So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ルーシー・ゴードン ブログトップ

いたずらな愛の使者 [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO1417
いたずらな愛の使者 Expecting the Fellani Heir 2016」
ルーシー・ゴードン 大田朋子





 原題は「予期せぬフェラーニの跡継ぎ」
 ヒロイン:エリー(38歳)/弁護士/豊かな長い髪,スレンダーな体/
 ヒーロー:レオニツィオ・フェラーニ(34歳)/高級靴会社経営,離婚訴訟中/黒髪,黒い瞳,長身,アスリートのような体つき,男らしく優雅な身のこなし,ハンサムな顔/
 イタリアの高級靴製造業者で富豪のレオニツィオはハリエットに裏切られ,他人の子供を押しつけられそうになります。そのことが判明して離婚訴訟係争中。担当の弁護士エリーは一夜の交わりをレオニツィオと交わしてしまい,身ごもりますが,それを告げないままでいます。離婚が成立してからも,エリーはしょせんレオニツィオには相手にされないことが分かっていて,妊娠が分かられてしまってからもプロポーズを断り続けるのでした。すべてを取り仕切ろうとするレオニツィオと結婚すれば,自分のこれまで築いてきたキャリアも失い,自立できなくなってしまう。そして子供のための,愛のない結婚にはとても耐えられないだろうと思っていたからです。偶然レストランでレオニツィオといたときに,ハリエットとその恋人に遭遇してしまいます。翌日弁護士事務所をハリエットが訪ねてきてエリーに対してけんか腰の言葉を投げつけます。「彼が何を大切にするか知っているでしょう。ビジネス,野望,権力,自分自身。そして自分の意のままになる連中よ。あなたもじきにわかるわ。彼はあなたの心を打ち砕く。私の心を打ち砕いたようにね。彼が傷ついたのは子供のことで,私が原因じゃないわ。本当にお気の毒。外見はテキパキとして有能そうなのに。あなたが感情に流されるなんて,誰が思うかしら。でも本当のことよ。認めたくないでしょうけれど,あなたは今にきっと公開するわ。」と。この短い,切れ切れの文をつないでいくのがこの作家の文体の特徴なのだろうと思います。それが自然にリズムを作り出し,読みやすくする効果をもたらしているのかもしれません。そして,エリーはお腹に異常を感じ9カ月で愛らしい一粒種の娘を無事生み出します。レオニツィオはずっとエリーに付添い,無事の出産に多大な貢献をします。そしてコジマというイタリア語で秩序と美を意味する名前をつけてくれるのでした。「私たちは運命共同体よ。三人一緒なの」とエリーはレオニツィオと娘の誕生を喜ぶのでした。院内で二人は結婚するのでした。レオニツィオの愛を信じられるようになるまでに,また愛の言葉を聞くまで,頑固にプロポーズにイエスを言わないで自分の心を信じ続けるエリーは本当に大した女性です。4歳年上の姉さん女房(古っ!),そしてエリーという名前しか示されていないヒロインですが,存在感は見事なまでです。傍若無人と思われているレオニツィオがメロメロになってしまうのも,この知的で頑固で美しいエリーだからこそだと,美しいだけのハリエットと比べている作者の思惑がまさにツボにはまっている作品です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

愛の物語の結末は? [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO1229
愛の物語の結末は? His Brother's Child
( Baby Boom 7 ) 1997」
ルーシー・ゴードン 高橋庸子




