So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
サブリナ・フィリップス ブログトップ

ひと月だけの恋人 [サブリナ・フィリップス]

SHALOCKMEMO1355
ひと月だけの恋人 Valenti's One-Month Mistress 2009」
サブリナ・フィリップス 柿沼摩耶





 原題は「ヴァレンティのひと月の愛人」
 ヒロイン:フェイ・マトソン(25歳)/デザイナー,レストラン経営/蜂蜜のような髪,美しい脚,緑色の瞳/
 ヒーロー:ダンテ・バレンティ(?歳)/レストラン・チェーン「バレンティ・エンタープライズ」オーナー/身長190センチ超,広い肩,筋肉質な体,高い鼻梁,突き出した顎,オニキス色の瞳/
 ひと月だけの契約愛人,本来はレストランの経営困難に陥ったヒロインがヒーローに資金繰りを依頼しに行き,そのまま愛人化されてしまう,しかもひと月の契約でというお話しです。永遠に愛人にして欲しくなってしまうヒロインですが,自分を軽く見ているヒーローに反抗してひと月だけであればなんとか我慢するという態度を示したために,逆にヒーローがヒロインから離れがたくなる,という展開です。
 父親の跡を継ぎ,レストラン「マトソンズ」を経営し始めたフェイは,ある日自分の店にやってきた男性の姿に驚きます。6年前,両親の経営していたレストランでウエイトレスをしていた時,メニューのデザインに目をとめた男性がいました。デザイナーの勉強をしていたフェイは店のデザインを手がけたところだったのですが,そのデザインに目をとめたのはレストランチェーンを経営するダンテでした。カリスマ性を持っているダンテに無垢なフェイはたちまちのぼせ上がってしまいます。ダンテが経営する「イル・マイヤ(「成長の女神」という意味)」という五つ星ホテル内のレストラン「ペルフェッツィオーネ」。そのきらびやかなホスピタリティと,ダンテの魅力その両方に心を奪われてしまいます。身も心も捧げたのち,フェイはイタリアを離れアメリカに渡ってしまいます。裏切られたという思いを引きずってきたダンテ。イギリスの母親からフェイが男性とともにアメリカに渡ったことを聞かされたからです。フェイの相手は同性愛者の男性だということはダンテは知りませんでした。そして父親の死によりイギリスに帰ってきて「マトソンズ」の経営を手がけていたフェイですが,時代とともに客足が伸びなくなってきて,設備投資をしないとこのままでは経営不振に陥ることになってしまいます。提案書を持って銀行を回り融資を頼んで回りますが,どこもOKを出してくれません。万策尽きたフェイはダンテがイギリスにやってくるということを報道で知り,思い切って会いに出かけていくのでした。フェイが自分を裏切ったとダンテが思い込んでいる様子。話し合いの結果出された驚きのダンテの条件。一カ月間彼の経営するホテルで働くこと。ホテルでの修行を完了したら店に融資しようということでした。これはダンテの復讐か?それとも自分に対する未練か?少なくともダンテに対する反応は6年前と変わっていないことに困惑するフェイ。ダンテのいうとおり,厨房でのいイモの皮むきからスタートしたフェイですが,飛び級的に部署が変わり,結局ダンテとの深い関係が復活してしまいます。謂わば愛人化してしまうのでした。トスカーナの別荘地でのダンテとの二人だけの生活。そして,ダンテの妹エレーナが登場します。フェイはエレーナとはすぐに旧知の仲になりますが,ダンテがフェイを心の底からは信用していないことを言葉の端端から感じられます。とにかくひと月我慢すれば,また「マトソンズ」に帰れる。その思いが次第にダンテとの別離を意味することに引き裂かれる思いを感じて戸惑うフェイ。すでにダンテを愛してしまっていることにフェイは傷つきます。「感情のままに行動した結果(中略)大きな借金を背負って」しまったことに気付き,「まるでダンテが彼女の内臓の位置まで変えて,いくら配置し直しても元の自分に戻ることができないかのように」感じたフェイは,涙を流すのでした。そして,ひと月の終了を待たずに,フェイの妊娠が明らかになり,ダンテの元を去ります。一方ダンテは,かつてフェイがともにアメリカに渡った男性クリスがフェイの友人に過ぎなかったことを知り,フェイを去らせたことを初めて後悔します。再び「マトソンズ」を訪れたダンテ。すでにダンテの出資により「マトソンズ」の改修も順調に進み,銀行も改めて融資を認めてきたことから,ダンテに返済のめども立ち始めます。そんな時,フェイは突然腹痛を訴え,出血してしまいます。病院に連れてきてくれたダンテにフェイは「赤ちゃんがいなくなってしまった。あなたはもう自由よ」と自分の気持ちとは裏腹なことを言うしかないフェイ。「自分が本当に愛する男性がダンテだということをフェイは今ほど強く感じたことはなかった。苦しんでいるとき,彼にそばにいて欲しいと思うからだ。ずっと一人で生きてきたのだから誰も必要ないと思っていたが,彼女にはダンテが必要だった。」とダンテへの愛を自分に認めざるを得なくなるフェイでした。ダンテはこのフェイの気持ちに応えられるのでしょうか・・・。
 ちょっと気付いたミスプリント。KINDLE位置ナンバー5049の「道徳規準」が位置ナンバー5050では「道徳基準」になっていました。前後の文脈からは「道徳規準」が正しいのでしょうね。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

