So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レイ・マイケルズ ブログトップ

ガラスの靴はいらない [レイ・マイケルズ]

SHALOCKMEMO1327
ガラスの靴はいらない The Corporate Marriage Campaign
( Nine to Five 35 ) 2005」
レイ・マイケルズ 有森ジュン





 原題は「企業結婚キャンペーン」
 ヒロイン:ダーシー・マローン(27歳)/グラフィックデザイナー,弁護士デイヴ・マローンの妹,シカゴ西部郊外の生まれ,8年前に両親を車の事故で失い兄と二人暮らし/褐色がかったグリーンの瞳/
 ヒーロー:アンドルー(トレイ)・パトリック・ケント三世(32歳)/「ケントウェルズ・デパート」経営者,キャロライン・ケントの兄/ルネッサンスの名匠が彫ったような横顔,長身,広い肩,ダークブラウンの髪,丁寧に仕立てたピンストライプのスーツ,尊大な表情,貴公子然としたスタイル/
 ダーシー:「ガラスの靴は履き心地が悪そうだから」,トレイ:「いいぞ,その調子だ。デイヴが言ったとおりだ。彼女を起用したのは正解だった。機知に富み,溌剌としていて,一瞬たりとも契約を忘れそうにない」。ダーシーとトレイのこのテンポ感の良い機知に富んだ言葉の応酬が実にアメリカ的で心地よい作品です。独立心が強く,ふとしたところで自分の才能を発揮していくダーシー。マローンと言えば弁護士の代名詞に使われる姓ですので作者はそれも意識にあったのでしょうか(弁護士マローンはクレイグ・ライスの著名な作品群の主人公)。経営の傾いた一族経営のデパートの建て直しを請け負うことになった弁護士のトレイは,売却前に一大キャンペーンを展開することにします。店の売り上げを少しでも上げておく必要があったからです。初めは妹とその婚約者の結婚までの様子を撮影する予定でしたが,妹は婚約者に暴力を振るわれ,撮影を続けることができなくなりました。そこでピンチヒッターに建てられてのが,旧友の弁護士デイヴ・マローンの妹ダーシーというわけです。西海岸から帰ってきて就職の求人応募票を大量に出そうとしていたダーシーに就職までの3カ月間のアルバイトとして偽の婚約者としてトレイと二人で主役を務めて欲しいというのがその依頼でした。初めは二の足を踏んでいたダーシーですが,傷ついたキャロライン・ケントの様子を見て,トレイの申し出を断れなくなってしまいます。しかし契約婚約であることを他の人に気付かれないようにするためには最低限の幸せそうな表情と身体的接触は欠かせなくなってきます。西部で男性の甘言に乗せられたあげく痛い目に遭って古里に戻ってきたばかりだけに,男女関係には敏感になっていたダーシーですが,トレイとの婚約者ごっこの仕事がだんだん板についてきてしまい,仕事とプライベートの区別がつきにくくなってきてしまいます。結局はトレイの誘いに乗りベッドを共にしてしまうのでした。しかし,ショッピングモールの反対側にある大手デパート「タイラー・ロイヤル・デパート」の経営者ロイ・クレイトンとトレイの会話から,このキャンペーンがデパートの売却を前提としたものであったことを知ったとき,またもや男性に利用されたことに気付き,頭に血が上ってしまうダーシーでした。
 ケント家の大伯母ミリセント・アーチボルドやトレイの従弟ジェイソン,デイヴの恋人ジンジャーなど個性豊かな登場人物が賑やかに物語を盛り上げますが,冒頭に書いたようになんといってもダーシーとトレイの洒落た軽口の応酬が心地よい秀作です。エピローグも深刻にならず心地よくハッピーエンドになるところが作者の腕の見せ所ですね。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
レイ・マイケルズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。