HQSP-109
16.04/¥540/224p

I-1149
98.05/¥641/156p


 原題は「彼の弟の子供」
 ヒロイン:ドナ・イーストン(27歳)/元看護師,イギリス人/卵形の顔,黒い髪,大きな青い瞳/7歳で両親が離婚,10歳で母を亡くし,その後施設に入る。16歳で自立。里親たちにも捨てられた。自分の居場所がないと感じている。/
 ヒーロー:リナルド・マンティーニ(33歳)/実業家/背が高くハンサム,威厳に満ちた容貌。/
 またまた傲慢なイタリア男の登場です。年の離れた弟の恋人で,すでにその子供を妊娠している女性を奪おうとするヒーロー。そして財産目当てで,まだ考えの幼い弟を騙してマンティーニ家に入り込もうとしていると徹底的にヒロインを虐めます。ところがヒロインのドナは兄弟の父のピエロに好かれ,さらにリナルドを育てたも同然の家政婦マリアにも好かれ,家中の使用人たちからも好かれていくのです。そして自分とドナとの結婚を認めようとしない兄に嫌気がさして駆け落ちしようとした弟の気持ちを考えずにドナに高額なお金を渡そうとします。弟トニが隙を見てその金をせしめたとは知らずに,出奔した二人が言い争って事故を起こし,トニは亡くなってしまいます。幸いドナのお腹の子供は無事でしたが,父親を亡くした赤ん坊を育てるという名目でリナルドはドナに結婚を迫ります。妊娠中の不安定な気分のまま結婚を承諾するドナ。市役所で簡単な式を挙げてドナはマンティーニ家のヴィラで暮らすことになります。それには自分を大切に思ってくれる義父ピエロが息子を失った落胆で倒れてしまい,ドナとリナルドの結婚を望んだからでもありました。義父の看護をしながらもリナルドとは同居しているだけの関係に,ドナはリナルドを愛していることに気付きますが,言葉の端端にトニのことを回顧するドナにリナルドは冷たい態度を取らざるを得なくなるのでした。このころにはもうリナルドもドナの言っていることを信用するようになっていたのですが・・・。赤ん坊は無事には生まれませんでした。リナルドと一緒の車で帰宅途中に急に産気づいたドナ。まだ予定日まで1カ月もあったにもかかわらず,ついにドナは車中で息子を出産し,トニと名づけます。ピエロの喜びもそして家中の使用人たちも赤ん坊を可愛がり,いたたまれなくなったリナルドは数カ月間事業のために出張し,各地の工場を回ることにするのでした。この隙を狙ってやってきたのが,本作の最大の敵役,かつてのリナルドの恋人で,自分の女優というキャリアのためにリナルドを捨てたセリーナでした。少し前,出産後の洋服を買いに街に出たドナはセリーナのフラットを訪れてみたのですが,留守でした。セリーナはドナとリナルドの結婚は偽装結婚であり,本当は子供が産まれたらリナルドはドナと離婚し,自分が後釜に座ることになっていると言うのでした。少し前に留守にしていたのは自分とリナルドが一緒にいたためだというのです。驚愕のあまりセリーナの耳を掴んで家から追い出したドナですが,リナルドへの疑心が芽ばえ,幼いトニを連れて家を出ることにします。帰宅したリナルドは,セリーナの奸計をピエロから聞かされ,ドナを追いかけ,発見するのでした。9歳の時,母ロゼッタが弟を出産しそれまで母の愛を一身に受けていた自分より,弟が愛を注がれていくのを敏感に感じ取ったリナルド。そして愚かしいことを繰り返す弟の後始末をしてきたリナルドは,愛を信じられなくなっていたのです。それでもドナへの愛を隠すために家を留守にしていたリナルド。その事情を明かされたとき,ドナはもうリナルドへの愛を止めることが出来ませんでした。
 傲慢な態度を繰り返していたリナルドが次第にドナの虜になって行く過程が本作の読みどころですが,同時に両親に捨てられたドナもマンティーニ家の家族になることによって自分の居場所を見つけて行くというハッピーエンドのお話しです。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

仮面舞踏会の夜の愛して [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO1112
仮面舞踏会の夜に愛して Not Just a Convenient Marriage 2014」
ルーシー・ゴードン 秋庭葉瑠





