So-net無料ブログ作成
メイシー・イエーツ ブログトップ
- | 次の10件

シークに娶られて [メイシー・イエーツ]

SHALOCKMEMO716
シークに娶られて Heir to a Desert Legacy 2013」
メイシー・イエーツ 槇 由子





大学院生から科学者,研究者になりたいと強く望んでいたクロエ・ジェームズ。しかし彼女にはアタール国の後継者アデン・アル・カダールを,異母姉タマラの代理母として出産したという現実があった。そのクロエとアデンの許を,アタール国の摂政で故ラシッドの後の暫定シークとして務めるサイードが訪れる。身を隠すように暮らしていたクロエに,後継者アデンの安全と国民の希望を叶えるためアタール国へ連れて行こうとする。クロエは代理母に過ぎずアデンが連れ去られることには文句が言えない立場であったが,出産後ラシッド,タマラのシーク夫妻が亡くなってしまった今,アデンを母親として愛することができるのは自分しかいない,という思いから,研究生活を途中で投げ出してもアデンとともにアタール国に赴くことを決意する。

生まれたときから王弟として自らが王位に就くことを想定していなかったサイード。後継者アデンが16歳になるまでの暫定的なシークの座であり,アデンの安全を守ることにすべての精力をつぎ込むことが運命と信じて生きてきたサイード。戦士として,すべての感情を捨て,自分の務めを果たすことだけを期待され,そのように教育も訓練も受けてきたサイード。そのサイードの冷たい態度と言葉にクロエは反発を感じ,アデンを愛情深く育てるのは,自分しかいないと思いを強くする。しかし,一方,男性的なサイードの魅力も感じつつあった。宮殿での生活のなかで,次第に接触が増えてくるクロエとサイード。互いに惹かれあっているものの,クロエがアタールに残る期間は1カ月しかない。アデンから離れがたく,サイードの魅力にも気づいたクロエは滞在期間を延ばすことを提案するが,その方法をサイードは自分との結婚という形で果たそうとする。しかも,あくまで契約上の夫婦として。そして,クロエにもサイードにも過去につらい体験があり,その過去を互いに知ることにより,二人の関係は急速に深まっていく。

ストーリーとしてはあまり特別なものはないが,クロエ,サイードの二人の過去と心の動き,そして二人の取った行動が詳しく描かれ,舞台を見ているような感覚にさせてくれる作品。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

金の砂漠と白い雪 [メイシー・イエーツ]

SHALOCKMEMO715
金の砂漠と白い雪 Hajar's Hidden Legacy 2012」
メイシー・イエーツ 馬場あき子





ハジャール国のシーク,ザーヒル・サアドゥッディーンは,数年前に一族が襲撃された事件で,王族として唯一生き残ったが,顔や全身に深い傷を負い,野獣と呼ばれるようになってしまう。フィアンセのアマーラは,ザーヒルの変わり果てた姿に耐えられず,ザーヒルのもとを去ってしまう。自分だけが生き残ってしまったという罪悪感と,人を愛する心を失ってしまったザーヒル。そのザーヒルのもとに,オストリッヒ国の王女カタリーナ・ラウフが訪れる。砂漠の国のシークと北国オストリッヒの王女カタリーナ。この二人は両国で交わされた協定をもとに,婚約し,結婚する状況にあった。光のようにまばゆい美貌と男勝りの強い気質を持つカタリーナ。野獣と呼ばれ,国事を宮殿のなかでひたすらこなし,人目を避けて暮らしているザーヒル。二人にはこの結婚がたがいの国の状況に有利になるという,ロイヤルファミリーとしての義務感から出会うことになる。もともとカタリーナはザーヒルの兄である故マリクとの婚約が予定されていた。しかし亡きマリクとカタリーナは深く付き合ったわけではなく,愛してもいなかった。ザーヒルと出会ったカタリーナは,ザーヒルが顔の傷だけでなく,心に深い傷を負っていることに気づく。傷を負ってもなお,カタリーナはザーヒルに魅力を感じ,他の人がザーヒルの顔をまともに見ようとしないのに対して,ザーヒルから視線を外すことなく,二人の結婚が両国に大きな利益をもたらすことを真剣に説得する。

宮殿のなかでの会話や,互いのことを少しずつ知り合うにつれ,ザーヒルはカタリーナから勇気を得て,宮殿外で人前でもパニックを起こすことなく過ごすことができるようになる。やがて,オストリッヒ国での二人の結婚式。式の前に国王である父とザーヒルとの対面の場で座をはずすように父から言われ,深い絶望を感じたカタリーナを,今度はザーヒルが慰め,結婚式でも大勢の人の前でもザーヒルはただカタリーナだけを心のよりどころとして無事に式を挙げることができた。砂漠の国に戻った二人。しかし,悪夢を見なくなったザーヒルとは逆に,カタリーナは悪い夢を見たと告げる。自分がカタリーナを愛していることに気づいたザーヒルは,このままでは,光のような存在のカタリーナが以前の自分のように悪夢にさいなまれることを恐れ,オストリッヒに帰るよう言葉荒く突き放す。3日後,もうカタリーナが帰ったであろうと予想して部屋に行ったザーヒルが目にしたのは,3日前と同じように部屋で過ごしているカタリーナの姿であった。カタリーナの悪夢がザーヒルを失うことであったことを聞いたザーヒルの口からでたのは,カタリーナへの愛の言葉であった。

美女と野獣を下敷きにしたメイシー・イエーツの作品。二人の心の交流がほとんどの部分を占め,大きな事件が起こるわけではないが,深い感動を呼ぶ作品。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
- | 次の10件 メイシー・イエーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。