So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ダイアナ・パーマー ブログトップ

ボスに囚われて [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO1439
ボスに囚われて Bound by a Promise 1979」
ダイアナ・パーマー 山野紗織




D-1756
17.05/¥720/156p

HR-249
09.11/¥600/155p
D-1080
05.04/¥641/155p


 原題は「約束に縛られて」
 ヒロイン:キャサリン(ケイト)・サマーズ(22歳)/作家の秘書,小規模牧場の娘/淡い茶色の瞳,シルバーブロンドの髪/
 ヒーロー:ギャレット・ケンブリッジ(40歳)/航空機メーカー経営者/黒髪,緑色の瞳,浅黒い顔/
 ジョージア州ラニア湖アイランドリゾート。精肉業者の俗物母子の息子ジェシーに家庭の経済的な理由で傷つけられて,傷心を癒やすために作家のモード・ニコルの秘書としてテキサスから湖畔にやって来たケイトですが,そこを傲慢な男性ギャレットに追い払われ,逆に気分が落ち込みます。戸外で気分を晴らそうとモードのクルーザーで湖を疾走していたとき,泳いでいたギャレットにぶつかってしまいます。オロオロしている間にギャレットは岸に上がったのでホッとしていたところ,ギャレットは頭部に裂傷を負い視神経をやられて失明寸前に怪我を負ってしまうのでした。犯人はわたしだと告白するまもなく,見えないギャレットはケイトを別の女性だと思い込み,ギャレットの別荘で暮らすことになってしまいます。不思議な偶然から出会った二人は,やがて互いに惹かれ合うのですが・・・。ギャレットは自分の視力を奪った女性を恨んで頭痛と憎しみに夜も眠れず,またケイトもギャレットに真実を告げる勇気がなく罪悪感で眠れない日が続くという,二人にとって苦しい,しかしそれを表に出さない穏やかな日々が続きます。二人は小アンティル諸島のセント・マーティン島にバカンスに出かけ,視力を失って仕事が手につかないギャレットは反省を執筆する代書をケイトに頼みます。しかし次第にギャレットの病状は悪化し,再び激しい頭痛で倒れてしまいます。病院についていこうとしたケイトはギャレットの執事のヤマに,別荘に戻っていてくれと頼まれ,ギャレットの愛犬ハンターを連れて本土に戻るのでした。ギャレットにはアンナ・サットンという美貌の,しかし心の冷たい,お金にしか興味のない金髪女性がいました。自分にはないセレブなアンナの存在に嫉妬し,ギャレットを愛してしまった自分に気づくケイト。「やはり彼は別世界の住人だ。普通の人間が馴染むことなどできない権力と成功と美の世界の住人だ」「テキサスの小牧場主の娘など,勿論馴染めるはずがない。」「目が見えれば,彼だって,わたしのことなど振り返るはずがないわ。」そして2週間後。別荘がノックされてハンターが吠えだしたのでドアを開けてみると,そこにはギャレットが立っており,ケイトの顔を見るなり「お前!」と憎悪がにじんだ声を発したのでした。ギャレットの視力は戻っていたのです。もはや自分は憎悪の対象でしかない。でもギャレットの視力が戻って良かった。彼への愛を諦めるしかないケイトは悲嘆のうちにモードの別荘に逃げ帰るのでした。さて二人のその後は・・・。
 ダイアナ・パーマーお得意の年の差カップルで傲慢な男性と初心な娘という構図はいつもどおりですが,本作では愛するがゆえに苦しむことになる二人の心情が特に読者の心に迫ります。度重なる皮肉な偶然の出来事に翻弄され,しかし愛する気持ちは止められない男女のストレートな心の内が見事に表現されたダイアナ・パーマーらしい作品です。本作はHQディザイア傑作選として復刊される作品ですが,今回HR版で読みました。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

