So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ハーレクイン・スポットライト・プラス ブログトップ

ホテル・インフェルノ [ハーレクイン・スポットライト・プラス]

SHALOCKMEMO436
ホテル・インフェルノ Raintree : Inferno 2007」
リンダ・ハワード Linda Howard 氏家真智子



[bk1][7&Y][Amazon]





久々のリンダ・ハワードです。SHALOCKMEMO=KISEKIでは,2006年8月8日読了の「未来からの恋人」以来ですから,実に2年ぶり。「200年たっても,人間の有り様はそう大きな変化はないのだということを繰り返し,しかも二つの時代の比較の中で語られる。200年後があたかも200年前のように示されているところが,とても興味深い」と,この作品を評しましたが,この「ホテル・インフェルノ」も,サイキック(超能力者とでも訳すのでしょうか)の一族が対抗するという非現実的な三部作(光と闇の覇者)の一作目をリンダ・ハワードが描いたということで,かなりSF色の強い作品になっています。
シリーズ名の「光と闇」を象徴するのが,正義の一族「レイントリー一族」と悪の一族「アンサラ一族」。両者とも寿命が何百年もある人たちが1000年以上反目し合い,200年前に一度大きな戦いをし,レイントリー側が勝利したものの,アンサラ一族の一部は生き残り,現代,アンサラ一族が再びレイントリー一族を攻撃してきたという設定です。
ヒロインは自らの能力をコントロールできない,どちらの一族にも属さない女性(はぐれ者というのだそうですが),ローナ・クレイ。ローナはアローンのアナグラムかもしれませんね。彼女の能力は数字に強いことと先読みができること。9.11のビルにつっこむジェット機の機体ナンバーが見えたというのですから,かなり広範囲でリスクを感じる感受性の強さを持っているということでしょうか。タイトルの「ホテル・インフェルノ」はヒーローでレイントリー一族の長,ダンテ・レイントリー。かなり傲慢で読者諸氏の中にはローナに感情移入するあまり嫌いになる人もあるかというぐらいの傲慢さ。しかし,孤独のうちに育ったローナにしてみれば,結局は,心の底では自分を守ってくれる頼れる男ということなのでしょう。特に際だった美女ではないローナのダンテに対する反抗心が,かえってダンテの保護本能と欲望を刺激したようです。火をあやつるダンテの経営するカジノがアンサラ一族によって火に包まれるという皮肉な幕開けと,ビルの階段で避難する人々が互いに助け合って1階まで降りていく様子は,まさに9.11の報道に着目したリンダ・ハワードの心の動きが見られます。


ケリダ,わが愛 [ハーレクイン・スポットライト・プラス]

SHALOCKMEMO424
ケリダ,わが愛 Ramirez's Woman 2005」
ビバリー・バートン Beverly Barton beverlybarton.com 木内重子



[bk1][7&Y][Amazon]





SHALOCKMEMO=KISEKIは読了本を作者別に並べたページ。このページにない作家の本は読了したことがないことになるのだが,ビバリー・バートンのページがないことには,驚いた。また,「狼たちの休息」についても,数冊持ってはいるが,シリーズ22作目,こんなにも長期のシリーズになるものとは思っていなかった。
中米の小国モコリトは大統領選挙に立候補したミゲルは選挙運動中銃撃を受ける。選挙事務局長エミリオは,表面的には平然を装いながら,実質的にミゲルを保護するため,ボディガードをアメリカの民間セキュリティ企業に依頼することとした。
ダンディーエージェンシーのボディガード,ジェニファー・ジョイ・ブレア,通称JJがその役に選ばれ,ミゲルの婚約者としてモコリトにやってくる。
女性の権利侵害に敏感なジェニファーはミゲルの発言に突っかかる場面もあるが,弱者に対する暖かい気持ちに気づき,婚約者の役を自ら買って出て,ミゲルをガードしながら選挙でも応援していく。
ミゲルもジェニファーに惹かれていることに気づき,ミゲルの身代わりに銃撃をうけたジェニファーの病室につきっきりになる。
身内に対立候補側のスパイがいることは確実。でも,それは誰か。最後まで,サスペンスが高まる佳作。


ハーレクイン・スポットライト・プラス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。