 作者ルーシー・ゴードンについての巻末の解説に「ヴェネツィアでの休暇中街で出会った地元の男性と結婚。会って2日で婚約し,結婚して30年以上になる。」とあります。本作がまさにその状況とそっくりな作品です。ヴェネツィアの魅力が満載で,特に名高いカーニバルやサン・マルコ祭などのイベントが効果的に作品に取り入れられています。仮面が持つ不思議な魅力やカーニバルの由緒などが簡潔に語られ,現地に住んだ経験がないものにはなかなか文章にできないような記述も多く,しかもそれが単なる観光案内ではなく,ストーリー上必要な部分だというところが素晴らしいと思います。
 さて,会計士で数字に強く驚異的な暗算能力の持ち主,サリー・フランクリンは弟のチャーリーと共に休暇でホテル・ビリオーニに滞在しています。二人の両親は数年前に亡くなり,以来サリーは弟と二人っきりの生活。しかもチャーリーは姉の犠牲の下でもなかなか大人にならずにカジノに出入りしたりして借金をどんどん作ってしまう生活を繰り返しています。サリーはそのつど弟の尻ぬぐいばかりしていますので,なかなか男性との出会いを愉しんだりする余裕はありませんでした。今回も借金に追われた弟とイギリスを脱出してきたという方が当たっているかもしれません。恋人のフランクとは,深い関係になることをサリーが望まなかったため,フランクはさっさと別の女性の元に走ったのです。そんなサリーがホテルの窓際から見たのは「背が高くて髪が黒く,30代半ばと思われるハンサムな顔立ちだが,厳しく,妥協を許さない表情」をした男性でした。それが,ホテルオーナーであり,イタリア各地に地所と複数のホテルを所有する実業家のダミアーノ・フェローネでした。四旬節から復活祭に向かう季節のヴェネツィアは雨が多くヴェネツィアの魅力を十分伝える季節ではないものの,カーニバルが開かれる季節。その不思議な魅力に満ちた地で二人の男女の結びつきはダミアーノの息子のピエートロと子犬との出会いで始まります。そしてピエートロの母でダミアーノの初めの妻ジーナや2番目の妻イメルダの存在を裏に表に感じさせながら物語は進行していきます。すっかりピエートロと子犬に好かれたサリー。初めは同情からスタートしたサリーはダミアーノと便宜的な結婚という点で了解し合い,結婚することにするのです。寝室を別にすればピエートロに気付かれてしまうということから一つのベッドの両端に休むことにする二人ですが,互いを意識しあっていることはわかりきっていました。そして2番目の妻イメルダからの数回にわたる嫌がらせに業を煮やしたサリーは,ついに亡きジーナの命日にある決断をするのです。サン・マルコ祭のパーティに,あえて身分を隠し,仮面をかぶり,遅れて参加したサリーは,ダミアーノを誘惑するのです。ジーナの死に罪悪感を抱いていたダミアーノはサリーを愛していながらも,愛に触れることをひたすら隠し続けてきました。それを理解したサリーが仮面をかぶることでダミアーノの本音を引き出そうとしたのです。この場面が本作のクライマックスです。もし違う相手を選んでしまったら・・・という可能性もあるこの計画が読者のハラハラドキドキも引き出します。実に見事なストーリーテリングで描かれた一気読み間違いなしのイチオシ作品です。


タグ:イマージュ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

裁きは終わりぬ [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO982
裁きは終わりぬ My Only Love, My Only Hate 1986」
ルーシー・ゴードン 石川園枝





