So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
エリザベス・バーンズ ブログトップ

六月の贈り物 [エリザベス・バーンズ]

SHALOCKMEMO1339
六月の贈り物 Now and Forever 1989」
エリザベス・バーンズ 藤波耕代




K-403
16.06/¥670/155p

I-0632
91.03/¥590/155p


 原題は「現在・永遠」
 ヒロイン:マリゴールド(マリ)・スコット(30歳)/手芸ショップ経営/薄茶色の髪,はしばみ色の瞳,細い顔と鼻,大きな口/
 ヒーロー:アンガス・オニール(38歳?)/建築家,実業家/長身,痩身,とがった顎,高い鼻,黒髪,青い瞳/
 両親のもとに5人兄姉妹の末っ子に生まれたマリ。ヴァイオレット,ローズ,リリー,と花の名前を付けられた4姉妹に息子のジョン・ジュニアはジャックと呼ばれ,これも植物の名前を略したものです。かつてニューヨークで働いていたマリですが,医師からある宣告をされ,それからの5年間を故郷のヴァーモント州ウォーターフィールドという片田舎でひっそりと引きこもり一人きりの生活をしてきました。手芸を得意とした彼女は自分のデザインした商品を制作し,次第に何人かのお針子をも雇うほどの有限会社を経営するまでになっています。6月のある日庭に熱気球が着陸して彼女を驚かせます。乗っていたのは最近隣の地所を購入して,時折ヘリコプターでやってくる富豪のアンガス・オニールでした。てっきり大金持ちのお年寄りだと思っていたのに,なんともハンサムでマリはすぐに引きつけられます。しかししがない田舎娘の自分に目をとめるはずなどないと思っていたマリですが,すぐに夕食に招かれます。丁重に断り,逆に簡単な朝食をごちそうするのでした。その後こちらに来たときは必ず家を訪ねてくるようになったアンガス。マリは彼を名前ではなく苗字のオニールの方で呼ぶことにします。アンガスはアンガス種の牛を思い出させるからと言う理由です。しかしマリは身体に時限爆弾を抱えています。医師に宣告された命の期限30歳まであと少し。二人に将来などあるはずはありません。いつの間にかアンガスを愛してしまったマリですが,他の人からアンガスもまた妻を亡くしていたことを聞き,彼にも苦しみの時があったことを知ります。1年間植物状態になった末に妻を亡くした後はアンガスもまた放心状態がしばらく続いた経験を持っています。自分と愛し合ってしまえば再び愛する人を失う悲しみを味わうことになってしまう,愛する人にそんな想いをさせるわけにはいかないとマリは気丈にオニールのプロポーズを断るのでした。ところが,この5年間の医学の進歩によりマリに再度の生きるチャンスがあるかもしれないと説得され,再びニューヨークに戻ったマリとアンガス。5年前にマリを診察した専門医は,マリの症例が希有な物であり,最近新しい手術法を開発した医師がいることを知らされ,早速二人で医師の元を訪れます。手術をすれば完全に治りそうだと言われ,有頂天になると同時に,もし失敗すればという心配の間で揺れ動くマリですがアンガスの励ましで精密検査をすることになります。ところが喜びもつかの間,その検査で手術部位のさらに奥にもう一個所病気が見つかり,手術成功の確率が下がってしまったことを知ります。下手をすると一生植物状態になる危険性もあると・・・。落胆したマリはオニールの制止を振り切ってヴァーモントに帰ってしまいます。家族には一切病気のことを知らせていなかったマリはオニールと別れたとしか伝えませんでした。
 邦題の「六月の贈り物」は,あの気球が庭に着陸した日にマリがオニールに出会い,さらのファウンディングという犬が迷い込んできた日に二つの贈りものがあったということから来ています。運命の出会いを果たした二人が病という出来事を乗り越えて愛を獲得するまでを描いた感動の作品です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
エリザベス・バーンズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。