So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
キャシー・ディノスキー ブログトップ

天使を夢見るウエイトレス [キャシー・ディノスキー]

SHALOCKMEMO1143
天使を夢見るウエイトレス Baby at His Convenience 2004」
キャシ・ディノスキー 大谷真理子





 身長180センチで標準体重より20キロオーバー。しかも年齢34歳と,ロマンスのヒロインとしてはあまり例をみない女性の登場です。ヒーローは膝の故障のため海兵隊を除隊したばかりの厳つい男性。これはちょっと大人のロマンスといってもいいでしょう。でも,ヒロインもヒーローも根はとても愛らしい性格で,小さな町特有の老人たちがすべての秘密をたちまちのうちに街中に広めてしまう状況で,マスコミと言うよりはミニコミが幅をきかせている舞台設定。こんな中で出産期限の体内時計が秒読みを始めているヒロインのケイティー・アンドルーズは町にやってきたばかりのジェレマイア・ガンに自分の子供の父親になってくれないかと持ちかけるのです。精子バンクはいかにも味気ないので出産後に子供の成長にも立ち会ってもらいたいという気持ちからこんなとんでもない申し出をするのですが,結婚は条件には入っていないというから,申し出を受けたジェレマイアもまた目を白黒させます。それならばと出した条件が・・・。結局子作りのためにベッドを共にするということに同意したケイティーですが,二人の相性はバッチリ。たちまち二人とも恋に落ちてしまいます。ある意味,笑える状況ですが,二人とも真剣に悩みます。この状況をおもしろがっているのはあまりニュースのない町の人たち。その町の人たちが実に温かく二人を見守ったり背中を押したりしながら二人の愛を育んでいく様子がホンワカした雰囲気を醸し出していく癒やしのロマンスです。


タグ:ディザイア
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

独身富豪は理想の父親 [キャシー・ディノスキー]

SHALOCKMEMO910
独身富豪は理想の父親 A Baby Between Friends 2013」
キャシー・ディノスキー 土屋 恵





シリーズ第2弾ですが,前作「記憶をなくした億万長者」は未読です。「ラストチャンス牧場」に引き取られた5人の少年たち。牧場主のハンク・カルバートによって更正し,それぞれ自分の才能を発揮して大人になっています。この設定は,エマ・ダーシーの「旅立ちの大地」シリーズと同じですが,舞台をアメリカのテキサスに取り,ヒーローたちの人数も増えていることから,本格的なシリーズになるものと思われます。
本作のヒーローは牧場主であり,ロデオを職業としてるライダー・マクレーン。幼い頃引き取られた家の養父が養母を虐待するのを見かねて,間に入ったところ運悪く頭を打って養父が亡くなってしまい,そのせいで施設に引き取られたという過去を持っています。「自分は過去に人を殺している」,そういう面が自分にはある。その怖れから結婚したり自分の家庭を築いたりしてはいけないと思っています。一方,ヒロインのロデオ協会の広報担当者サマー・パターソンは,過去に恋人だと思っていた男性から暴力を受け,男性に触れられるだけで恐怖を覚えてしまう心の病を受けていました。そんなサマーが結婚せずに子供を持つことで家庭を築きたいと思い,ライダーに精子提供者になって欲しいという大胆な提案をします。美貌の女性サマーの世間知らずな考え,そして過去に囚われ続ける二人が,やがて,自然に男女の関係になっていく過程は心温まる思いやりに満ちたストーリー展開です。ロデオという荒ぶれた男の世界を舞台に,二人の男女の温かい心の交流は癒やしに満ちたすばらしい世界観に満ちた作品です。二人を心配し,何かと働きかけをする本当の兄弟よりも信頼し合った仲間の青年たちと,ライダーの世話をするベティ・ルーという家政婦とその飼い猫ルシファーも,ストーリー展開に重要な役割と関わりを持ち,それぞれがそれぞれの立場で二人の関係に絡んでいく姿も温かく,独特な世界観をもたらしてくれます。お勧めの一作。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
キャシー・ディノスキー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。