So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ヘレン・ブルックス ブログトップ

すり替わった恋人 [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO1442
すり替わった恋人 Deceitful Lover
( Mediterranean Passions 1 ) 1992」
ヘレン・ブルックス 平江まゆみ




HQB-796
17.04/¥670/200p

B-379
99.04/¥536/186p
R-1095
94.07/¥640/156p


 原題は「偽りの恋人」
 ヒロイン:リア・クィントン(21歳)/モデル・エージェンシーの社長のアシスタント/シルバーブロンドの髪,グレーの瞳,豊かに盛り上がった胸,細い腰,すらりと伸びた脚,落ち着きのある美しさ/
 ヒーロー:デミトリオス・クウツウピス(?歳)/実業家/冷たいブルーの瞳/
 従姉妹ポピーとリアは性格の正反対な美女です。派手で社交好き,そして歯に衣着せぬ言い方をするポピーに対して,リアは控えめで常に周りの人たちへの配慮を欠かさない優しい性格。ポピーがいないとき二人の住むアパートに冷たいブルーの瞳の男性が押しかけてきます。そしてリアをポピーと勘違いして自分の家に連れ去るのでした。この男性デミトリオスは甥のニコスを実の弟のように可愛がっていました。と同時にニコスの母親で自分の姉のクリスチナが病気がちで心配だったため,ポピーがニコスと交際し,その財産をねらっていると考えて,人物考査のために連れて行こうとしていたのでした。ニコスとポピーの交際を知り,ポピーが行方をくらましたことを知っていたリアは,デミトリオスの言い分に従い,ついて行かざるを得なくなります。自分がポピーと勘違いされていることを知りながら・・・。リアは七歳の時に両親と弟を交通事故で亡くし,ポピーの父親にポピーと一緒に育てられたのです。もっとも叔父のジョンは二人の子供たちにはあまり関わろうとせず,リアとポピーは互いに頼り合える存在となったのでした。銀髪の孤児と赤毛の御転婆娘。長じて二人は美貌の従姉妹同士となり,ポピーとニコスは恋人同士になったのですが・・・。全く風貌の異なる自分をポピーと勘違いしたということは,デミトリオスはポピーに出会ったことがないのだろうとリアは考え,取りあえず勘違いを質さずにいることにしました。
 「(甥の)相手が商売女かどうか見抜ける程度の人生経験は積んでいる」という冷徹な言葉ですが,「君は絶対に違う」「不思議な人だな。これもゲームのうちかい?そのうぶな仕草は,男を惹きつけるための計算なのかな?」といいつつ情熱的なキスを受けて,リアは次第にデミトリオスに惹かれていきます。デミトリオスの姉でニコスの母親のクリスチナはリアとすぐに意気投合しますが,デミトリオスにポピーと入れ替わったことを知られないように質問をはぐらかさなければなりません。結構ヒヤヒヤものの時間を過ごしますが,かつて9カ月間ほどモデルとして働き,水着やカクテルドレス姿で撮影にのぞまなければならないことに嫌気がさし,アシスタントに転身したのでした。モデルの時の男性たちの目に浮かぶむき出しの欲望は耐えがたかったのです。そのためうぶなままこの年まで生きてきたことをデミトリオスに見抜かれて,ポピーとは別人であると気づかれてしまいます。「もっともらしく人を批判するその態度,ぞっとするわ。少なくともニコスは愛情を感じることができるだけあなたよりましね」とつい言葉を荒げてしまったリアはすぐに後悔するのですが,そんなリアにクリスチナは「弟のことで迷惑をかけているんでしょう」と優しい言葉をかけてくれるのでした。クウツウピス姉弟は「母はデミトリオスを生んだときに亡くなったわ。当時わたしは二十歳で結婚したばかりだった。直に父が乗馬事故で亡くなったこともあって私たち夫婦は9カ月だったデミトリオスを引き取ったの。デミトリオスが15歳のときにニコスが生まれたの。母には妹がいてデミトリオスと同い年だったの。そのいとこがデミトリオスと意気投合してね。彼女はイギリスに婚約者がいるんだと言ったわ。デミトリオスはひと夏の遊び相手に過ぎなかったのよ。」と姉夫婦はデミトリオスの親代わりだったこれまでの状況を打ち明けてくれます。従姉妹の女性に裏切られたデミトリオスはその後女性に対して厳しい目を持つようになったのだとリアは理解しました。同時に,その女性に嫉妬を感じてしまうリアでした。デミトリオスはかつて本当に愛した女性キャロラインを亡くしています。しかもキャロラインはリアと似ているというのです。「デミトリオスは初めて会った瞬間から,昔の恨みをわたしにぶつけていたのね。」とデミトリオスの不幸な過去を思いやるのでした。「彼に対するこの思いは愛なの?愛ってこんなに苦しく絶望的なものなの?」
 想像していたポピーと全く異なるリアに「僕は過去の経験から偏見を抱いていたのかも知れない」と打ち明けるデミトリオスですが,やがてニコスとポピーが二人で帰宅します。リアに惹かれながらも,近づいてはいけないと自分をなだめて,欲望と立場の板挟みに苦しむデミトリオスの態度はリアにとっては熱くなったり冷たくなったりする理解を超えたものでした。ついにポピーとニコスの結婚を認めざるを得なくなったデミトリオスは,クリスチナの願いを聞き入れ,結婚式までの準備のためにリアにそのまま留まるように要請します。そして商用でアメリカに向かう直前に親戚の女性クリスティがやって来ます。ことあるごとにリアに意地悪を仕掛けるクリスティ。ポピーは負けずに言い返すのですが,リアは次第に耐えがたくなってきます。そしてデミトリオスの出張中にクリスティはデミトリオスと婚約しており,ニコスたちの結婚式で正式に発表するつもりだと囁くのでした。もうここにはいられないとリアは結婚式の前に帰る決意をするのですが・・・。
 純真で美しく心の優しいリアがまさにNiceHeroineとして大活躍する秀作です。オススメの作品。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

