So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アンディ・ブロック ブログトップ

鷹王と純潔の踊り子 [アンディ・ブロック]

SHALOCKMEMO1298
鷹王と純潔の踊り子 The Sheikh's Wedding Contract
( 大富豪と結婚の条件 4 ) 2015」
アンディ・ブロック 東 みなみ





 原題は「シークの結婚の契約」
 ヒロイン:ナディア・アイーシャ・アマニ(歳)/ハリス国王女/豊かな黒い巻き毛,薄紫色の目,非の打ち所のない美貌/
 ヒーロー:ザイード・オマル・ジャマル・アル・アフザル(歳)/ガズビア国王/鷹を見ればザイードがどこにいるかが分かると言われる/
 シリーズ第4弾で,アンディ・ブロックの初邦訳本です。2014年にデビュー作「The Last Heir of Monterrato」を上梓し,以降中編は「Wedlocked」「One Night with Consequences」などのシリーズものを書いています。短編も多く,ハーレクインシリーズで其のうち翻訳されることと思います。さて本作ですが,コロンビア・フォーの面々のうちすでに3人が伴侶を見つけ残る一人がザイードです。母の死の縁での爆弾発言により自由な事業家としての暮らしから一転してガズビアの王権を継がなければならなくなったザイードの元にやって来たのは隣国ハリスの王女ナディア。王位を失った兄の出奔によって戦争ぎりぎりの状態になっていたガズビアとハリスの関係修復の秘策を胸に大胆果敢に踊り子の服装でザイードの王宮に忍び込み,結婚を承諾させてしまった行動力と信念と美貌の持ち主ナディア。本作はまさにこのナディアの冒険と愛と成長の物語です。
「(ナディア)は本当に謎めいている。必要なら虎のように怒りっぽく危険な存在にもなるし,思いどおりにならないときには反抗的に,いかにも王女らしくふるまう。だがこれまで知り合った誰よりも勇敢で,広い心を持ち,思いやりに満ちている。」これが,王女としての育ちの気高さと幼少から女性ゆえに虐げられてきたナディアがザイードとの結婚によって得た新たな人生を現す姿だと思います。ザイードとナディアの結婚式ではコロンビア・フォーの他の3人とその伴侶たちが集まり,結局コロンビア・エイトというか,女子フォーもみなそれぞれの美貌と知性をきらめかせ団結力を高めるシーンがありますが,世界に対するそれぞれの影響力を駆使したらどんな団体も敵わないほどの大きな影響力をもたらすでしょう。しかもそれぞれが若く,才能に満ちあふれしかも財力を持ち・・・。まさにロマンス小説でなければ見られないゴージャスなシーンです。そして4組の男女がみな愛にあふれた関係を築き,家族と友情を大切にしているのですから,理想の世界ですね。
 さて,ザイードが兄アジードと再会する砂漠の夕食の場面で酒を飲むシーンがありますが,たしか戒律では制限されていたような。しかし兄弟間での和解の席であればこれも許されているのかもしれません。または戒律にあまり厳しい国柄ではないのでしょうか。アジードとザイードの和解はとてもうまくいき,ハリス国に向かうザイードとナディア。いよいよナディアの兄との対決ですが,ナディアをみそくそに貶めるナディアの兄イムランにはっきりと,しかも理性的に道理を説き,必要であれば脅しもするザイードの振る舞いをわきで見ているナディアは自分の夫に対する信頼と頼もしさに惚れ直すのでした。会談を終えて帰国した二人は,これで互いの目的を達したことで,ザイードはナディアを自由にすると言い,ナディアもまたガズビヤを去るときが来たと覚悟しているのですが,ここでナディアに異変が起こります。そう,砂漠での一夜の関係でナディアが身ごもったのです。自分一人で子供を育てることを覚悟したナディアですが,ザイードの態度は・・・。
 シリーズ最終巻らしく,そしてエピローグは2016年晩春と時期が示され,再びコロンビア・フォーが集まります。さらに後日談として「秘密のエピソード」という章があり,前作で登場したヒロイン,クリオとステファンのことが書かれているのですが,斜麓駈はこの作品を読了していないので,あれっという感じでした。タラ・パミーが描いた前作にこんなふうに注記的に他の作家が付け足しすることはかなり異例なことなのでしょうが,あるいは編集部の考えかもしれません。若い作家たちの描いた本シリーズ,それぞれの作家たちの次の作品に期待です。


タグ:ロマンス
アンディ・ブロック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。