捨てることもできず,結局ライアンの申し出を受けて結婚することになってしまったのです。愛のためではなく将来の子供のための便宜的結婚,という気持ちが前面に出ているライアンの言葉に傷つきながら・・・。ライアンが自分を求めていることは間違いないけれども,あのケイラの悪意に満ちた言葉に本当の信頼をライアンに寄せることはできません。こんなアシュリーの気持ちをライアンは理解してくれるのでしょうか。「何度も言ったように,あなたは強引に主導権を握って,何でも勝手に決めてしまう。不幸な結婚はこの子にとってもプラスにならない」とかつてライアンのプロポーズを断ったこともあります。「僕と結婚するんだ。それで君の問題は解決する。」つまり問題解決のための結婚というライアンの言葉と「ライアンと一緒にいると,欲望に体が反応してしまう」という心と体の反応の乖離にアシュリーはどのように対処していくのでしょうか。「ライアンと多くの時間を過ごし,彼についていろいろなことを知った。そしてライアンに好意を持っているというより,恋してしまいそうだった。もしかしたらすでにライアンに恋をしているのだろうか。彼は愛してはくれないのに。」何度も自問するアシュリー。そして式の前にケイラが自分に爆弾発言をしたことをライアンに告げると「きみは彼女の言い分に耳を貸したのか?」と怒りをあらわにするライアンに「あなたを信頼することにする。私は世界で最も騙されやすい女かも知れないけれど,あなたの言葉を受け入れるわ」といったんは納得し,新婚旅行中はまさに蜜月の時を過ごします。ところが,旅行後互いに仕事に出かけ,出張を終えて早めに帰宅したアシュリーが目にしたのは,合鍵を持ち昨晩はライアンと一緒に過ごしたというケイラでした。「ライアンとの結婚はカードで作った家のようにもろかった。どうして彼を信頼してしまったのだろう?父親が警告してくれたのに。」決定的な証拠を握ったアシュリーが取るべき行動はたった一つでした。さぁ二人の行く末は・・・
 さっさと愛しているといえば良いのに,といつもヒーローにいいたくなってしまうロマンス小説ですが,そんなカタルシスを生み出す作者の罠に今回もはまってしまいました。充分楽しめる作品です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

狼の住む場所 [サラ・オーウィグ]

SHALOCKMEMO1396
狼の住む場所 Falcon's Lair 1995」
サラ・オーウィグ 沢田由美子





 原題は「ファルコンの隠れ家」
 ヒロイン:ジェニファー・オスマン・ファルコン(24歳)/「ファルコン・エンタープライズ」経理担当/濃いまつげ,ピンクの頬,豊かな胸,しなやかで春の匂いがする体と長い脚,深いグリーン(エメラルド色)の瞳,鳶色の髪,微笑むと表れる左の頬のえくぼ/
 ヒーロー:ベン・ファルコン(歳)/牧場主,「ファルコン・エンタープライズ」社長の息子/長身で豊かな黒い髪,コマンチ族の血を引く浅黒い肌/
 本日2作目読了本です。以前作者の作品を整理しているとき,好きな記憶喪失ものと書かれていたKINDLEなので買っておいたものです。作者1995年の作品で訳本は98年にシルエット・ディザイアで出ています。まだ再版本は出ていないようですが,文庫化されてもおかしくない秀作でした。ある雪の激しく降る日帰宅途中で事故車両を見つけたベンは怪我をして気を失っている妙齢な若い女性を発見し,急いで病院に搬送します。しかも「ベン・ファルコンを捜さなくては」とつぶやいたのです。この女性が過去にもあった自分の父から差し向けられた女性かも知れないと思ったベンですが,気がついた女性は自分のことも含めて一切の記憶を失っていたのでした。持っていたメモから女性がジェニファーという名前であることは分かったのですが,数日で退院できるようになったとき,どこに行ったら良いか戸惑っている女性を一時的に自分が引き取ることにします。どうせ父が差し向けた女性だろうから父に連絡を取って迎えに来てもらおうと考えたのです。怪我をし,自分の正体も分からない女性ですが,なぜかベンはこの女性に惹かれてしまいます。父とは連絡が取れないままでしたが,翌日ジェニファーの事故現場でベンはジェニファーのクレジットカードを見つけ,苗字がファルコンであることを知ります。きっと父の再婚相手だと思い込んだベン。まもなくジェニファーは記憶を取り戻します。料理をしたり本を読んだり,飼い犬と出会ったりしているうちに自然と記憶が戻ったのです。しかし自分を冷たい目で見るベンが自分を自分の母と勘違いしていることを知ると,母が再婚した父ウエストンの養子となりベンとは義理の妹に当たることを告げるのでした。実父ビリー・オスマンが継父の会社で働いていたものの,ギャンブルにのめり込み多額の借金を抱えたまま他界したのち,ウエストンに見初められて母と結婚し,その後養女となったのでした。儲けることに執着し,自分のいうとおりに息子を育てようとしたウエストンと喧嘩別れになり,ロッキー山中の牧場を自力で今の状態までしたベンですが,雄大な自然と周囲にいる人々との温かい交流に身を置き,ダラス近郊の大都市で事業を展開している父の会社よりも居心地の良い生活を送っていたのです。ベンの従兄弟ジョーダンが副社長として会社の経営にかかわっていますがウエストンは自分の息子に会社を継いで欲しいと思っていたのです。イエスマンであるジョーダンでは会社はいずれ他人の手に渡ってしまうと考えていたからでした。一時的な軽い心臓発作で倒れたウエストンはますますベンを早く会社に取り戻したいと考え,ジェニファーを差し向けたのでした。父の具合が悪いことを重く見たジェニファーもなんとかベンを説得しようと考えていたのです。
 記憶も戻り,やがて怪我も軽くなったジェニファーはベンの魅力にすっかり参ってしまい二人は互いに夢中になってしまいます。全快したジェニファーを送りとどける名目で一時ダラスの白亜の豪邸にやってきたベンとジェニファー。ベンはジェニファーとの結婚を考えていました。しかしベンの従兄弟ジョーダンの悪巧みが本格化していきます。ベンとウエストンの親子関係にひび割れを生じさせ,ジェニファーをも会社から追い出そうとウエストンにあることないことを吹き込んでいきます。やがて,ベンはジェニファーの幸せを考えろという父の説得を振り切り,牧場に帰ることを告げるのですが,ウエストンはジェニファーを連れて行けば彼女への遺産も打ち切ると脅しをかけます。もちろんベンにも遺産はやらないと。自分は遺産などは欲しくないけれども,ジェニファーが果たして自分についてきてくれるか自信は持てません。会社での副社長の地位と遺産の半分を提示されて,それを断ってまで不便な牧場暮らしにジェニファーが耐えられるだろうか。ジェニファーを愛する気持ちが強いベンは自分だけで牧場に帰ることにするのでした。ジェニファーはその間の親子の話を違った風に聞かされています。そしてジョーダンの悪巧みがいよいよ本格化し,会社の情報を商売敵に渡すつもりだとウエストンに吹き込み,ウエストンはジェイファーが向かったベンの牧場に先回りするのでした。クライマックスではジェニファーはもみ合いの中ウエストンの銃弾を浴びてしまうのですが・・・。
 親子の確執あり,陰険な敵役あり,そして大自然の中の美男美女のラブロマンスありと,いろんな要素が一杯詰まった本作。冒険活劇風味のかつてのアメリカドラマを見るような素晴らしい作品です。イチオシです。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
サラ・オーウィグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。