暗闇のオアシス [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO1279
暗闇のオアシス Dark Oasis 1994」
ヘレン・ブルックス 竹本祐子




HQB-743
16.07/¥670/200p

R-1257
96.07/¥640/156p


 原題は「暗いオアシス」
 舞台:モロッコ
 ヒロイン:サマンサ・キトゥン(キット)(25歳)/ファッションデザイン会社経営/175センチの長身,細身で短髪,グレーの瞳/
 ヒーロー:ジェラール・デュモン(35歳)/モロッコの実業家/茶褐色のつややかな髪,褐色がかった金茶色の瞳,高い頬骨,まっすぐな鼻,官能的な唇,190センチ以上の長身/
 「いわゆる一般的な見方からするとずば抜けた美人というわけではない。」少年のようなスリムな体,きっちり短くカットされた髪,ノーメイクでアクセサリーなし,それでもジェラールはキットに惹かれてしまいます。モロッコの市場でひったくりに殴られ記憶を失ってしまったキット。偶然通りかかった実業家のジェラールが助け,病院に運びます。バッグも盗まれ,記憶も失い,身分を証明するものをもっていないキットは自分が誰かも分かりません。(それでもキットという名前は思い出したんだっけ?)記憶喪失ものは,どこまでの記憶がないか,あるいはどの部分の記憶が無いかでストーリーの作り方は違ってくるのでしょうね。本人が何を覚えているのか,そして何がきっかけで記憶を取り戻すのかということも興味あることですが,記憶が無い間に起こったこともその人生の一部であり,その後の人生,記憶が回復したときに大きな意味を持ってくるのですが,それはまるで前世と現世,そして来世を行き来するタイムトラベラーのようなものかもしれません。そんな意味で記憶喪失ものとタイムトラベルものは共通点が多く,いろいろ起こってくる食い違いが読者にハラハラドキドキ感をもたらすのがなんとも良いですね。
 さて,ホテルに宿泊していた客が行方不明になったということで警察が紹介してみるとイギリス人でサマンサ・キトゥン,25歳ということが判明します。さらにデイヴィッドという婚約者がいることも。実はキットはデイヴィッドの不倫現場を見つけたキットは婚約を解消してモロッコに一人で傷心旅行中だったのです。男性に傷つけられたことによる過度の不信感。それが記憶喪失の原因ではないかという医師の診断が当たっているのですが,それも含めてキットには記憶回復の兆しは見えないままです。しかし体力の回復までジェラールの屋敷に留まるように説得され,キットも数日間屋敷に留まりながら,モロッコのいくつかの場所に観光に連れて行ってもらうのです。初めて出会った人にどうしてここまで親切にするのか,と普通ならば思うところですが,記憶の回復と体力の回復,そしてイギリスに帰ってもさてどこに行ったら良いのか,それすら見えてこないキットにとっては,ジェラールの申し出は何よりありがたいことでした。何度か誘惑ぎりぎりのところまでジェラールは水を向けるのですが,なぜかキットは初めは誘いに乗りそうでいながら土壇場で恐怖の表情を浮かべることに,ジェラールは過去にきっと大きな心の傷を受け,それがキットの態度に表れるのではないかと考えます。その原因が婚約者のデイヴィッドではないかと思っているジェラールですが,実は原因はもっともっと深いところにありました。それは,母の再婚相手,つまり義父の仕業だったのです。暴力こそ振るわれませんでしたが,ことあるごとにキットを非難し自信を喪失させることを言い続けられ,すっかり女性としての自信を失ってしまったキットでした。デイヴィッドはそれに対して毒にも薬にもならない男。つまりキットにとっては安全な男だったのです。それが,出かけた先で子供が親から虐待されているところを目撃してしまったことで,キットの記憶が深いところからわき上がってきたのでした。そしてジェラールの妹とその婚約者と四人でレストランにディナーに行ったとき,ジェラールの元恋人の超美人と出会ってしまいます。この出来事がジェラールを愛してしまったことをキットに気付かせ,しかも女性としての自信をますます喪失させることになります。振り切るようにイギリスに帰ったキット。ルームメイトのデイヴィッドの妹エマは兄のデイヴィッドよりもキットの味方をしてくれ,イギリスでの昔のような安定した生活が始まりました。
 ジェラールからはプレゼント攻勢と手紙攻勢が始まります。しかしキットはジェラールの思いに応えられないとはっきりと言ってしまうのです。やがて近づいてくるクリスマス。ジェラールからの連絡もしばらく途絶えてしまうのでした。果たしてクリスマスに奇跡は起きるのでしょうか。モロッコのエキゾチズムと継父からの間断無き虐めに深い心の傷を負ったキットの,愛による癒やしの物語です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

イタリアン・クリスマス [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO1122
イタリアン・クリスマス Stone Angel 1992」
ヘレン・ブルックス 大島ともこ





