So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アンナ・クリアリー ブログトップ

氷の富豪が授けた天使 [アンナ・クリアリー]

SHALOCKMEMO1462
氷の富豪が授けた天使 The Night That Started It All 2013」
アンナ・クリアリー 土屋 恵





 原題は「すべてが始まった夜」
 ヒロイン:シャリ・レイシー(28歳)/絵本作家/グリーンの瞳,ブロンド,なめらかな脚/
 ヒーロー:リュック・バレンティン(36歳)/「ダビオン社」重役/長身,黒い瞳/
 2011年7月に「禁じられたスクープ」が邦訳されてから2016年4月に「侯爵に言えない秘密(SHALOCKMEMO1226)2009」まで4年半邦訳のなかったアンナ・クリアリーですが,ここのところ立て続けに邦訳が出ています。シリーズものや短編作品が多い中で非シリーズ作となっているようです。
 魅力的なヒロインが登場する彼女の作品ですが,本作のヒロインはシャリ・レイシー。ヒーローやヒロインの名前のリストを作ろうと考えたときもありますが,なかなか時間が取れずにいます。そのなかでも,シャリというヒロイン名はあまりないのではないでしょうか。オーストラリア作家のアンナ・クリアリーですが,豪州ではありふれた名前なのでしょうか。どちらかというとイギリスのビクトリア朝風の名前がかいま見られる豪州ですが,「シャリ」って有名人いたのかな?あるパーティで出会ったヒーロー,リュックとシャリ。一夜の関係を結びますが,後で知った事実,リュックはシャリの元婚約者の従兄弟だった。という設定です。シャリの人間性を疑いつつもシャリの魅力に嵌まってしまうリュックとのロマンスというねじれ現象がどう解決されるのかを描いているので「氷の富豪が授けた天使」という邦題が作品内容を見事に言い表していると思いました。会社の金を使い込んで逃亡したレミー・シェニエールはシャリの兄ニールの妻エイミーと双子のきょうだい。そしてリュックはエイミーとレミーのいとこ(男女が交じっているため,きょうだい,いとこをひらがな表記),双子の母親マリスとリュックの母親ラレーヌは姉妹の関係ですが,ちょっと関係が入り組んでいるので,混乱してしまいがちです。リュックにはマノンという恋人がいたのですが,妊娠に対する拒絶反応から二人は別れてしまいました。パリの本社からシドニー支社にやってきたリュックはレミーの不在を知らされます。数日間連絡が取れないと言います。会社の口座の残高不足を説明させ,横領の事実を突きつけようと勢い込んでやって来たのです。レミーのアパートを訪ねてみるとメイドだというシャリが応対しますが,体よく追い払われてしまいます。リュック自身,かつてスキャンダル記事に悩まされたことがあるのですが,今回の社員の使い込みによって会社に与える損害は金額に留まらずイメージダウンに繋がってしまうことは必死です。できれば本格的捜査が入る前に問題解決を図りたいところです。一方,昨日レミーに暴力を振るわれたシャリは顔に青あざができてしまっています。関係が悪化して豪勢なアパートから引っ越す準備をしていた矢先の出来事だったのでレミーとの決別を決意していたシャリでした。しかし兄ニールの40歳の誕生日パーティには何をさておいても参加しなければなりません。絵本作家のシャリはアザを隠すために右の頬骨の上に蛙の絵を描くという奇抜な格好でパーティに参加します。100人を超える友人たちが集まっているニールとエミリーの屋敷のパーティでリュックとシャリは出会います。昨日のアパートではインターホンの応対だけだったため顔は合わせていません。エミリーにレミーが来ないと言うのも辛そうなシャリの様子をエミリーは心配そうに見守ります。シャリを見かけたリュックはゾクゾクするような興奮が背筋を走り抜けます。魅力的な瞳は男の心を奪う瞳だと興奮を覚えてしまうリュック。視線を感じたシャリですが,高級そうなスーツに黒いシルクシャツ,長身で均整の取れた体をしている見知らぬ男性が兄ニールのそばに立っていて,自分に視線を向けているのです。兄に誕生日のお祝いの言葉をかけると,シャリはリュックに紹介されて驚くのでした。自分の婚約者だったレミーのいとこ,昨日アパートを訪ねてきた男性だと気づいたのです。かつて女性とのなんらかのスキャンダルをきいたことを思いだしたシャリは,リュックにエミリーとは似ていないのねといいますが,自分はシェニエール一族ではなくバレンティン一族だと説明されます。