So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アリスン・ロバーツ ブログトップ

天使に託した二度目の恋 [アリスン・ロバーツ]

SHALOCKMEMO1418
天使に託した二度目の恋 The Doctor's Secret Family 2004」
アリスン・ロバーツ 藤倉詩音





 原題は「医師の秘密の家族」
 ヒロイン:ハナ・キャンベル(歳)/クリストチャーチ中央病院小児科病棟小児科医/金褐色の髪,すらりとした体型/
 ヒーロー:ジャック・ダグラス(歳)/小児外科医/ダークブラウンの瞳,ダークブラウンの巻毛/
 冒頭は病院の小児科医としてのヒロインの仕事ぶりが縷々描かれています。そして転勤してきた小児外科医長こそ,ヒロイン,ハナ・キャンベルの一人娘オリビアの父親ジャック・ダグラスだったのです。オリビアの存在はジャックには伝えていませんでした。5年前,自分の元を去ってイギリスで結婚したはずのジャックがなぜ再びこの国に・・・。「二度と会うことはないと思っていた人・・・自分の人生に紛れもなく強いつながりを持ちながら,それを知らない人との再会とは断じて違う。彼がもし今その繋がりを知れば計り知れない被害もたらす可能性がある。これは衝撃だ。」とジャックの登場を恐れたハナですが,紹介の場面でも何気ないふうをなんとか装うのでした。オークランドで出会って一夜限りの関係。その後妊娠を知らせる手紙が宛先人不明で戻ってきて以来,ハナはオリビアを懸命に育て,やっと病院での小児科医としての地位も安定してきたところでした。昇進のチャンスが間近に来ており,もし昇進できれば子育てにももっと時間をかけることができ,オリビアが小学校に上がるときにも一緒にいてやれる。ところが,ジャックが過去のことを持ち出してこの昇進のチャンスをフイにすることになれば・・・。そしてイギリスに行ってからのジャックの様子が次第に分かってきました。妊娠により結婚せざるを得なくなり一人息子ベンを出産したものの,二人の結婚生活はすでに破綻しており,別の男性と再婚した後自動車事故で亡くなったためジャックが育てることになったこと。ベンには血液の病があり療養が必要であること。オリビアの2歳年上で・・・。そしてベンの世話をするために家に連れ帰ったときオリビアと意気投合してしまったため,その後もベンとジャックは何度もハナの家に来るようになってしまいます。オリビアがジャックの娘だといつ知られるだろうか。何日も家族のように生活している間に,なんとなくジャックはオリビアの様子から自分の子供だと分かっているのではないかと思えるようになります。それでもジャックの方から聞いてこないうちは今更打ち明けるきっかけを失ってしまうのでした。そして週末を登山ですごそうと張り切って準備していた朝,ついにジャックが真実を知ることになります。気まずい思いのまま子供たちの大喜びしている様子を裏切ることができず車で出かけた四人ですが,山小屋で二人の気持ちのすれ違いから子供たちがいつのまにか出かけてしまったことに気づかないでいることが分かり,パニックになります。二人で一緒に探すことで絆を深めようというジャックの言葉どおり心当たりを探している間に事故が起こります。足を滑らせたジャックが岩の間に落ちてしまうのです。そして近くでベンもまた怪我をしていることが分かります。山小屋に救急箱を取りにいったり救助を求めるために携帯電話の電波の届くところまで降りていったりと行ったり来たりを繰り返してなんとか救助が間に合うのですが・・・。果たしてこの出来事で二人の関係はどう変化するのでしょうか。
 シングルファーザーとシングルマザーの二人の接近。周囲はあたたかく二人とその子供たちを見守ってくれています。ハナの住む家の土地が広々としておりたくさんの動物たちを飼っています。自然に溢れた生活,オリビアやベンにとって素晴らしい環境のようです。医師同士のカップルとなればどうしても平均的に年齢が高くなる訳ですが,本作でも性格に何歳とは分かりませんがおそらく二人とも三十代半ばから後半といったところでしょうか。落ち着いた雰囲気が漂う作品です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

いたいけなキューピッド [アリスン・ロバーツ]