 少年たちの乗った車に接触された自転車できたく途中のタニアを助けてくれたのは,名乗りもせずに言ってしまいました。しかし彼のアフターシェブローションの香りにゾクゾクした自分が意外だったのです。翌日アパートに大量の薔薇の花束が贈られてきました。家主のミセス・ジェンキンズからは滞納している家賃だけではなく,男性との関係を邪推する嫌みも言われてしまいます。三ヶ月前,それまでナニーをしていた家族がアメリカに渡ってしまい,数件の家庭との面接を終えたところですがまだ連絡はありません。もし次の就職先がなければ両親の元に帰らざるを得なくなります。両親との関係があまり良くないタニアにとってはそれは最悪のパターンでした。先週出した手紙に来た返事にはちょっと納得できない条件も書かれてありましたが背に腹は替えられず,面接に出かけてみると,雇い主はなんと昨日の男性エンリーコではありませんか。偶然出逢った二人の出会いがロマンスの始まりでした。特に目立って美貌に優れているわけでもなく,また特技をたくさん持っているわけではないもののナニーとしての経験は豊かです。とりあえず子どもたちに会ってみると,双子の男の子の方がタニアにべったりしてきます。女の子の方が自立心が強いようですが優しい子でタニアはすっかり二人と仲良くなります。問題はエンリーコがイタリアにもうひとりのナニーのギルダと双子を連れてイタリアに帰郷するのにタニアにも一緒に行って欲しいというのです。子どもたちはとてもいいしギルダとも家政婦や使用人たちとも仲良くできるのに,なぜかエンリーコとは言い争いをしてしまうタニアでした。決して嫌っているわけではなく,いつも何かとかんに障ることを言ってきたり,誘惑するように触れてきたりするエンリーコにどう接していいかわかりません。自分が惹かれていることもまたしゃくに障るのでした。一方エンリーコの方もタニアをイタリアに同道する必要はないにもかかわらず何故か一緒に連れて行きたい気持ちを抑えることができません。何かと反抗するタニアに惹かれるものを感じているエンリーコでした。エンリーコの秘書のシーリアに会った瞬間,タニアは自分に対する敵意を感じてしまいます。実はシーリアはエンリーコに気があって盛んにアタックするのですが,鼻も引っかけてもらえず,さらにエンリーコがタニアを連れてきたことで脅威を感じていたのでした。エンリーコの亡き妻をも知るシーリアとしては妻亡き後のエンリーコの伴侶として自分がその地位に収まりたいと思っていますが,なかなかうまくいかないのでした。タニアはそんなシーリアの気持ちに気付き,エンリーコとの関係を深めることに躊躇しています。一方エンリーコは妻が亡くなったのは自分の責任だという思いから再婚は考えていないのですが,タニアに惹かれてしまう自分に戸惑っています。なかなか関係を深められない二人にやがて別れの時が来ます。エンリーコの従兄弟のカミーロがエンリーコの留守中タニアにちょっかいを出してきたのです。強く退けようとしていたとき,なんとエンリーコが予定より早く帰宅するのです。現場を見られた二人の説明を聞かないうちにエンリーコはタニアにすぐに出て行けと言い放つのでした。ロンドンに戻ったタニアに家政婦の推薦でハッチン家のナニーの仕事に就くことができました。しかし,これも数週間の間の臨時の仕事。何事も前向きに考えるタニアはとりあえず飢えることはないと,ホッとするのでした。そんなタニアの元をエンリーコが訪れます。さて二人の関係は復活するのでしょうか。