彼女が大人になるまで [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO1199
彼女が大人になるまで Texas Born
( Long Tall Texan 42 ) 2014」
ダイアナ・パーマー 平江まゆみ





 原題は「テキサス生まれ」
 ヒロイン:ミシェル・ゴドフリー(17歳)/髪はブロンド,クリーム色の肌,グレーの瞳/新聞記者志望
 ヒーロー:ガブリエル・ブランドン(24歳)/傭兵/ミシェルの法定後見人
 初恋の人が運命の人,不幸な今があるからこそ幸福な未来がある,そんなメッセージを常に出し続けるダイアナ・パーマーの2014年の作品です。ハーレクイン・ディザイアの1700号記念号にも当たり,作家本人のメッセージも添えられています。ちょっと確認してみるとD-1600はアン・メイジャーの「かなわぬ恋にこの身を捧げ(2014.02),D-1500はダイアナ・パーマーの「涙のバージンロード(2012.01)」,D-1400はダイアナ・パーマーの「恋するアリス(2010.09)」,D-1300はダイアナ・パーマーの「幼さと戸惑いと(2009.05)」などなど,節目になるディザイア翻訳にはこの人をもってくるのが戦略となっているかのようです。最近のテキサスの恋シリーズには,現代の問題点であるテロ対策などが取り上げられ,ロマサス的な雰囲気も多くなってきていますが,実際の場面を描くのではなく,ヒーローの活動をヒロイン側から,つまりちょっと俯瞰的な視点から描くことで問題点にのめり込むのではなく巻き込まれ型的にかかわっていくというような方法がとられているように思います。今回この作品に触れたところから,改めて最近のダイアナ・パーマー作品を読んでみようと思い,何作かダウンロードしました。これまで紙媒体中心だったパーマー作品ですが,改めて電子版で集めてみようと思っています。さて,本作ですが・・・
 高名な医師だった父がガンで亡くなってしまい,継母に徹底的に虐められるようになってしまったミシェル。しかし,継母の行動がこの頃ちょっとおかしいのです。学校の帰りにアルバイトを求めて新聞社に寄ってきたミシェルはすっかり遅くなって帰宅します。予想どおり継母から夕食はまだかと頭ごなしに叱られますが,継母は具合が悪そうです。そして食事中ちょっと外に出ると言って玄関先で倒れてしまい,急いで救急車を呼びますが,救急車が到着したときには死亡を確認するだけでした。父親に続き継母をも失ってしまったミシェル。しかし三代にわたって地元に根付いてきたミシェルに教区牧師はじめ大勢の人が同情を寄せてくれます。最大の救いの手をさしのべてくれたのは隣人のガブリエル・ブランドンでした。ガブリエルはミシェルの法定後見人になってくれ,継母が付き合っていた悪い仲間からの報復があるかもしれないという理由で,カナダにいる妹を呼び寄せ,自分の屋敷に一緒に住むように取りはからってくれたのです。たんなる恩義を感じているだけでなく,14歳の時にすでに憧れを抱いていたガブリエルからの申し出に感謝するとともに,やがて高校を卒業して大人になったらガブリエルは自分を振り向いてくれるようになるかもしれないと期待もしています。ミシェルにとってガブリエルは謎の人でもありました。高価な車を所持し,数カ国語を操り,妹のサラともフランス語で話をします。しかしどこに勤めているのかは教えてくれません。やがて,高校を卒業し,大学での寮生活からルームメイトと共にアパートに移り,大学でジャーナリズムを専攻して優等の成績で卒業します。ガブリエルとサラは節目節目にミシェルにサプライズのプレゼントをくれたり成長を一緒に祝ってくれたりします。二人の支えを得て,ミシェルは大手の新聞社に勤めることになりました。そして,中東で起こったアメリカ人傭兵による村人虐殺事件を取材することになり,地元の新聞社の協力を得て誰の取材にも応じない傭兵学校のオーナーに取材を許可されます。そしてさらに事件を調べていき,スクープをものにするのですが,犯人が傭兵たちではないとする小さな証言を見逃してしまい間違った結論を導き出してしまうのでした。そして犯人とされていた傭兵たちの中にガブリエルがいることを知り衝撃を受けます。サラからも非難の電話があり,すっかりことの重大さに気落ちするミシェル。しかし公平に事実を告げなければならないという使命感で,テレビ番組で,実は傭兵たちはテロ組織に利用されただけだという証言を得ることが出来るのでした。やがて地元の元の家に落ち着いたミシェル。ガブリエルやサラからは連絡はなく,こちらからも連絡が出来ない状態が続きます。日曜日の教会の礼拝で牧師から帰ってきたことを喜ばれたものの,心は死んだままの状態でした。家に帰ったミシェルを,あの人が出迎えます・・・。
 ミシェルの成長,ガブリエルのミシェルを見守る我慢強さ,そして町の人たちの暖かい心遣いなど,どれをとってもハートウォーミングなダイアナ・パーマーらしい傑作です。一気読み間違いなし。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

