So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ロビン・ドナルド ブログトップ

珊瑚礁の愛人 [ロビン・ドナルド]

SHALOCKMEMO824
珊瑚礁の愛人 Island of Secrets 2013」
ロビン・ドナルド 柿沼摩耶





南太平洋の島ロチュメア島で化粧品の製造・販売会社を経営しているジョアンナ(ジョー)・フォアマンの元を訪れたのは,巨大企業の経営者ルーク・マカリスターでした。ジョーが世話をしていたトムが亡くなったため,その遺産の整理にきたものだと思いました。トムの家を追い出されるだろうと思い,近くに部屋を借り,いつ追い出されても良いように準備していたところでした。会社の方は,トムからの融資もあり,少しずつ経営の安定化を図りつつありましたが,その借金を返すほどではありませんでした。しかも,島にしかない貴重な原材料で作られた化粧品なので,原材料の持ち主である島の族長たちに,メジャーな化粧品会社から買い取りの打診がきていたのです。島の人々の生活や製造に携わっている雇い人たちの生活が,島外の会社によって危機にさらされてしまうかもしれないという危惧がジョーを不安にさせるのでした。幸いなことに族長たちは島外の会社の打診にはまだ結論を出していません。しかし,メジャーに勝つためにはさらに資金を投入しなければならなくなるかもしれず,トムが亡くなった今,そんな資金を調達する道は考えられません。そんなときにルークがやってきて,ジョーの不安はますます大きくなるのでした。
巨大企業の経営者らしからず,ルークはたくましい姿とカリスマチックな威厳に満ちた男性でした。そんなルークにひとかたならぬ魅力を感じ,その気持ちを表情に表さないように必死に自分に言い聞かせるジョー。しかし,弁護士から聞いた話はジョーの想像をはるかに超える内容でした。ルークと半年間一緒に生活すれば,トムの遺産の半分が自分のものになるという内容だったからです。嫌いだから避けるのではなく,惹かれるから避ける。そんな気持ちを持たざるを得なくなるようなルークの存在。ジョーの葛藤はそれに留まりませんでした。ルークは自分をトムの愛人ではなかったかと疑い,そのことを言葉の端端に挟んでいたからです。
弁護士の提案を受け入れ,ルークとの生活が始まったジョーに対し,ルークもまた,惹かれるものを感じ始めました。トムとの関係を疑ってはいたものの,化粧品開発に賭けるジョーの熱意や,島の人々のためにその会社経営を維持しようとしていることなど,ジョーの人柄を信用し始めたからです。ニュージーランドでのチャリチューパーティーに同伴して欲しいと頼んだのも,化粧品会社の販路拡大のための人脈作りに役立つだろうと考えたからです。島をサイクロンが襲い,被害が出ました。暴風雨の中,出かけていくルークを心配するジョー。その時すでに二人の心は結び合われていたようです。そして,メジャーの条件よりもさらに高額の交渉金が新たな企業から示され,ふたたび族長たちの話し合いが始まります。そして,その企業がどこなのかは謎のままなのでした。島に戻ったジョーがある族長から聞いたトムが残した書類を探し当てたジョーは,さらに驚愕な事実に晒されます。ジョーが実は・・・。しかもその事実がマスコミに知られることになります。その時,ルークがジョーに結婚を申し込むのでした。タイミングとしては最悪!しかし,ルークがジョーに対して言った言葉は便宜的な結婚ではなく,「愛」という言葉はないものの,ジョーを信頼し共に過ごしたいという熱意にあふれたものでした。愛のある結婚,生涯を共にする誓いに基づいた結婚を夢見るジョーと,愛を知らずに育ったために確信を持って愛を告げることの出来ないルークの二人の関係は・・・。
ココナッツの実が落ちてきて命を落としたトムに代表されるように,南国らしさが満載の明るく暖かですてきな物語です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

炎のドレスの誘惑 [ロビン・ドナルド]