SHALOCKMEMO1375
いたいけなキューピッド The Baby Who Saved Christmas 2015」
アリスン・ロバーツ 北園えりか





 原題は「クリスマスが救った赤ちゃん」
 ヒロイン:アリス・マクミラン(28歳)/保育園教師/カーレーサー,アンドレ・ローランの娘,母,ジャネット・マクミラン(シングルマザー)/身長160センチ,痩身の妖精のような美人,赤毛のウエーブヘア,茶色い瞳,青白い肌,何かあるとすぐに赤面する/
 ヒーロー:ジュリアン・デュボア(35歳)/有名シェフ/キャラメル色の瞳,はっきりした鼻と唇/
 過酷な運命に導かれた姉弟のクリスマスのハッピーな出会いの物語です。カーレーサーのアンドレ・ローランとアリスの母ジャネット・マクミランは29年前に出会いました。そしてジャネットのお腹には愛の結晶が芽ばえたのですが,アンドレの母,マダム・ローランはジャネットに赤ん坊を始末してどこかに去りなさいと命じたのでした。しかし,ジャネットは故郷のスコットランド,エジンバラ近郊の村に帰り,母とともに娘アリスを育てたのです。そしてマクミラン家ではフランス語は一切使わないことが決まりになりました。無慈悲なローラン一家を思い出さないためでした。その祖母と母が亡くなり独りぼっちになってしまったアリスは,母の遺品の中から一枚の写真と新聞記事を見つけます。それはアリスの父アンドレと母が写っている写真でした。クリスマス休暇を利用として父の住むフランス南部を訪れたアリスですが,その家の周囲にはたくさんの報道関係者が集まり,上空にはヘリコプターも飛んでいます。門番の人にアンドレ・ローランの娘ですと名告ると,密かに裏口から家の中に入れてくれました。そしてアリスの前に現れたのがアンドレの幼い妻コレットの兄ジュリアン・デュボアでした。3カ月前,コレットもまた一子ジャックを出産した後病で亡くなり,さらに3日前,アンドレもレース中の事故で亡くなっていたのでした。残されたのは夫妻の3カ月になる息子ジャックのみ。一応ジャックは祖母のマダム・ローランが連れて行くことになっていますが高齢のマダム・ローランに何かあればということで,ジュリアンもまた後見人の一人に指名されていたのです。つまりジャックはアリスにとっては歳の離れた異母弟ということになります。そしてジュリアンは伯父。アンドレが亡くなってしまいアリスが実の娘であるかどうかは分からないままということになりました。しかし,ジュリアンの提案でDNA検査をすることになり,マダム・ローランが迎えにくるまで,ジャックの世話をして欲しいというジュリアンの願いを断ることができなくなります。一目見たとたんアリスはジャックに愛情を感じます。独りぼっちの自分にとって唯一の家族かもしれない。そんな想いもあったようです。ところがジャックの体に異変が生じます。赤い発疹がところどころに,呼ばれた医師の診断で隔離の必要な病であり保健所への届出が必要だということになります。玄関周辺にいた報道陣も,家政婦とナニーも家から出され,アリスとジャックとジュリアンの3人のみが残された屋敷。しかしジュリアンにはどうしても欠かせない仕事が待っていました。治療と合わせてDNA検査も行われ,数日間は屋敷内だけで過ごさなければならなくなります。その時アリスは初めてジュリアンが有名シェフであることを知るのでした。やがて病も治り,DNA鑑定の結果アリスがアンドレの娘であることも証明され,いよいよマダム・ローランがジャックを迎えにくることになりました。ジャックとの絆,そしてジュリアンを愛するようになったアリスにとって別れはまた独りぼっちになることを意味していたのです。ところが,ジャックと同様孫であるはずのアリスにたいしてマダム・ローランが浴びせた言葉はあまりにむごい言葉でした。「あの時始末しろといって多額の金を渡したのにあの女は・・・。」そして孫はジャックだけだとジャックの顔を見ることもなくアリスに立ち去るように言い残して明日の午後迎えにくるからと去って行ったのです。翌日午前中に家政婦と交替してスコットランドに帰ろうとしていたアリスはふと,ジャックをマダム・ローランに渡すわけにはいかないという気持ちになります。そして思い切った行動を取るのです。クリスマスの日,エジンバラ近郊の村のアリスの家をジュリアンが訪れます。ジャックを誘拐されたと思ってマダム・ローランとジュリアンが警察を差し向けたと思っていたアリスですが・・・。
 クリスマスの奇跡を描いたこのシーズンらしい作品ですが,クライマックスの解決策に思いがけない現代的機器が使われているところが本作の面白さです。これを思いついたアリスン・ロバーツはニュージーランドの作家ですが,温かい南仏と厳冬のスコットランドを見事に描いています。物語のほとんどが立派な邸宅の中で描かれますので,舞台劇仕立てのクリスマス・ストーリーです。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大富豪と望まれぬ娘 [アリスン・ロバーツ]

