So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
キンバリー・ローガン ブログトップ

心の秘密を盗まれて [キンバリー・ローガン]

SHALOCKMEMO527
心の秘密を盗まれて A Kiss Before Dawn 2005」
キンバリー・ローガン 颯田あきら





「口づけは暗闇の中で」の続編で,第五代エリントン伯爵トリスタン・ナイトの妹,エミリー・ナイトと,路上生活少年たちの一団,ラグ・タグ団のリーダーだったピーターがヒロイン・ヒーローです。
前作からさらに数年後,ラグ・タグ団の少年たちは,オックスフォードシャーのウィロウ・パークで生活し,それぞれひとかどの人物になるために,愛情にあふれた生活を送っていました。リーダーのピーターはロンドンでボウ・ストリートの捕り手としての職を得て,若き売り出し中の捕り手として活躍しています。
オックスフォードシャーのエリントン伯爵の領地の近隣では最近貴族の館ばかりを狙う盗賊「オクスフォードシャーの怪盗」が暗躍し,貴重な宝石などが次々に奪われるという事件が頻発していましたが,当地の治安判事はウィロウ・パークの少年たちが,かつてスリや犯罪に手を染めていた貧しい出身の子供たちだったことから,少年たちの仕業であると決めつけ,事件の解決には進展がありませんでした。そこでトリスタンはボウ・ストリートの捕り手として活躍中のピーターを説得し,事件解決のために領地のナイトヘイヴンにつれてくるのです。
「オクスフォードシャーの怪盗」の正体は,実はエミリーと2人の仲間だったのですが,プロローグでそれは明かされており,そこにはミステリーはないのですが,そのことにピーターがいつ気づくのか,また,最近様子がおかしいといわれているかつての仲間ベンジー(あの前作では最年少の少年),そしてラグ・タグ団を追い出され,不気味な捨て台詞で行方をくらましたジャック,さらに,本作で登場するエミリーに思いを寄せる貴族の子息アダムなどが入り乱れて,複雑な人間模様が示されます。
しかし,中心となるエミリーとピーターの関係はついたり離れたりしながらも,二人の気持ちがときどきすれ違うと,読者はやきもきさせられながらも,ストーリーはあくまで二人の関係を太い柱として進行し,大団円を迎えます。

続きを読む


口づけは暗闇の中で [キンバリー・ローガン]

SHALOCKMEMO526
口づけは暗闇の中で A Kiss in the Dark 2005」
キンバリー・ローガン 颯田あきら





キンバリー・ローガンの邦訳第1作。
19世紀初頭のロンドン。エリントン伯爵トリスタン・ナイトは,8年前に目前で母を殺されるという場面に遭遇する。父親には愛情を感じていなかったが,母には深い信頼と愛情を感じていた。その母を助けることができなかったという負い目もあり,父と喧嘩して家を飛び出し,放浪と放蕩の生活を送る。その父も亡くなり伯爵家を継いだトリスタンだが,年頃になった妹エミリーに対して,どのように接したらいいかわからない。そんな兄と口げんかして,エミリーは家出してしまう。ロンドンの貧民街に迷い込んだという情報を元に,トリスタンは貴族未亡人のロザビィ子爵夫人ディアドリを訪ねる。とかくの噂のあった美貌の未亡人に,トリスタンは心が惹かれるが,エミリーの探索に気持ちを集中するため,自分の心に弁解をしながら,ディアドリの手を借りて捜索に乗り出す。
一方エミリーは,貧民街で偶然殺人現場を目撃してしまい,犯人一味に追われるが,貧民街で暮らす路上生活少年たちの一団,ラグ・タグ団のリーダー,ピーターに助けられ,その隠れ家で自分の居場所を見つける。
ピーターとエミリーもやがて互いのやさしさと思いやりある態度を認め合い,惹かれあうが,互いの抱えている素性などの問題点がぶつかりあい,なかなか素直になれない。
さて,ディアドリの助言でエミリー捜索を進めるトリスタンだが,これまでにない存在として意識し,信頼できる女性だと思ったところで,重大な裏切り行為を受け,ついにディアドリの秘密を知ってしまう。
エミリーとトリスタンは出会うことができるのか。二人の母を殺した犯人は誰なのか。ディアドリとトリスタン,エミリーとピーターの二組の関係は・・・といろいろな関係が次第に絡み合い,やがて急展開を迎えるサスペンス色とロマンス色満載の傑作です。

続きを読む


キンバリー・ローガン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。