SHALOCKMEMO742
炎のドレスの誘惑 Innocent Mistress, Royal Wife 2008」
ロビン・ドナルド 森島小百合





インド洋に浮かぶ島国モラーツの君主ラフィーク・ド・クートヴェイユはニュージーランドからやってきた女性レクシーに監視をつけていた。宿敵ガスターの伯爵の麻薬密輸ルートを探っているうちに彼女の名前が出てきたからだ。しかもレクシーの父親は悪名高い麻薬密輸組織のボス。ラフィークは内情を探るためにレクシーを誘惑しようとする。そんなこととは知らないレクシーはガスターノ伯爵の誘いをいやがってパーティー会場を逃れたところ,ラフィークに助けられ,一目惚れしてしまう。ラフィークの思惑には全く気づかずに。
やがて二人は互いの存在を憎からず思うようになり,関係を深めていく。初めはレクシーを疑っていたラフィークだが,彼女に悪意は全くなく,パーティーの時に着ていた炎の色のドレス姿にすっかり魅せられてしまう。やがて,レクシーへの誘惑が思い通りに行かない伯爵は,ラフィークの名をかたってヘリコプターでレクシーを連れ去り,ラフィークを誘い出そうとする。銃を向けられたラフィークを救ったのはレクシーの機転を利かせた行動だった。しかし,「愛している」の一言を言えないラフィーク。自分の父親の存在からして,その一言を言われないだろうと考えていたレクシー。やがて傷心のレクシーはニュージーランドに帰っていく。二人のそれからは・・・。
ロビン・ドナルドらしい官能的な表現が本書の魅力。しかし,レクシーの純粋さにこそ本書の魅力がある。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

愛と気づくまで [ロビン・ドナルド]

SHALOCKMEMO739
愛と気づくまで The Virgin and His Majesty 2009」
ロビン・ドナルド 森島小百合





18歳の時ロージーことローズマリー・マシューズは30歳のガード・クリサンダー・ギランとキスをして,彼に対するあこがれの気持ちを強く持つ。その後,ガードはカラシア公国の大公となり,ロージーからは遠い存在となってしまう。ガードの兄ケルトとハニ夫妻の互いに愛し合う気持ちを持つカップルを見ては,うらやましさの募るロージーだったが,大公の戴冠式とそれに続く舞踏会に参加したロージーは,再びガードに出会う。一方のガードは,ロージーがケルトと親しいことをロージーの恋心だと勘違いし,ロージーに冷たく当たるようにしていた。ロージーのケルトへの気持ちは兄や父親への気持ちと同じであり,恋心では全くなかったのだが。
カラシア公国では,長男が跡を継ぐと国に不幸なことが続き,次男が継ぐと平和な日々が訪れるという言い伝えがあり,これを信仰する山岳地帯の民衆は,ガードが大公位を継ぐことに大きな賛意を持っていた。ガードの妻となることは大公妃となることであり,ロージーにとっては,大きな負担となることになる。さらに,ガードの傍には花嫁候補のプリンセス・セリーナがティアラを燦然と煌めかせて控えている。舞踏会の後,ロージーはガードに誘われて食事をするが,このときロージーの心にはあきらめの気持ちと期待感が複雑に絡み合っていた。二人の関係は次第に進み,互いの気持ちが近づいたように見えたが,ガードが自分を愛するはずがないと思っているロージーと,ロージーがケルトに恋心を抱いていると思っているガードは,互いに「愛している」の一言を打ち明けられずにいる。やがて,ロージーが妊娠の兆候が出てきて,ガードはロージーに求婚するが,それでも「愛」言葉はガードの口からは出てこない。まもなく妊娠はしていないことがわかるが,それでも求婚を求め続けるガードにロージーは「なぜ」の疑問をぶつける。都合のいい結婚ということでは納得できないロージー。ガードの口からいつ本当の気持ちが聞けるのだろうか。
かつて,自分の親たちの結婚生活の失敗や大公としての国に対する責任の重さなどから,なかなか自分の素直な気持ちを互いに言えない二人にやきもきされられつつ,最後まで読み切ってしまう良作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

愛を捨てる理由 [ロビン・ドナルド]