悲しいすれ違い [サブリナ・フィリップス]

SHALOCKMEMO1353
悲しいすれ違い Greek Tycoon, Wayward Wife
( Self-Made Millionaires 2 ) 2010」
サブリナ・フィリップス 霜月 桂





 原題は「ギリシア人富豪と強情な妻」
 ヒロイン:リバティ(リビー)・デリカリス(旧姓:アッシュワース)(?歳)/旅行会社「ケイト・エスケープ」ツァー・コンダクター,ライアンの妻,貴族の令嬢/豊かなブロンドの髪,繊細な顔立ち,小麦色のきめ細かな白い肌/
 ヒーロー:オライアン(ライアン)・デリカリス(?歳)/レジャー会社経営/力強い顎,つややかな黒っぽい髪,澄んだブラウンの目/
 結婚してから5年。結婚数週間で一日18時間も働くようになった夫との結婚生活に満足できずに家を出たリビーは,5年後に離婚申立書を手に夫の会社を訪れます。邦題のとおり,二人の間の溝がなかなか埋められないのは互いの本当の気持ちがずっとすれ違っていたためだということを最後まで引きずっていくストーリー展開です。なんともはやこんなにもすれ違うのか,そしてすれ違いの原因は?ということを作者は手を変え品を変え披露して見せます。いや読ませます。すれ違いの手の内が読者に明かされるためますますイライラ感がつのり,同時に哀れみを感じさせ,「悲しい」という言葉どおりになっていく展開に,読後,してやられた感が逆に爽やかさをも感じさせる見事な作品です。
 2010年版のHQロマンスの更新の段階で,作者の作品を整理してみて,本作と「ひと月だけの恋人」の2作を購入しました。「プリンスの秘密(SHALOCKMEMO567)」では,地中海の島国モンテズを舞台にした作者ですが,本作はギリシアが舞台。ツァー・コンダクターをしているリビーは,夫に離婚申立書にサインをもらい,この5年間宙ぶらりんだった二人の関係に終止符を打とうとアテネを訪れます。「遂に自分のもとに帰ってきたか」と期待を膨らませるライアン。この1年女性と触れあう機会もなく鬱々としていたライアンは今,会社の経営だけではなく,古里のメタメイコスの市長の座を賭けて選挙運動を開始したところだったのです。市民に受け入れられるためには身持ちの堅さや幸せな結婚生活を送っているというイメージづくりが何よりも求められていると選挙参謀から忠告を受けたばかりでした。そんなこととはつゆ知らないリビーはまさに「飛んで火に入る」状態だったわけです。「とりあえず2週間だけ一緒にメタメコスに行ってくれれば書類にサインしよう」というライアンの言葉に,まだ二人がやり直せる機会があるかもしれないと密かな期待をしたリビーですが,彼の地で出かけたパーティで,初めて夫が選挙の候補者であることを知ります。「あぁ,また,私は利用されただけだった。5年前と同じ過ちを繰り返している」とがっかりするリビーですが,二人の間の相性は抜群で異性として惹かれ合う関係は5年前と同じです。とりあえず2週間を過ごし,きっぱり別れよう,という気持ちのリビー。リビーはかつて父親から何から何まで指示されたとおりに生きるしか道がなかったため,なんとか自立して名前どおり「リバティ(自由)」に生きたいと願っていました。結婚によってその道が開けると期待したリビーに,君は働く必要がないと,また家に縛り付けられる生活,しかも夫は忙しくて話しをする暇すらないという状態に耐えきれずに家を飛びだしたのでした。一方ライアンは貧しく育ち,ドアマンから上り詰めてリビーの父親に昇進させてもらい,ある程度の地位に立ったときにリビーにプロポーズしたのですが,リビーの父親に冷たく一蹴されてしまい,身分の違いを嫌というほど思い知ったのでした。その後二人は駆け落ちしてアテネに落ち着いたのですが,リビーが自分の元を去ったのはやはり身分の違いのせいだと思い込んでいたのです。かつて双子の弟を貧しさゆえに治療を受けさせてもらえず肺炎で亡くしたライアンは,富豪となり,故郷に錦を飾って市民のための病院をつくるなど市民生活の改善に邁進しようと決意して選挙に立候補したのでした。自分にかまってもらえないのは自分に魅力が内政だと思い込んでいたリビーもまた,ライアンの過去を聞き,今自分がライアンを支えなければと理解ある妻の振りをするのですが,それでもライアンには喜んでもらえず,関係を深めることができませんでした。そして選挙前日,明日が終われば二人の謂わば契約的なこの生活も終わりだという気持ちからか二人は深い関係を結びますが,リビーが避妊薬を服用していることに驚いたライアンは,二人の関係が元に戻って2世誕生を期待したのは間違いだったとリビーを責めます。ライアンが子供を欲しがっていることにすら驚くリビー。でもやはり二人の間には深い溝があると別れを決意します。翌朝離婚申立書にサインしたライアンに別れを告げて,タクシーを呼んだリビーですが・・・。
 最後の最後まで二人は本当に別れる,ロマンス作品には珍しい悲話かと思ってしまうほど劇的な最後の一節でした。これが作者にしてやられたと思わせられる本作の幕切れです。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プリンスの秘密 [サブリナ・フィリップス]