SHALOCKMEMO1322
大富豪と望まれぬ娘 The Wedding Planner and the CEO 2015」
アリスン・ロバーツ 藤倉詩音





 原題は「ウエディングプランナーとCEO」
 ヒロイン:ペネロープ・コリンズ(30歳)/イベント企画/ケータリング会社経営,ケータリング業者/金髪,茶色の瞳,健康的に日焼けした肌,身長160センチ/
 ヒーロー:ラルフ(レイフ)・エドワーズ(36歳)/国際的巨大企業「オールライト・オン・ザ・ナイト」のCEO,花火師/長身,長めの黒髪,焦げ茶の中に金色の斑点のある瞳/
 ロンドンとサウサンプトンの間にあるニューフォレスト郊外の小さな町の18世紀の領主館,ロクスベリーホール。その豪奢な建物を所有することになったのは,国際的巨大企業「オールライト・オン・ザ・ナイト」のCEO,レイフでした。世界的有名人クラリッサ・ビンガムとサッカーのスター選手ブレーク・サマーズの結婚式を企画しているペネロープ・コリンズとジャックはこのホールを借りて式を挙げる許可を得ていたのですが,そこにレイフの会社に花火を依頼するためにペネロープがやって来たのです。冒頭レイフは色あせたジーンズとカウボーイブーツという出で立ちでペネロープの前に現れます。今や世界中の重要イベントで花火を成功させているレイフの会社に飛び入りでこんな依頼をすることは無理を承知でした。もう数ヶ月も先の予定まで一杯になっているからです。しかし超有名人の名前を出すことで,社長の気を引けるかもしれないとそれぐらいしか説得材料はなかったのですが・・・。詳しい説明を聞いて諦めかけ,別れの挨拶の握手をしたとたん,レイフは気まぐれを興し,若かりし頃すべて花火ショーを自分でやっていた頃を思い出し,ロクスベリーホールや自分が所属していたバンドがかかわっていることに興味を覚え,自分で引き受けることにしたのでした。彼女の魅力に惹かれたこともさることながらかつて会社を大きくするためにしゃにむに働いていた頃と今のペネロープの状態とを重ね合わせてしまったからでした。翌日から打ち合わせを兼ねてロクスベリーホールに赴いたレイフ。そこで花火ショーのバックグラウンドミュージックを打ち合わせするうちに,ペネロープが庭園の迷路で誰にも気付かれないように踊りながら曲を聴いているのを見かけます。この踊りが妙にレイフの心に響いたのでした。残されたipodの曲を聴いたレイフは,この曲しかないとイメージが豊かになるのを感じます。ケータリングだけでなく,いろんな才能をもつペネロープにすっかり興味を持ったレイフは,ペネロープを伴って立入禁止になっている3階の窓から花火の打ち上げ場所になる湖を見渡します。そのロマンチックな光景にペネロープはイベントの成功を確信するのでした。そして結婚式は大成功に終わるのですが・・・。
 ペネロープは一体どんな人なのか?レイフは自身が親に捨てられて養護施設で育ち,荒れた青春時代を過ごし,その後企業を立ち上げて成功させてきたたたき上げの人物。しかしペネロープにも秘密がありそうです。実はロクスベリー音楽祭が30年前に始まったとき,あるスキャンダラスな出来事がありました。ペネロープの実母シャーロットはコリンズ家の一人娘でしたが,地元にやって来た流れ者のミュージシャンと愛し合い,その悪い仲間たちに出入りするようになり,最後は妊娠してしまいます。シャーロットの両親はこれを許さず,シャーロットとミュージシャンの関係を打ち切らせます。産まれたての赤ん坊が音楽祭の後片付けの途中で茂みから発見され,「ベビ-X」として話題になったのでした。シャーロットは薬物依存で死亡。しかし警察関係者だったシャーロットの父がその事実を表沙汰にせず,二つの出来事の関連を断ち切ったのでした。その後その赤ん坊がどこに行ったのか,誰の子供なのかは分からずじまいでしたが,当時の人々には残る出来事でした。その赤ん坊こそペネロープであり,最近になって若い雑誌記者がこの事件の真相を探り始めたのです。レイフとペネロープは互いの過去を素直に打ち明けられる関係になっていたので,偶然自分を取材に来た雑誌記者がこの事件も担当していると聞いて,なんとか表に出すのを止めようとしますが,もうすでに調べがかなりのところまで特定されていることが分かっただけでした。幼い頃から「よほど気をつけないと,あなたのお母さんのようになってしまうわよ」と祖母から言われ続けてきたペネロープは男性を信用しないという気持ちを持ち続けてきたのです。しかし養護施設で育ったレイフは信用できると考えていたペネロープは,30年前の事件が今更マスコミに取り上げられたのはレイフが情報を漏らしたせいだと思わざるを得ませんでした。取材を申し込まれた祖父はショックで倒れてしまいます。「ペニーはあまりに繊細で傷つきやすい。っそして結婚はすべてを完璧にする神聖な約束だと信じているところが実に恐ろしい」と思っているレイフ。偶然ペネロープの実の父親を音楽祭で発見してしまったレイフ。二人の関係はもつれていきます。
 過去の出来事や親たちの過ちのせいで傷つきながらも自分の才覚や努力で成功を勝ち取ってきたレイフとペネロープ。二人の気持ちが一つになって欲しいと読者に願わせるロマンス小説の王道を行く作品です。ヒーロー,ヒロインの両方に運命の負荷を負わせて,しかも暗くならずに成功している作品は珍しいのですが,本作ではペネロープの運命に負けない強い精神力と気取らない性格が作品全体の雰囲気を明るくしています。イチオシの作品。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