パリの誘惑 [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO1001
パリの誘惑 The Best is Yet to Come 1991」
ダイアナ・パーマー 江美れい




HQB-656
15.05/¥670/204p

D-0456
92.04/¥602/156p


 文庫版の表紙でも分かるアイビー・マッケンジーのいかにも少女然とした顔立ち。妹と同学年のアイビーに対してライダー・キャラウェイは彼女の幼い頃からの知り合いであり,18歳になった彼女への密かな想いを断ち切ることが出来ませんでした。そして長期の不在の後彼女がすでに建設会社の従業員ベンと結婚していたのでした。
 カマトトと思えるほど純真で男性に対する知識がないアイビー。それを理解しないまま欲望のままに行動し,暴力まで振るうようになった夫に絶望していたアイビーですが,常に彼女の心の中に住み続けていたライダー。しかしベンの死後もライダーはアイビーがベンを愛し続けていると思い込んでいます。アイビーの心の中からベンを追い出せないうちはアイビーとの関係を深めることが出来ないという板挟みの中で苦しみ続けるライダーの行動の理由が,男性を知らないアイビーは理解できません。そのためますますライダーは苦しんでいくのですが・・・。何とかきっかけをつかもうと秘書としてアイビーを雇ったライダーはパリへの出張にアイビーを連れて行きます。会議でアイビーに声を掛けたフランス男性にきつい嫉妬を覚えて男性を追い払うライダーの態度に驚きを隠せないアイビー。でもその行動の意味にすら気づかない純なアイビーでした。それでも一緒に行動するうちに少しずつ互いの過去の経験を話すうちにアイビーが亡夫から暴力を振るわれ男性恐怖症になっていることも分かってきたライダーはとにかく優しく接することを心がけていきます。なんと我慢強い男性でしょう。この物語は少女が大人の女性として愛し愛されるに足る女性になるまでのダイアナ・パーマーの真骨頂と言える成長の物語です。


タグ:ディザイア
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

炎を消さないで [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO928
炎を消さないで September Morning 1982」
ダイアナ・パーマー 皆川孝子




