So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
シャーリーン・サンズ ブログトップ

大富豪の父親適性テスト [シャーリーン・サンズ]

SHALOCKMEMO1281
大富豪の父親適性テスト The Billionaire's Daddy Test
( Billionaires nnd Babies 61 ) 2015」
シャーリーン・サンズ 秋庭波瑠





 原題は邦題そのまま
 ヒロイン:ミア・ダンジェロ(?歳)/美容室経営/165センチ,長い脚と美しい顔立ち,緑色の瞳/
 ヒーロー:アダム・チェイス(?歳)/建築家/長身,日に焼けた脚,がっしりした背中,グレーの虹彩に鋼色の斑点が浮かんだ瞳,力強い顎/
 2010年9月以来のシャーリーン・サンズの訳本です。本シリーズに著者はいくつかの作品を上梓していますが,2016年にはもともと寡作な著者が本格的に著作を出しているようです。斜麓駈については,本作が初読了本となります。まずはタイトルに惹かれました。「Daddy Test」という表現。いかにも手慣れていない父親が我が子におそるおそる手を伸ばしている様子が見えるような感じがいいですね。
さて,本作ですが,姉の遺児ローズに父親の存在を知らせなければという思いで「ムーンライト・ビーチ」を訪れたミア・ダンジェロ。この南カリフォルニアのムーンライト・ビーチが別のシリーズにも登場し,本作に登場するゼイン・ウィリアムズ,ディラン・マッケイがヒーローとして活躍するようです。いわゆる富裕層の別荘地のコテージにヒーローのアダム・チェイスが住んでいます。偶然の出会いを装ってアダムがローズを託するのにふさわしい男性なのかを調べようとします。偶然砂浜のガラス瓶のかけらを踏んで怪我をしてしまったところをアダムが見つけたために,予定が狂って助けてもらうことになってしまったミア。外見は素晴らしいアダム。そして親切。しかもお金持ち。でもなぜかアダムは仕事以外は別荘に引きこもり社交生活を余り送っていない様子。何か秘密があるようです。ぎりぎりのところでアダムを信用するのは保留しながらも,アダムの勧めるままにローズと共にアダムの別荘に引っ越し奇妙な同居生活が始まります。二人の理髪師と共に子供専用美容室を経営するミア。日中は生後半年のローズを店に連れて行き,交替で面倒を見ています。夜はアダムの家でアダムがローズとふれあえるようにと計画していたのですが,アダムの顔を見るとローズが泣き出してしまいます。家政婦のメアリには懐くのになぜか実父のアダムにだけは背を向けてしまうローズにアダムのいら立ちはつのります。そんなところにアダムの弟のブランドンがやって来ます。ローズの目の色を見て一目でアダムの娘だと気付いたブランドン。ミアは慌てて自分はローズの叔母だと名告ります。アダムと特別な関係にあると思われてはいけないという思いからです。しかしブランドンはミアとアダムの間の特別な空気を見事に感じ取ってしまいます。アダムとブランドンは長い間仲違いをしています。かつてアダムの恋人だったジャクリーンと関係を持ってしまい,それをアダムが見てしまったことで弟に裏切られた気持ちを持ち続けていたのです。母の誕生パーティの企画のためにアダムの家を訪れたブランドンですが,それをきっかけに二人の仲直りを望む母アレナ。しかし,ローズやミアと仲良くしているブランドンを見てアダムはさらに自分のものを再び取られたような気持ちになり,ブランドンに辛く当たります。アダムがそもそも引きこもった生活をしているのには,この元恋人と弟の関係という問題の他に,もう一つ幼い妹リリーを失った責任が自分にあると自分を責め続けてきたからでした。自分の娘の母親の妹というミアの存在に,自分の妹リリーの姿が重なり,ミアを守り続けることができなくなるのではという怖れの気持ちももってしまうのでした。しかもローズからはなかなか笑顔を向けられません。このアダムの苦悩が本作の主なストーリーの一つで,作品に一本筋の通ったものを感じさせています。一方ミアの方は自分が単なるローズのベビーシッターなのか,アダムに惹かれる気持ちをどうやって抑えようかと苦労しながらも,ローズにしっかりと向き合おうとするアダムを愛さずにはいられなくなります。姪の父親としてというより男性として惹かれてしまう自分の気持ちに戸惑うミア。そして遂に二人の破局がやって来ます。勤めを終えて帰宅したミアとローズを待っていたのはアダムが依頼したベビーシッターの若い娘でした。遂に自分を遠ざけようとアダムが考えたと思い込んだミア。さらにそれに上乗せしてアダムがミアの最大の弱点である犯罪者である父のことを指摘されたことで,ついにミアはローズを連れて家を出ることにします。自分を育ててくれた祖母の元に身を寄せることにするのでした。さあ,アダムはどんな手を使って,ミアを説得しようとするのでしょうか。もはや互いの愛は紛れもない事実。あとはローズを含めた3人の関係をどんな形で作り上げていくのか。本作はそんな家族作りの過程を描いた温かい,優しい人たちだけが登場する作品です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
シャーリーン・サンズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。