 イタリアでのクリスマスの場面をクライマックスに元気いっぱいのナニーと妻を亡くした男性エンリーコの丁々発止の言い合いも面白く,明るく物事を前向きに考えようとするタニアの愛嬌あふれ,しかも人を信じようとする純粋な心が読者の感動を誘う秀作です。Nice Heroine!


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

屋根裏部屋のクリスマス [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO1087
屋根裏部屋のクリスマス Snowboud Seduction
Christmas Surrender 1) 2010」
ヘレン・ブルックス 春野ひろこ





12月のイギリス。原題の「雪に閉じ込められた誘惑」のとおり,パーティに向かう途中で雪により車が立ち往生し,B&Bの屋根裏部屋で過ごさなければならなくなった男女のロマンスを描いた作品です。カナダを本拠地とした会社を経営するザック・ローソンは2週間のイギリス出張でいとこのジェニーを訪ねます。ジェニーはレイチェル・エリントン,スーザンとフラットをシェアしており,二人の出会いはそのフラットでした。レイチェルは恋人のジャイルズと別れたばかりで,傷心の思いを抱いています。またザックもかつて結婚歴があり,妻と息子を失うという心の傷を抱えていました。ザックが週末に取引先の郊外の屋敷でのパーティにレイチェルを誘い車(アストンマーチン)で出かけてから,雪のため途中で車がスリップし,動けなくなってしまいます。雪はますます激しくなり二人は2キロほどの道を戻って,B&Bにたどり着きますが,団体旅行客がいたため,屋根裏部屋1部屋しか開いていないところに泊まらざるを得なくなります。雪に閉じ込められた数日間二人の中で互いを理解する会話が続きます。団体旅行客の中にもザックを物欲しげに見,明らかに誘ってくる女性たちがいる中で,自分が取り立てて美人でもないと思っていたレイチェルは,そんな自分をハンサムなザックが欲しがるはずはないと思い込んでいます。しかしどうしようもなくザックに惹かれていくレイチェル。結局数日間同室で過ごした二人ですが決定的な関係になることはなく,雪が小降りになってきた日にカナダからザックの祖父が危篤だという知らせが入り,二人は再び車を救出してロンドンに戻り,そのまま別れたのでした。やがてクリスマス。母や姉たちと断絶していたレイチェルはジェニーの家に招かれそこでクリスマスを過ごすことにします。そして,ジェニーの家で彼女らを出迎えたのは・・・。
エピローグはクリスマスらしい暖かい終結部分となっていきます。ホンワカしたクリスマスらしいハッピーエンドで,温かい気持ちになれる作品です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