D-1630
14.10/¥720/156p

D-0023
86.04/\473/174p


 大規模に繊維衣料業を営むブレイク・ハミルトンの家に養女として生活していたのはキャスリン・キルパトリックでした。ブレイクはキャサリンをケイトと呼び,小さい頃から後見人として彼女の面倒を見ていました。しかし過保護なほど世話を焼くと言うよりも男性とのつきあいを警戒したり何から何まで命じたりするブレイクから独立したいというのがキャスリンの願いでした。スイスの花嫁学校でレディとしての教育を受けてきたキャスリンですが,ハミルトン家に帰ってきてみると相変わらずブレイクの厳しい目が光っていて息苦しさを感じるキャスリンは,何かにつけてブレイクの命じることに反抗的な態度を取り,ブレイクの母のモードや弟のフィリップの心配をあおる始末です。やがて商売上の相手リーズ家のディックとその娘ヴィヴィアンがハミルトン家にやってきます。なにかにつけてブレイクの腕にぶら下がるようにつきまとうヴィヴィアンに嫉妬心を抱くキャスリン。キャスリンもまた以前知り合った作家のローレンス(ラリー)・ドナヴァンを家に招きブレイクに対抗しようとします。おりしも豪雨が降り,町から帰れなくなった二人が町に戻ってみるとホテルのレストランにはすでにブレイクがむっつりと座っていました。キャスリンを心配したブレイクがヘリでやってきていたのでした。その後一家とリーズ家の二人とともにカリブの島の別荘に渡った休暇の最中,キャスリンはブレイクへの思いを告白するのでしたが・・・。そして出張でハイチに飛んだブレイクの飛行機がハリケーンに巻き込まれて墜落したという連絡が入ります。いても立ってもいられず空港の駐機場で長時間待ち続けるキャスリン。そしてブレイクの無事の知らせが入り,空港に到着したとき二人が互いに思い合っていることを確認し合うのでした。まさにロマンス小説らしく,すれ違う二人の気持ちと少女から女性へと成長し,男性を愛することを知るキャスリンの成長譚,そしてハッピーエンドへと繋がるストーリー展開はダイアナ・パーマーらしい古典的な楽しみ満載の作品です。お勧めです。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

浜辺のビーナス [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO903
浜辺のビーナス Fire and Ice 1982」
ダイアナ・パーマー 小林ルミ子




D-1654
15.04/¥720/156p

D-0078
84.06/¥450/171p


 1984年6月に翻訳されたダイアナ・パーマーの作品の新装版です。「Fire and Ice」,「火と氷」,水と油では混じり合わないのでロマンス小説にはなり得ませんが火と氷ならあり得るかなぁという感じのタイトルですね。頑固でなかなか人の言うことを聞かないキャノン・ヴァン・ダイン。そして氷の乙女のごとく身持ちの堅いロマンス作家のマージー。バツイチで元夫からは自らの作品のような快感を得ることが出来ずに,どうしても体のつながりに二の足を踏んでいたマージーが,キャノンと出会って,ぶつかり合いながらやりとりしているうちに,すっかり愛してしまうという巻き込まれ型の作品で,ダイアナ・パーマーの作品としてはちょっと軽めの楽しめる作品でした。キャノンの弟とマージーの妹が結婚しようとしていて,キャノンが絶対的な権力を持つヴァン・ダイン家で二人の結婚を認めないという仕儀になった時,姉のマージーに助けを求めた妹。そしてロマンス作家であることを隠したままヴァン・ダイン家に乗り込む二人。キャノンとマージーのぶつかり合いの会話が面白く,それだけでも本作を読む醍醐味が味わえます。1982年の作品でありながらも全く古さを感じさせない,さすが大御所だなぁと思わせる新鮮さも魅力です。オススメの一作。


タグ:ディザイア
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ちぎれたハート [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO653
ちぎれたハート The Patient Nurse
( Man of the Month 54 ) 1997」
ダイアナ・パーマー 竹原 麗




