So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
サンドラ・ハイアット ブログトップ

プリンスの理想の花嫁探し [サンドラ・ハイアット]

SHALOCKMEMO1135
プリンスの理想の花嫁探し Lessons in Seduction
(サンフィリペ公国 3) 2011」
サンドラ・ハイアット さとう史緒





 シリーズ最終巻です。一人残った王位継承者アダムの心を射止めるのは誰? 冒頭から,結果が分かってしまいますが,これもロマンス作品の良さでしょう。安心して読み進められる点です。スリラーやミステリーのような謎解きのドキドキ感はありませんが,二人がどんな風に愛を育んでいくかという点ではドキドキが予想されます。さて,アダムの心を射止めたのは,王室の運転手の娘ダニエル・セトクレアです。愛称ダニ。通常はレーシングカー・レース(モナコ・グランプリのようなものでしょう)をサンフィリペに誘致するための会社で働いていますが,父親の仕事をちょっとお手伝いするアルバイトとして,かつては運転手も務めた経験がありました。王室の車の運転という重要な仕事ですから,もちろん許可証が必要なのですが,ダニはかつての経験でそれももっていたのです。老齢になった父親にかわり臨時にアダムのデートの場所まで送り迎えをすることになったダニ。しかし,アダムがなかなかデートの相手としっくりしていない様子を心配して,昔からの知り合いの立場でちょっと苦言を呈します。それが予想外の結果を生みました。恋愛苦手のアダムが,ダニにアドバイザーになってくれないかと言い出したのです。決して恋愛巧者ではないと一度は断ったものの,普通の女の子がデートに何を求めてくるかという点では助言できるし,デートにスーツを着ていこうとするアダムの堅苦しさに黙っていられず,仕方なくその役を務めることになるのでした。そして,逆にデートがうまくいったと喜ぶアダムを見て,少し胸の痛みを感じるダニでもありました。週末,スキー・デートをするために近くの山にアダムを送っていこうとしたダニ。しかし,雪が激しくなり,デートの相手も来れなくなってしまい,二人も山から下りられなくなってしまいます。偶然見つけて入った小さな宿。そしてその宿の支配人も臨時雇いで困り切っている様子。しかもシェフも病気とあって,なにかと気を遣う宿でしたが,オーストラリア出身らしい言葉遣いの支配人のおおらかな態度と,王位継承者であることを気づかれていないという安心感で,結局二人は2泊することになってしまいます。そして雪がやんだ日,二人は一日中スキーを楽しんで,再び宿を訪れるのでした。この数日で二人の距離はすっかり縮まり,将来はないけれど互いに愛していることを気付くのでした。王子と運転手の娘。この身分の違いが二人の将来の障害になることは二人とも分かっています。宮殿に着くやダニはそそくさと運転手としての顔に戻りますが,アダムの方はなかなかその区切りを付けられないでいます。そして,父王とアダムは究極の話し合いをし・・・。やがて第1作で恋に落ちたレベッカとローガンのロイヤルウエディングの日がやってきます。すでにラスベガスで結婚したレイフとレクシーもまた愛らしいベビーとともに幸せな様子。父のアンリ・オーガスタス・マルコーニ大公の思惑どおり,あっという間に二人の王子と王女が愛する人を見つけゴールインしたサンフィリペ公国のめでたしめでたしで幕を閉じます。2011年50歳を迎えないまま急逝したサンドラ・ハイアットの新作は読めませんが,ロマンスの王道を行く彼女の作品の安定感は抜群だと思います。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プリンスの罪な誘惑 [サンドラ・ハイアット]

SHALOCKMEMO1134
プリンスの罪な誘惑 His Bride for the Taking
(サンフィリペ公国 2) 2010」
サンドラ・ハイアット 高山 恵