父を裁き,ついに獄中死させてしまった弁護士と犯罪者の娘の復讐譚。まさに愛憎入り乱れてすさまじい復讐劇と愛情劇を体現した濃い作品です。建設会社の秘書レイ・ボーナムはタニス・ヘインズという本名ですが,父アンドルーが犯罪者であることを知られないように,母方の姓を名告っていたのでした。そしてにっくき弁護士はジャイルズ・ブレーク。何とか生活を軌道に乗せるために秘書の仕事の他に週に一度エスコートコンパニオンとしてもアルバイトしています。有能な秘書としての服装の時と赤毛のウィッグを付けたコンパニオンとしての仕事の時とはまるで別人のよう。ジャイルズも初めはレイがタニスであることには全く気づきません。ジャイルズが自分のキャリアを引き上げるために父に敢えて不利な証言を引き出し,さらにタニス自身の証言が父の罪状を決定づけるように誘導したそのやり方を許せず,タニスはひたすらジャイルズに復讐することを,そして自分自身が経済学を学んで自活することを目標に何年もの間がんばってきたのでした。
そしてその機会はコンパニオンをしているときに巡ってきます。自分を誘惑させて,その後自分の正体を明かして絶望の淵に追いやることで復讐しようと計画したレイ。そしてレイの正体がタニアであることを知ったジャイルズは,タニアの父アンドルーは犯罪者であり,それを暴いた自分に罪はないと言い張るのでした。あの裁判の時に自分にくってかかった少女が大人の女性として魅力にあふれた姿になって再会したことに,ジャイルズは驚くと同時にずっと気になっていた少女がなんとか自分の生活を維持している状況を目にして,心を痛めると同時にタニスに惹かれてしまう自分にも驚くのでした。レイ(タニス)もまた,あんなに憎んでいたジャイルズが決して幸せな少年時代を送っていたわけではないことを知り,さらには自分に経済的な援助をしてきたことを断り切れなくなったこと,そして敵でありながらそんなジャイルズに自分が惹かれていることに気づき・・・。
ジャイルズとの関係が強まるにしたがって,その周辺でかつての犯罪者の娘と付き合っていると中傷する人たちも現れます。ジャイルズはもうそんなことは気にしないといいますが,自分がジャイルズの長年願ってきた勅撰弁護人への道がたたれてしまうのではと恐れます。そして裁判所に見学に行ったレイは万引き常習者のおばあさんの無実を晴らすために弁論の技術を発揮して無罪を勝ち取る様を見て,尊敬の念を深めるのでした。また別れた妻ベリンダと二人の子供たちとがジャイルズの元に来るとき,レイも子供たちと遊んで楽しい思いをするのでした。
父の敵だった男性があしながおじさんに変化していく二人の関係をとても自然に描いた秀作です。オススメの一作。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マスカレードの告白 [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO759
マスカレードの告白 The Italian's Cinderella Bride 2008」
ルーシー・ゴードン 麦田あかり





ハーレクイン・イマージュ2000号の記念として,本作とベティ・ニールズのデビュー作「赤毛のアデレイド」を合本したもの。
原題は「イタリア人の」となっているが舞台は「ベネチア」です。満ち潮によって警報がなり,人々が粛々とその準備に取りかかるなど,本格的なベネチアの風景と,「マスカレード」というベネチアのお祭りが舞台となり,異国情緒たっぷりに語られる素敵な物語です。
ルースはかつて恋人だったジーノを訪ねてベネチアのバグネリ邸を訪れます。ジーノに逢って記憶を取り戻すためでした。しかしジーノは不在で伯爵のピエトロが,ずぶ濡れで立っているルースを見つけ,屋敷で介抱します。ルースの名前を聞き,ジーノの恋人であることはすぐ分かりました。しかし,ピエトロの悩みはこの時から始まります。ピエトロにとっては自分とは従兄弟のように育ってきたかつての使用人の息子ジーノですが,ジーノは外ではバグネリ家の一員であると詐称していました。ピエトロもその事を知っていましたが,あえてとがめ立てすることなく好きなようにさせていました。ルースはジーノがすっかりバグネリ家の一員であると思い込まされていました。しかし,怪我を負った後病院から突然去ってしまったジーノに,失った記憶を確認しないと次の人生に進めないと考えて,バグネリ邸を訪れたのでした。ピエトロは弱々しくなったルースにすっかり魅了されてしまいます。かいがいしく世話をするピエトロですが,ルースがジーノを未だに愛しているのではないかということと,自分の妻と子供を同時期に亡くしてしまったことへの心の傷から,まだ立ち直っていないことから,ルースへの想いを封じ込めようとしていたのです。やがてマスカレードが始まります。次第にその多言語の能力を発揮してきたルースに対する想いはますます膨らんでいくピエトロ。そんなときジーノが帰って来るという連絡が入ります。失った妻と子供の墓にいくピエトロ。ルースもまたピエトロへの想いが膨らんでいくことに思い悩んでいました。しかしそれはジーノへの想いとは関係なく,ピエトロが負っている心の傷をどのようにして癒やしてあげられるだろうかということからでした。やがて,ルースは勇気をもってピエトロに立ち向かいます。
才能と美貌を持ちながら,そのことに気づきもしない自然体のルースがとても素敵な女性です。伯爵という身分ながら街中の人から好かれる好人物のピエトロ。この二人が出会い,そして想いを寄せ合っていく過程がとても暖かく,癒やされる傑作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