魅力的なリュックの深い声と唇につい引き寄せられそうになる自分に戸惑うシャリ。シャリの奇抜な格好を見たリュックはシャリを「刺激的で,セクシーで,遊び心のある女性」と表面的な判断をしてしまいます。しかし「鈍感で,内気で,退屈な女性」とシャリは自分を評したのです。外のテラスに誘われ,二人は欲望にさそわれるままに近くのボートハウスで体を重ねるのでした。その時使用したのはシャリのバッグの中に入っていた小さな包み。それは何年か前に路上で渡されたものですでに使用期限を過ぎていたものだったのです。たった一夜の出来事がその後の二人の運命をすっかり変えてしまいます。一度家に戻って翌朝パリに戻るというリュックの滞在先のホテルで逢おうとしていたとき,リュックはシャリが昨日アパートにいた女性だということに気づいたのでした。シャリとレミーとの関係を知ったリュックはすっかりシャリへの不信感にとらわれてしまいます。リュックに非難されてシャリはパーティ会場から逃げだし,アパートに逃げ帰ります。アパートの前で待ち伏せしていたリュックに化粧を落として青あざに気づかれたシャリはレミーに暴力を振るわれたことを打ち明けざるを得なくなりました。数週間後,レミーが事故で命を亡くしたことを兄に告げられたシャリは,胃の中のものを戻してしまいます。双子のきょうだいを亡くしたエミリーを気遣うシャリ。しかしシャリはレミーの死を悼む気持ちはなく,反ってリュックへの激しい感情は止められずにいるんのでした。一方パリに戻ったリュックもレミーの事故死の報に接しますが,シャリへの心の揺らぎは消えずに残っていたのです。レミーの告別式でリュックとシャリは再会します。10歳の時に母親の葬儀で葬儀に対してトラウマを負って以来,歳の離れた兄が親代わりとしてシャリを支えてきました。兄が妊娠している妻を気遣いレミーの葬儀にはシャリに参加して欲しいと頼まれたのを断ることができなかったのです。そして葬儀の最中に気分が悪くなりあわてて外へ走り出て戻しているときリュックが追いかけてきます。レミーの母親マリスを始め,婚約者の死を悼んでいると周囲の人たちは同情してくれたのですが,リュックに連れ出されてリッツホテルに連れて行かれます。車中でのキスは二人の欲望の再燃を告げる結果となりました。「はっきりさせておきたいの。シドニーでのことはすべて,一夜限りのことだった,と。お互いに,すべて忘れるべきだと思う」とシャリはリュックを敬遠するのですが,いつのまにかリュックはスイートルームを取り,そこで再び二人の熱い思いは燃え上がるのでした。翌朝再び吐き気を催したシャリはさすがに自分の体の変調に気付き始めていました。そしてキットでの検査で陽性が出たことに呆然としてしまいます。「私は子供を産みたいの?」と疑問形。シングルマザーになる覚悟などもなく,経済的不安も大きい状態で自分の母親が生活を維持するのに大きな苦労をしていたことが思い出されます。リュックに伝えるべきだろうか・・・?絵本作家であるシャリにとってパリの美術館巡りは大きな経験でした。2日間の滞在の予定を変更し,リッツでの1週間の滞在という夢のような日常は,いずれ妊娠の発覚とともに消え去るのだろうと予想されます。「不安は増すばかりだった。今でこそリュックは好意を抱いてくれている。でも妊娠を打ち明けたらどうなるだろう?たちまち手のひらを返したように冷たくなるかも知れない。」と甘い考えをもってしまうシャリですが,読者はここできっと妊娠の事実を知ればリュックはレミーの子供かと疑いシャリを非難するだろうと想像してしまいます。それより,シャリは自分とリュックの将来に期待を持ってしまっており,リュックのかつての恋人マノンのことなどをのんびりと聞いているのです。リュックの母親ラレーヌのもとに連れて行かれて,周囲はレミーの婚約者としてシャリを見ていることに気付き,リュックの子供を身ごもっている自分がいたたまれなくなってしまいます。そしてサイドボードに置かれた壺を見た途端,シャリはレミーに受けた暴行のフラッシュバックに襲われ気を失ってしまうのでした。医師の診察を受けるまでもなくリュックの母親に妊娠を気づかれてしまうシャリ。さぁ二人はどうなる?
 シドニーとパリ,地球の反対側で暮らす二人に将来はあるのか。リュックはどんな決意をするのでしょうか。そしてシャリは?魅力的な二人の愛の行方を,見事に描ききった秀作です。絵本作家らしいシャリの末尾の言葉が,とても洒落ています。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ためらいの花嫁 [アンナ・クリアリー]