 前作「プリンセスの恋愛レッスン(SHALOCKMEMO1132)」で同時進行していたプリンセス・レベッカの弟でプレイボーイとして名高い蛙のプリンス,レイフ・マルコーニと,名家の令嬢でマルコーニ家とかつてのサンフィリペの主ウィンダム・ジョーンズ家の娘アレクシア(レクシー,レックス)とのロマンス。当初レクシーは長男アダムと婚約の話があり,多忙なアダムに替わってレイフがアメリカからレクシーをサンフィリペに付き添うことになったのですが,幼少のころ15年前にはレクシーもサンフィリペで過ごし,アダムやレイフとは顔なじみであり,両家の跡継ぎが結ばれることでサンフィリペの国内には歓迎ムードが漂っていたのです。レイフが自分に意地悪した思い出を持っていたレクシーはレイフを蛙の王子と呼び,できれば顔を合わせたくない存在と思っていたのですが,長じて現れた彼はすっかり大人のプリンスになり,またレイフから見ても,レクシーが妹的な存在から,義姉になるかもしれない存在へと成長し,二人の間には再会した瞬間に電流のようなものが流れるのでした。アダムの優しく紳士的で温かい態度に比べて,レイフの歯に衣着せぬ言い方や自分をお荷物のように思っていることを電話でアダムと話しているのを漏れ聞いたことで,いっそう腹立たしい思いをする一方,アダムとは全く違う次元で寄り添っていきたい思いに駆られるレクシーは,スキャンダルになることを恐れながらも,それを止めることができない自分の気持ちを抑えることもできなくなっていきます。アダムとの婚約を目前に,レクシーはある決意をし,アメリカに帰っていくのでした。前作で語られなかったその後の二人の行動が明かされ,なるほどと思わせる結末です。のこされたアダムの相手はどんな女性になるのか,次作が気になるシリーズです。


タグ:ディザイア
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プリンセスの恋愛レッスン [サンドラ・ハイアット]

SHALOCKMEMO1132
プリンセスの恋愛レッスン Falling for the Princess
(サンフィリペ公国 1) 2011」
サンドラ・ハイアット 高山 恵





エーゲ海の島国サンフィリペ公国のプリンス,プリンセスの結婚騒動を描く三部作シリーズの第1作です。ただこの知り図は時間的にはほぼ同時進行なので,どれを第1作かというところは微妙ですが,とりあえず邦訳の出版順で読んでいきたいと思います。本作ではプリンセス,レベッカ・マルコーニとシステム・デザイン会社社長ローガン・ブキャナンのロマンスです。一言で言うと,とにかく氷のプリンセスと呼ばれるレベッカの完璧なプリンセスぶりに圧倒されます。HQディザイア本国版の表紙にはシルバーのドレスを着たレベッカのイメージが描かれていますが,そのスタイルの良さと高貴なイメージながら愛らしさをたたえたほほえみの表情が見事に表されています。しかも文中にあるように,Tシャツとジーンズ姿のレベッカもとても魅力的,そしてプリンセスゆえに求められているそのイメージそのままに笑みをたたえながらもマナーを重視し,縛られた生活を強いられてきたレベッカが,ローガンによって少しずつ枠からはみ出ていき,普通の女性がすることに挑戦していく,そして契約的に始められた偽恋愛が本物の恋愛に変化していく様子が見事に展開されていきます。実生活では想像しかできない王室の生活や考え方を疑似体験できるロマンス小説ならではの展開と,かくあるであろうことを予想どおり読者に示していく作者のストーリー展開のうまさが光る作品です。気取った,俗物的な上流社会意識と対極にあるローガンが,プリンセスに迫っていくのも真に迫っていながら,次々にルールを作り計画をたてていきながら,感情の流れがそのルールを破ってしまうことに戸惑いながらも互いに惹かれていく二人のやりとりが時に滑稽に読者の笑みを誘っていくのも本作の魅力です。ロマンス作品の王道を行く本作は,イチオシです。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
サンドラ・ハイアット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。