HQB-417
12.01/¥650/206p

D-0761
98.09/¥641/156p


 新年最初はやはりダイアナ・パーマーで幕を開けたいものです。ダイアナ・パーマーは「Man of the Month」シリーズに2作品上梓していますが,本作と「Nelson's Brand」です。
 ヒロインのノリーン・ケンジントンは医学部に進めるほどの豊富な知識と患者に対する暖かい情熱をもっていますが,看護師の道を選び,看護師長として病院に勤務していますが,自ら心臓の弁に問題を抱え,それを周囲の人々には隠したままハードは夜勤勤務に耐えています。実は両親をすでに亡くし,引き取られた伯父伯母からは冷遇され,その娘でありノリーンにとっては従姉妹にあたるイサドラからも折に触れて意地悪をされていたのです。男性の目を引きつけずにはおられない美貌の持ち主であるイサドラですが,実は狭量で自分以外の人や物に愛情を感じることのできないわがままな娘だったのですが,伯父伯母はイサドラとノリーンを比較し,イサドラに対する甘やかしとノリーンに対する冷遇を続けていたのでした。そして,天才的な手術技能をもつ外科医のラモンとイサドラが出会ったとき,ラモンはイサドラの美貌に惹かれ,結婚するのですが,そのときノリーンもラモンに対して深い愛情を感じたものの美貌では自分が決してイサドラに叶わないことを知っており,ラモンに自分の気持ちを伝えることなく二人を祝福するのでした。しかし,後半で語られますが,結婚後のイサドラとラモンの間の愛情もほんの数カ月しか続かず,イサドラは夫以外の恋人をもち,二人の関係は冷え切っていったのです。あるときラモンが出張でヨーロッパに出かけ,体調を崩していたイサドラの看護をノリーンに託していったのですが,イサドラは自分を出張に連れて行かなかったラモンに腹を立て,わざと雨の中ベランダに出て体を冷え切らせるという子供じみた行動に出た挙句,肺炎を起こして亡くなってしまいます。このときノリーンの心臓の病が出て,イサドラの介護ができないまま入院して治療を受けざるを得なくなったノリーンがやっとの思いで駆けつけたときには,イサドラはすでに亡くなり,出張から戻ったラモンやイサドラの両親からノリーンが看護を放棄したためイサドラが亡くなったのだと激しく責められるのでした。
  それから2年後,医師と看護師という関係のノリーンとラモンは時折病院で顔を合わせることになりますが,出会うごとにラモンはノリーンの看護師としての職務の怠慢をなじり,ことあるごとにイサドラが亡くなった責任を思い起こさせていたのですが,ノリーンの病状も次第に悪化し,体調の悪さにラモンが気付いた時にはすでに手術をしなければならないほど病状が悪化していました。自分を憎んでいるラモンの手ではぜったいに手術を受けたくないと思っていたノリーンですが,偶然救急車で運ばれ,身元不明のまま手術を執刀したのはラモンでした。心臓が悪いことに気付かなかったラモンも,そのとき初めてノリーンが2年まえ,イサドラの看護をわざと放棄したのではないのではないかと思うようになります。そしてこれまでのノリーンの行動が自分が思っていたのとは全く違うのではないかと思い始めました。できるだけノリーンの力になりたいと思い始めたラモンにノリーンが返した言葉は,あなたの世話にはなりたくないという言葉でした。それから,二人が和解していけるのか,伯父伯母とノリーンの関係はどうなるか,ここが本作の読みごたえのあるところです。人は思いこみでどれだけ人を知らず知らずに傷つけることができるのかを追求した,ダイアナ・パーマーらしい深い1作です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

愛に裏切られても [ダイアナ・パーマー]

SHALOCKMEMO337
愛に裏切られても Renegade 2004」
ダイアナ・パーマー 霜月 桂





 「若すぎた妻」の続編。
 元モデルのティピーは謎めいた男性キャッシュ・グリヤ(警察署長)と出会い胸を揺すぶられる。しかし,ティピーもグリヤも深いところで心を傷つけられ,互いに惹かれ合いながらも自分の過去を打ち明けられないでいる。
 ティピーの弟ローリーはキャッシュを憧れの対象として親しみを感じ,時に重要な役割を果たす。キャッシュのかつての同僚や暗黒街の実力者など多くの仲間がおり,てんやわんやの中でふたりの愛は燃え上がる。
 キャッシュが過去をさらけ出して心を許し,ティピーに「愛している」と告げられるのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ダイアナ・パーマー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。