SHALOCKMEMO1297
ためらいの花嫁 Wedding Night with a Stranger
( Conveniently Wedded and Bedded 2 ) 2010」
アンナ・クリアリー 松島なお子





 原題は「他人との初夜」
 ヒロイン:アリアドネ・サラ・クリスティアーナ・ジョルジアス(24歳)/両親を亡くしおじおばに育てられた娘/貝殻のように美しい曲線を描いた耳,ほっそりした首,バイオリンのようになめらかで繊細な曲線を描く体/
 ヒーロー:セバスチャン・ニコスト(33-34歳)/人工衛星設計会社「セレストリアル」社長/190センチはありそうな長身/
 ギリシア系美女とオーストラリアの富豪との便宜的結婚とロマンス。この作品の場合,便宜的というより,契約的といったほうが良いかもしれませんね。7歳で両親を亡くし,ギリシアの造船業者のおじおばに育てられたアリアドネ。両親からの遺産は結婚するか,25歳にならないと受け取れないことになっています。婚約者との結婚式当日,どうしても踏ん切りがつかずに逃げだしてしまうというスキャンダルを起こしてしまい,おじから強く非難されました。一族の名誉も会社の信頼も傷つけたとして・・・。オーストラリアでの休暇を提案されたのは体よくギリシアから追い出された格好でしたが,まさかその背景にスキャンダルにまみれた自分を結婚させようと,おじが自分を会社の契約の見返りとして,取引相手に姪を差し出す暴挙に出たとは知らなかったのです。その企みを知ったアリアドネは(名前が長いね,アリーとかドネとか愛称がなかったのでしょうかね)出会った相手セバスチャンに結婚するつもりはないとはっきりと告げたのでした。一方のセバスチャンは,会社の出資者としてジョルジアス家との取引がうまくいけばかなり長い期間経営が順調にいくことが分かり,かなり無理な条件でしたがあとは契約書へのサインが残るばかりでした。とりあえずアリアドネに会ってから・・・。しかしセバスチャンもまた3年前に妻をガンで亡くし,結婚によってまた愛する人に去られてしまうことは避けたいと考えていました。富豪の姪で我が儘に育ったお嬢様と思っていたアリアドネに結婚を断られたセバスチャンは意外に思い,改めてアリアドネの魅力に気付きます。会社間の契約,そして遺産の受け取りと両者が互いに利用できることが分かり,二人は早急に結婚式を挙げるのでした。そして,式の夜。アリアドネは始めて女性としての喜びを感じます。セバスチャンもまた妻を亡くしてから始めて一人の女性に夢中になっている自分に気付きました。もう,この時点で二人は名目的な結婚というより互いに離れていられないほどの愛を感じていたのですが,やがてアリアドネの遺産もおり,契約書へのサインも終わり,アリアドネはセバスチャンが出勤した後,荷物を持って充実した時を過ごしたセバスチャンの家を後にしたのでした。その後両親の過ごしたオーストラリア中をバックパッカーとして回り,母方の大伯母の元を訪れたとき,そこにセバスチャンの姿を見るのでした。
 両親を亡くしたとはいえ,富裕な家で大切に育てられたヒロインと,妻を亡くして仕事に明け暮れていたヒーローとの特別な状況での出会いという設定で,ロマンスとしてはありがちな設定だと思いますが,表紙イメージにあるようにギリシア神話に登場する女神の名前を持つアリアドネのすっきりした上品無垢さが光る作品です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

侯爵に言えない秘密 [アンナ・クリアリー]

SHALOCKMEMO1226
侯爵に言えない秘密 At the Boss's Beck and Call
( Undressed by the Boss 7 ) 2009」
アンナ・クリアリー すなみ 翔