美しき夢破れ [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO974
美しき夢破れ The Baby Secret 1998」
ヘレン・ブルックス すなみ 翔





年の差15歳のカップル。夫のザック・ハーディングは企業経営者で35歳,妻ヴィクトリア(トーリィ)は20歳になったばかり。本作はあまりにかっこいい夫を他の女性に取られることを心配する余り一人芝居的に自分は愛されていないと思い込んでしまった幼妻の心の変遷と成長を描いた作品です。ハネムーンベビーができ,兄のように慕っていたウィリアムに相談したところを夫に見られ,浮気ではないかと疑われます。そして夫はハネムーンの翌日昔の恋人から困っていると連絡が来て出かけてしまいます。この時からヴィクトリアの悩みが始まり,家を出てしまいます。ところが関係の悪い母親からこの結婚には母の事業の資金を出してもらうためという意味をあることを仄めかされ,さらにヴィクトリアが借りたフラットは実は夫が資金を出していたことを知り,さらに相談していたウィリアムとの関係を疑われ・・・という具合に次々に誤解の種が増えていくことに夫を信じられなくなったヴィクトリアが,それでも夫の魅力に惹かれ,周囲の女性が皆夫に注目することにも嫉妬し,離婚離婚と騒いでしまう,そんな至らぬ妻でも,強引に自分の元に惹きつけておこうとする夫,痴話げんか的な二人の関係を延々と描いていながら,父と愛人であったと思われるおばのリンダに直接話を聞いてみると,事実は二人の間には永遠の愛があったことを知り,自分の至らなさにやっと気づくというお話しです。最後は美しい男の赤ちゃんジョージ・ザッカリーの誕生とアイなり,めでたしめでたしとなるのですが,お話しとしてはとても面白い作品だと思います。ヴィクトリアの心の成長がうれしい結末になっています。原題は「秘密のベビー」ですが,このベビーはヴィクトリアのことも表しているのかもしれません。
多くの作家たちが関わっているシリーズ「Expecting!」の一作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あなたは悪魔? [ヘレン・ブルックス]

SHALOCKMEMO831
あなたは悪魔? The Devil You Know 1992」
ヘレン・ブルックス 松村和紀子





清純そのもののヒロイン,ニーナが命がけで村の少女を助けるシーンが真に迫っていてドラマチックに終わる作品です。ヒーローはニーナが16歳の時に彼女の美しさを見初め,その後何年間も彼女に想いを寄せていながら,深い関係を拒む彼女に無理に迫ることなく成長を見守ってきた本当にヒーローらしいヒーロー。あしながおじさんの現代版という感じです。「僕らは永遠に一緒だ。もう君を離さない。何があろうと,何が起ころうと...」という終盤のスティードの台詞が本書の本質を端的に表しています。そして二人の様子を微笑みながらさっと病室のドアを閉め,「面会謝絶」の札をかける老医師の姿が実にしゃれていて,目に見えるように描かれている作品です。ふと,手にした作品ですが,手にして良かったと思わせられる隠れた傑作かもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ヘレン・ブルックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。