SHALOCKMEMO727
愛を捨てる理由 Rich, Ruthless and Secretly Royal 2009」
ロビン・ドナルド 森島小百合





ニュージーランドの作家ロビン・ドナルドのロイヤル・ラブロマンス。インド洋の島国モラーツの王女,ハニ・ド・クートヴェイユは18歳の時若気の過ちから,麻薬密売業者フェリペ・ガスターノの誘惑に乗り,麻薬中毒スキャンダルを起こしてしまう。君主である兄ラフィークに迷惑をかけたくないという思いから自殺を図るが,漁師夫婦に救われ,逃げるようにニュージーランドの島で身を潜め,ハンナ・コートと名前を変え,身分を明かさずに教師の職を得て静かに暮らしている。しかし熱病にかかった持病を持ち、時々発作に襲われる。農場主ケルト・クリサンダー・ギランに出会ったときも丁度発作が起こり始めたところだった。ケルトの看病で熱病は翌朝治まったが,ケルトは気にかかるハンナの熱病が完全に治っていないことを理由に,ハンナを休暇を取らせ,涼しいニュージーランドの自分の離れに住まわせることにする。ケルトの家と離れとの間を行ったり来たりしている間にハンナが何か秘密を抱え,心を開こうとしていないことに気づいたケルトは慎重にハンナのことを知ろうとする。始めはケルトの優しさに戸惑っていたハンナだが,その魅力に惹かれはしたもののフェリペから受けた恐怖を乗り越えることはできないでいた。徐々に二人の距離は縮まっていくが,関係は深まらないままだった。ケルトの妹ロージーは爆弾娘のようにエネルギッシュで,パーティーにハンナを特別ゲストとして呼びたいと計画する。しかし招待客リストの中にフェリペの友人で自分を知る人物の名前を見つけ断ろうとする。勇気を出してインターネットでその人物の現在の様子を知ろうとしたとき,フェリペがすでに死亡していることが分かり、やっと自分の人生を歩んでもいいと思うようになる。ますますケルトに惹かれていく自分の気持ちを正直に伝えるハンナ。しかし兄に迷惑をかけることになることを怖れ,身分は明かさずにいる。しばらく島を離れるというケルト。10日後戻ってきたケルトは自分が大公の弟であり,反乱の鎮圧に協力してきた旨をハンナに伝える。モラーツとの関係もある大公の弟であるケルトとこれ以上関係を深めることはできないと考えたハンナは密かに去ろうと決意する。しかし世話をしてもらった礼を直接言いたいと思い,ケルトと話をする中でケルトが自分との結婚を考えていることを知る。なぜ自分が去らなければならないかを打ち明けざるをえなくなり身分を明かしたハンナにケルトはモラーツで兄に会うことを提案する。過去に囚われずに未来を築いていきたいと決意したハンナはケルトともにモラーツの兄の元を訪れる。
ハンナが過去のしがらみを少しずつ克服していき,ニュージーランドで癒やされていく過程が丁寧に描かれ,王室そのものはほとんど登場しないが,プリンセスとしてのハンナ(ハニ)の魅力が十分に描かれている良作。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

王女の運命 [ロビン・ドナルド]

SHALOCKMEMO445
王女の運命 The Prince's Forbidden Virgin 2007 (Royal House of Niroli)」
ロビン・ドナルド 原 淳子





 地中海の架空の島ニローリ王国の王位継承にまつわる独得な家訓,ニローリ・ルールズをめぐる連作ロマンス・シリーズ。
 この作品は,ニローリの王位継承候補第一順位の王子マックスと,マックスのいとこの王女で,ニュージーランドでブドウの罹る病気を研究していたローザとのロマンスを描いた作品。いとこ同士の結婚は,王位継承権を失うというニローリの家訓と,成長した,従姉妹の女性ローザへの思いがつのっていくマックスの胸中の葛藤が徐々に高まっていきます。
 ブドウの罹る病気「露菌病」はべと病とも呼ばれ,「藻菌類のカビの寄生によって生じる、キュウリ・ブドウなどの病害。葉に褐色または灰色のカビが生じて全体に広がり,病葉はべとべとになって枯れる」という病気で,対策として,この病気に罹ったブドウの木を根こそぎ引き抜き,さらに,周囲の木も焼いてしまわないとさらに病気が広がるという恐ろしい病気。この露菌病対策の研究をしていたローザが,ニローリに呼び戻され,マックスとともに対策に乗り出します。ローザは16歳のころ,マックスに夢中になりますが,10歳も年上のマックスに相手にされず,「かわいいおちびさん」としてしか見られなかったことから,ニュージーランドに逃げ出していたのでした。
 作者のロビン・ドナルドはニュージーランドのロマンス作家。本作品では,それほどニュージーランドが舞台になることはありませんが,地中海にあるニローリとニュージーランドでは,気候も風物もかなり異なると思われましたが,ワイン造りという共通点もあるようです。
 さて,ニローリの王位継承者は誰に? というこのシリーズの最大の謎と,登場する男女の素敵なロマンス。王室内の男女のロマンスということで,ハッピーエンドに終わるのかと思いきや,もっとも有力な王位継承者候補のマックスに隠された出生の秘密が明かされるところから,ストーリーは思わぬ展開を見せます。マックスの本当の祖父ジョヴァンニと,現国王妃との昔日のロマンスがマスコミに漏れ,とんでもないスキャンダルが発覚します。それを二人はどう乗り切るのか? また,ニローリのブドウ園を襲う露菌病は果たして収まるのか? そんな複数の問題が読者の興味を持続させ,終末へとなだれ込み,二人のロマンスを彩っていく,極上のワインのようなストーリーです。
 原題の「forbidden virgin (禁じられた処女)」は,もちろんローザ王女を示すのでしょうが,ついに想いを遂げていくローザの心情に愛らしさを感じるのは斜麓駆だけではないでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ロビン・ドナルド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。