 原題は「上司に呼び出され支配されて」
 舞台:シドニー
 ヒロイン:ラーラ・メドーズ(27歳)/出版社の編集者/ブロンドの髪,きりっとした顎,すらりとした脚/
 ヒーロー:アレッサンドロ(サンドロ)・ヴィンチェンティ(35歳)/出版社の新社長,ヴェネツィアの侯爵/190センチ,黒く濃いまつげ,高い頬骨,くっきりした顎,漆黒の目/
 アンナ・クリアリー5年ぶりの新訳です。もともと年1冊ぐらいしか出していない作家ですが,まだ最新作が未訳で,もう少し訳本が出てもよい作家だと思います。これを機会に全作の訳本出版が望まれます。本作はいわゆるシークレット・ベビーものです。スティレット出版社に勤務する編集者ラーラは一児の母,いわゆるシングルマザーですが,前社長ビル・カーマイケルに認められ編集者として子供を育てながら働いてきました。ところが,社がヨーロッパの大企業スカラ・エンタープライズに身売りすることになり,会社から派遣されてきたのがかつてのラーラの恋人で子供の父親でもあるアレッサンドロでした。ヴェネツィアの侯爵で凄腕の実業家でもあるアレッサンドロは中世には復讐に命を賭けたと噂される,かの有名な?ヴィンチェンティ家の末裔で,6年前にラーラと激しい恋に落ち,ラーラにはヴィヴィアン(ヴィヴィ)という愛らしい一粒種の娘が産まれたのでした。6年前にシドニーで開催された国際出版会議で出会った二人は「ザ・シーズンズホテル」のスイートルームで激しく恋に落ち会議の期間中共に過ごしたのですが,イタリアに一緒に来てくれないかというアレッサンドロの誘いをラーラはきっぱり断り,映画「めぐり逢い」のシーンをまねて日時指定でシドニーのセンターポイント・タワーで会う約束を取り交わすのでした。ところがその後大規模な山火事が起こり,ラーラは大怪我を負い,家も父親も失ってしまいます。母親と命からがら逃れて,小さな家で暮らしてきたのでした。当然約束の日時にいくことなど出来なかったのです。さらに,偶然みた雑誌でアレッサンドロがイタリア名家の美女と結婚した記事を目にしたラーラは当然アレッサンドロも約束を果たせなかったはずだと,思い込んでしまい,ヴィヴィアンの存在を告げることを諦めたのでした。ふたたびラーラの元に現れたアレッサンドロに「ヴィヴィの存在を知られるわけにはいかない。」とラーラは考えます。なぜなら,「イタリア人は家族が崩壊することを極度に怖がっていて,経済的にどれほど苦しくてもあらゆることを犠牲にして子供に立派な教育を受けさせようとする。ヴィヴィはまだ幼く,生まれ育った国から乱暴に引き抜いてヴェネツィアであれロンドンであれ,見知らぬ国に植え直すことなど出来はしない。」と考えたからです。アレッサンドロはヴィヴィの存在を知ればきっと自分の国に連れ去ってしまう,そしてそれだけの財力と権力も持っていることは明らかだったからです。
 実はアレッサンドロはあの約束の日にシドニーに来ていたのでした。前後3日間滞在し,ラーラに連絡を取ろうとしたのですが,ラーラは姿を見せず,電話も繋がらないままでした。きっと自分との関係は嫌になったのだと思ったアレッサンドロは,山火事やラーラの怪我のことまで想像することも出来ず失意のうちにイタリアに帰ったのでした。しかし,偶然再会した今,アレッサンドロはラーラにまだ惹かれていることを認めないわけにはいきませんでした。惹かれる気持ちと裏切られた気持ち。愛と怒り。その狭間で苦しむアレッサンドロ。ラーラもまた,アレッサンドロがイタリアに妻がいると思い込んでおり,ヴィヴィの存在を知られたくないという気持ちが強く自分のこととを詳しく語るわけにはいきません。会社の新社長が決まれば,アレッサンドロはまた帰国するはずで,それまでなんとか持ちこたえられればという気持ちと,アレッサンドロを思うと未だに自分の欲望に火がついてしまう反応にも戸惑うのでした。アレッサンドロの結婚相手ジュリア・モレロは,雑誌の写真によると裕福な家の出で絶世の美女。でもアレッサンドロの左手には結婚指輪が嵌められていないことに気付いたラーラ。それを二人でいるときに聞いてみると,「僕に妻はいないよ」という答えが返ってきます。実はジュリアとアレッサンドロは家同士が知り合いの幼なじみ。かつてジュリアは間違った相手と結婚し,その男性に離婚後もしつこく言い寄られ,さらに暴力まで振るわれて困っていたのでした。それを解決するためにアレッサンドロと偽装結婚をし,問題解決した後に関係を持たないまま離婚したのでした。相手の男性に信用させるため大々的な結婚式を挙げたところをマスコミが取り上げ,それが記事になったのでした。ラーラに捨てられたと思っていたアレッサンドロにとっては,それをラーラに告げる気持ちもその手段もなかったのでした。そしてアレッサンドロに誘われるままにラーラはふたたび関係を持ちます。そして突然家を訪ねてきたアレッサンドロにヴィヴィの存在を知られてしまうのでした。互いの事情が分かり,しかも二人の間の子供の存在が,二人の関係の複雑さをさらに深めていきます。シドニーとヴェネツィア,この距離を乗り越えて二人は結びつきを深められるのでしょうか。ヴィヴィはアレッサンドロの存在を好意的に受け止め,もはや父であることの名乗りを上げようとするアレッサンドロを止めることは出来なくなってしまいます。この葛藤を解決するためにアレッサンドロは思い切った手段をとるために一度イタリアに帰っていきます。二人の関係を心配するラーラの母。さて,その解決策とは・・・。ヴィヴィの本名を聞いたときのアレッサンドロのしたり顔が思い浮かび,読者の心を癒やしてくれます。
 互いの心が通い合ったときの軽口の言い合いや,ラーラの明るくたくましく生きる姿がとてもすがすがしく,読後感の素晴らしい作品です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
アンナ・クリアリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。