花嫁には赤いドレスを [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO754
花嫁には赤いドレスを And the Bride Wore Red
( Escape Around the World 4 ) 2009」
ルーシー・ゴードン 南 和子





 傷心の思いで北京に英語教師としてやってきたオリビアは,担当する児童が木登りから降りられなくなっているのを見つけ,助けにはしごを伝って行く。しかし降りる途中ではしごが木から外れ,二人で地面に落下してしまう。たいした怪我ではなかったが念のため医師の診断を受ける。この時出会った医師ラング・ミッチェルがオリビアには運命の人になってしまう。という設定で書かれた物語です。中国の始皇帝時代の伝説と二人の愛の姿を重ね合わせ,中国の大家族との交流や上昇志向の医師の生き方,そして両親から裏切られイギリスの叔母しか頼る人のいないヒロインの心情の変化を巧みに描いた作品となっています。イギリスの叔母との交信がパソコンのチャットであったりする点は現代を象徴し,二人が旅行する兵馬俑の見学,長江下りの船旅で登場する劇とミッチェルの4000年前の先祖の伝説など歴史的な中国とを対比するなど工夫を凝らした作品です。チャイナドレス姿のオリビアの美しさの描写がもう少し具体だとリアルさが増したように思います。また,中国名がカタカナ表記されていてどうしてもイメージが沸かないものになってしまっているので,翻訳段階で漢字表記が欲しかったと思います。ラングが上昇志向と折り合いをつけ,病気のオリビアの叔母の元へ行くことを決意する場面は,静かなトーンながら,二人の愛の強さをじわっと感じさせ,感動する場面です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

王位をかけた恋(ロイヤル・オブ・ラブ) [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO753
王位をかけた恋 Princess Dottie 2002」
ルーシー・ゴードン 中野 恵