奇跡を宿したナース [アリスン・ロバーツ]

SHALOCKMEMO1234
奇跡を宿したナース Definitely Daddy 2000」
アリスン・ロバーツ 小林ルミ子





 原題は「確実に父親」
 ヒロイン:ハリエット(ハリー)・マッキンレイ(35歳)/「コロネーション・ホスピタル」脊髄損傷専門病棟看護師/栗色の髪,青い目/フレディの母/
 ヒーロー:パトリック(パディ)・ミラー(40歳?)/「コロネーション・ホスピタル」脊髄損傷専門外科医/フレディの生物学上の父/
 通りがかりに出産を手伝った医師のパディが救った母親と男の子は,後にパディの勤務する病院の看護師だということがわかりました。その時パディは気付いていませんでしたが,取り上げた男の子は自分が精子提供して生まれた子供だったのです。母子共にかかわることになってしまったパディの愛の奇跡を追う物語です。まさしく邦題どおり,「奇跡を宿した」というストーリー展開です。ヒロインの年齢が35歳とロマンスのヒロインとしてはやや高いですが,パディから見るとハリーはまさに美しい女性。看護師としても頼りになり,病棟の患者やスタッフからも好かれています。しかし始めに出会ったとき,ハリーは夫を亡くした絶望のあまり,命を救ってくれたパディに少々投げやりな言葉をいくつか吐いたのでした。「生きることはもうどうでもいい」「この子の父親は誰かも分からない」その二言が決定的となり,パディはハリーのことを身持ちの悪い,しかも父親が誰かも分からない赤ん坊を生んだというふうに・・・。それが病棟で再会したときにパディがハリーに冷たく当たった態度に表れたのでした。しかし,あの悪夢のような出産の時のことをハリーはほとんど覚えていなかったのです。そのためパディに再会しても,どこかであったような気はするけれども,また声にはなんとなく聞き覚えがあるけれども果たして誰だったかは,わからないでいました。パディはもちろん忘れがたいあの時の女性だとハリーにすぐに気付いたのです。パディもまた数年前,自分が運転する車が交通事故に巻き込まれ,同乗していた妻と子供を失っていました。そのため,あの時取り上げた子供のことや命を失いかけていたハリーのことを気になっていたのです。ハリーの夫は登山の時の事故に遭い脊髄に重大な損傷を受けたて入院してきた男性でした。そして合併症で亡くなる前に二人は結婚し,ハリーは不妊治療によって名前を知らされない男性の精子によって妊娠していたのです。しかし夫はなくなり,父親の手助けを受けてフレディを2年間育ててきました。まだ言葉を正確に発音できず,「スティック」と「ディック」,「パディ」を「ダディ」と発音したために,様々な誤解を生むことになるのですが,元気で活発な明るい子に成長してきました。郊外の広大な敷地にある「城」とフレディが呼ぶ立派な邸宅の離れに親子三代3人で生活している様子を見たパディは,当初ハリーに抱いてきた身持ちの悪い女という印象が全くの誤解であることに気付いたのです。そして自分が精子を提供した病院と,ハリーが妊娠のために受けた精子提供の病院や時期から,フレディが自分の実の子であると確信したのでした。そして,実の子であるということよりも,自分はハリーに惹かれる気持ちがかつての妻以上であることに気づいたのです。しかしハリーはかつてパディが,事故で妻子を亡くしたことを聞かされ,パディが子供が欲しいために自分に近づいたのではないかと疑ってしまいます。しかも住んでいた家の持ち主がアメリカに移住することになり,屋敷を売りに出そうとしていることや,父が造園業の共同経営者の女性と愛を確かめ合ったことを聞き,家も父も可愛がっていた犬も,そして恋人のパディも全て失うかもしれないと悲嘆に暮れてしまうのでした。これ以上パディとの関係を続けられないと病院に辞表を出そうとしていたとき,パディは思い切った手を打ってハリーを説得しにかかるのでした。さて,その手段とは?
 あまりに都合のいい関係が出来ていくので,まぁこれはお話しだから,とは思いますが,純真なフレディの行動や,病院の患者たち,スタッフたちの温かい雰囲気に助けられ,癒やされる作品になっています。ヒーロー,ヒロインの容貌などがあまり明確に表現されていませんので,逆に想像力がかき立てられ,目の前にいるかのような錯覚を覚えるのは,作者の筆力によるものだと思います。ニュージーランド南島の大自然を舞台にしたオススメの作品です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
アリスン・ロバーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。