SHALOCKMEMO567
プリンスの秘密 Prince of Montez, Pregnant Mistress 2009」
サブリナ・フィリップス 柿原日出子





 絵の修復師をヒロインにした作品は,他にも結構たくさんあるようですね。イヴ・ダンカンのように複顔師などというのもあるようですが。テレビドラマ「ボーンズ」のヒロイン・テンペランスは医者でもあり科学者でもありますが,修復師の仕事というのも,医術や科学者と同じような,技術,目,知識などが必要なようです。
 本作のヒロイン,カリー・グリーンウェイは,画家になることをあきらめ,絵画の修復師として,美術館や大学のようなところからの修復の仕事の依頼を受け,細々と生活していました。デヴィッドという男との婚約が結婚前に破たんし,大学での美術の学位や男性との付き合いといういくつかの人としての夢をあきらめ,ひたすら修業をしてきたのです。それだけに,男性への警戒心も人一倍強いものがあります。そんなカリーが,オークション会場で見かけたレオンに魅力を感じ,誘われるままに飲みに行くというのは,カリー自身にとっても意外な自分の行動でした。一方,レオンの方も,オークションの下見に来ていた普段着のカリーを見かけ,少しドレスアップしてきたオークション会場のカリーを見かけたときには,これまでとは違って,カリーに魅せられてしまうのです。
 二人の関係は,レオンの王国であるモンテズで,カリーが絵の修復をするところで,徐々に進展していくのですが,タイトルにあるように,レオンには両親や兄弟が絡む王位継承上の秘密があるのでした。
 レオンはごちゃごちゃ言わずに自分の思いどおりカリーを動かそうとしますが,どっこいカリーの方はそうはさせじと反論するものの,結局レオンへの愛にはまってしまうような愛らしさがあります。レオンがカリーへの愛に目覚めるのはいつか? 大団円では意外な秘密の場所が二人の心を再度結び付けます。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
サブリナ・フィリップス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。