MIRA-LG-01-01
11.04/¥820/509p

N-0985
03.11/¥670/220p


 ロンドンの裏町の名前ばかりが立派なホテル「グランドホテル」でウエイトレスをしているドティは,恋人マイクとの結婚を間近にしていた。そんなある夜,場末のホテルにはふさわしくない立派な紳士がやってくる。彼こそエルリア国(ヨーロッパのドイツ語圏の資源の豊かな架空の国)の王位継承者,プリンス・ランドルフだった。しかし,ランドルフの王位継承権に疑義が生じ,このままでいくと欲深い隣国の大公ハロルドに王位が移ってしまいかねない。王室の必死な調査によりドティことドロテア・ヘブデンが直系の王位継承権を持つ人として浮かび上がってきた。ランドルフはドロテアが王位継承者としてふさわしいか,本人であるかを確認するためにロンドンにやってきたのだった。ランドルフは初めは理由を告げずにドティを観察しつつ声を掛ける。しかし,その時すでにランドルフの心の中にドティは忍び込むことになってしまうのだった。何度か会ううちにドティの性格の明るさ,必要な時には他人を従わせることのできる毅然とした態度をとることができるなどの美点を確認し,ランドルフはドティとマイクがエルリア観光局のキャンペーンの一環と偽って二人をエルリアの王室専用機に乗せてしまう。ジェット機の中でランドルフはドティに真実を告げ,迷っているドティを,どんどん女王としてエルリアに降り立たざるをえない状況に追い詰めていく。ドティもある程度の役割を果たせばイギリスに帰れるという気持ちになり,ランドルフの要求を承諾するのだが,その気持ちの背景にはランドルフとちょっとだけキスを交わしたことが忘れられないということがあった。
 ドティに婚約者のマイクがいたように,ランドルフにも婚約者の女伯爵ゾフィー・ベッケンドルフがいた。小柄なドティに対してゾフィーは長身で美人,王妃になるべく氏育てられた生粋の貴族だった。ドティが王位を継承することに納得できないゾフィーは,エルリアの宿敵ハロルド大公と企てをし,正当な王位継承権がないことを証明しようとする。ランドルフが国王になれないことに強い申し訳なさを感じていたドティは戴冠式当日まで気持ちが晴れなかった。そして,戴冠式の場でハロルドとゾフィーが企てた驚くべき逆転劇。さらに逆転劇が用意され,めでたしめでたしとなるのだが,この最後の盛り上がりがすごい。
普通の人と普通の結婚をして普通の幸せを得ようと思っていたドティが,ジェットコースターに乗せられたように,次々に王室での出来事に出会い,戸惑いながらも持ち前の明るさと賢明さを発揮してエルリアの国民に愛され,さらにランドルフの愛をも手に入れていくビルドゥングスロマン。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビンテージ・ラブ [ルーシー・ゴードン]

SHALOCKMEMO652
ビンテージ・ラブ For His Little Girl 2000」
ルーシー・ゴードン 竹内 喜





 ロンドンの下宿宿の料理人を勤めるフィリッパ(ピパ)・デイヴィスは娘のジョシーとともにカリフォルニアを訪れるところから物語は始まります。すでにピパの心臓は危険な状態であり頻繁に頭痛を感じていたが,ジョシーの父親に自分が動けるうちに逢わせておきたいという強い気持ちから思い切って渡米したのでした。下宿で二人を囲む人々はピパと父親のいないジョシーにみんなで関わっており,二人が訪れる先が二人を捨てた身勝手な男性であると思い,出発に反対したのでした。
 二人が訪ねたのはすでにカリフォルニアで数店のレストランを出店し,テレビの料理番組をも担当している人気シェフ,ルーク・ダントンでしたが,ルークがロンドン滞在時代,ピパとは互いに愛し合い,娘のジョシーが生まれたことも,娘の養育費も,毎年の誕生日やクリスマスの誕生日にもプレゼントやカードを贈っていたものの,一度もイギリスを訪れることがなかったのです。しかも,二人がルークの元を訪ねたときには,部屋には絶世の美女がいるという間の悪い状況でした。にもかかわらず,ルークはジョシーに深い愛情を示し,ジョシーもパパを誇りに思っていることを隠そうともしません,そんな二人の関係に自分の病気を隠してルークを訪ねたことに後ろめたい気持ちをもつピパは,ルークに本当のことを言えないうちに,何週間かルークの家に滞在してしまいます。10年以上たってピパとジョシーと3人での生活を始めたルークは改めて二人に深い愛情を感じていることに気付き,ピパに気持ちを伝えようとした矢先,ピパは倒れてしまいます。
 自分を置いていってしまった父親のルークに文句ひとつ言わずに誇りとあふれんばかりの愛情を示すジョシーの健気さが感動的です。さらには軽口を言い合いながらもなかなか本当の気持ちを素直に表せないピパとルークのすれ違いにやきもきしながら,ちょっと長めの物語を楽しめる1冊です。原題のとおり,小さな女の子はジョシーを表しているのでしょうが,ピパもまたルークにとっては小さな女の子だったので,原題は二重の意味をもっているように思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ルーシー・ゴードン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。