So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
エマ・ゴールドリック ブログトップ

不思議な遺言状 [エマ・ゴールドリック]

SHALOCKMEMO1188
不思議な遺言状 And Blow Your House Down 1893」
エマ・ゴールドリック 飯田冊子




HQB-719
16.03/¥670/208p

I-1241
85.10/¥520/156p


 舞台:マサチューセッツ州サウス・ディアフィールド
ヒロイン:スーザン(セアラ)・アントニア・レベッカ・アンダーソン(23歳)/元マサチューセッツ総合病院小児科病棟夜勤看護師長,母は外科医,長兄ラルフ:州宝くじ協会会長,次兄ジム:薬品関係,三兄デイビッド:ダラス・カウボーイズの野球選手/153センチ
 ヒーロー:ジョン・フランシス・エングルウッド(歳)/マサチューセッッツ大学工学科助教授,農園主,電子工学工場共同経営者,電子工学技術者/190センチ,シワの深い顔,髪は黒,目は濃い茶色,わし鼻,眉は濃い,歯が輝くように白い。
 1923年生まれで2008年に鬼籍に入ったアメリカの作家エマ・ゴールドリックの1983年のデビュー作の訳本です。読んでみて,単なるデビュー作というだけでなく,ロマンスの全ての要素を詰め込んだ素晴らしい作品だと思いました。成長譚,復讐譚,ロマンス,そして冒険活劇。もうこれは,読まずに死ねないという感じの作品です。斜麓駆にとっては初めてのエマの作品でしたが,すでに新作が読めないということを残念に思います。本作の翻訳はエマの出版の2年後1985年にイマージュで飯田冊子さんの名訳で発表されました。エマは本名エマ・エリザベス・ジーン・サトクリフという長い名前で,プエルトリコで生まれました。1919年生まれのロバート・ゴールドリックと結婚し,エマ・ゴールドリックというペンネームで活躍したようです。赤十字の看護婦の資格を持ち,4人の子どもを育てながら,1980年ごろから作家を志し,1983年本作を上梓したようです。40作ほどの作品を残し,2008年85歳で他界しました。ベティ・ニールズが1910年生まれですから約一回りほど年下になりますが,ちょっと似た雰囲気があります。ニールズ作品がイギリスとオランダが舞台になることが多いですが,本作はアメリカ西海岸,しかも大都会ロサンゼルスやサンフランシスコではなく,小さな町が舞台になっており,そこに住むコミュニティーの人々との交流も生き生きと描かれています。
 さて,本作のヒロイン,スーザン(セアラ)・アントニア・レベッカ・アンダーソンは4人兄妹の末っ子,3人の兄がみんな190センチ以上あり,末弟デイビッドは2メートルを越す大男の野球選手,「小さなスーザン」が兄たちから可愛がられているのはたやすく想像できます。まさに「小公女」セアラという愛称どおり,愛らしい感じなのでしょう。初めはヒーローのジョンが16-17歳ぐらいの女の子と思ったのもうなずけるほど小柄です。153センチは日本女性ならそう小さいというわけでもないでしょうが,アメリカ人から見ればまさに子どもと感じられるのでしょう。近所のおばあさんセアラがシンディーおばさんと呼んでいた女性が亡くなり,セアラに遺産を残したというのです。持ち株会社の株式の15パーセント。それがセアラの運命を大きく変えます。株式の40パーセントずつをもつジョンと弟のロバート。ジョンはこの不思議な遺産受取人セアラの本名だけを頼りに,町を訪ねてきます。ちょっとアブラハム・リンカーンに似たジョンとの出会いは,ニューベッドフォードの海辺でコンタクトを捜しているセアラに声を掛けたことから始まります。やや滑稽な描写から始まるジョンとセアラの出会いから,すこしわくわく感が始まります。そして子どもだと思っていたセアラが実は娼婦ではないかとジョンが勘違いしたことから,始まり,兄の子どもを父親のいないセアラの子どもだと勘違いしたり,兄たちの仕事をギャング稼業のようにセアラがいたづらして紹介したため,ますます怪しげな女性だと思い込み,ジョンの勘違いを訂正しないまま母親を亡くした息子ジャッキーの世話をするために屋敷に連れて行ったりと,ジェットコースターのように物語が進行し,持ち株会社の工場で収益が上がらず工員たちの労働組合がストをするところに乗り込んでいったセアラが知り合いの会計士やボディガードたちと密かに行われているらしい窃盗事件を暴いていくあたりの冒険小説的なストーリーが展開していきます。一方でジョンとセアラの間に恋愛感情が芽生え,息子ジャッキーがセアラに臨時ママを依頼したりと,結構破天荒な成り行きに,読者の方もすっかり乗せられてしまい,わくわくしたまま終結にと向かうのです。その時のセアラの独白「だって問題は全部解決したのよ。ジャッキーの問題も,ロバートの問題も,ジョンの問題も。でもセアラの問題が解決していないんだわ。」という部分がさらに一波乱を予感させ・・・。
文句なし今年読んだ中でベストワンの作品です。もうこれはロマンス小説というよりエンターテインメントというべき作品でしょう。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
エマ・ゴールドリック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。