So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
キャサリン・コールター ブログトップ

招かれざる公爵 [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO688
招かれざる公爵 The Duke 1981」
キャサリン・コールター 杉本ユミ





ほぼ1年ぶりのキャサリン・コールターです。しかもヒストリカル。これまでも,コールターのものはヒストリカルを中心に読んできましたが,コンテンポラリーよりも,安定しているように思います。
ヒロインはスコットランドのペンダーリーという館の娘ブランディ18歳。3姉妹の長女ですが,次女のコンスタンスは美貌の16歳。末娘のフィオナはまだ幼く,何かと背伸びしたがるコンスタンスよりフィオナの母親的な存在です。ヒーローのポートメイン公爵イアン・カーマイケルは,婚約者のフェリシティとの結婚が間近になって,社交界で振り回されるのを嫌って,ペンダーリーの伯爵位を継いだことを理由にイングランドからスコットランドにやってきます。3姉妹の後見人となったイアンですが,ペンダーリーの複雑な人間関係に驚きます。前伯爵の未亡人レディ・アデラ。その甥のクロードとバートランド。ブランディたちの従兄弟のパーシーなど爵位の相続をめぐって複雑な人間関係の中を泳ぎながら,純粋で自分の美貌に気づかないブランディに次第に惹かれていきます。ブランディもまた大男でたくましく男らしい頑固さを持つ一方,優しさを併せ持つイアンにどんどん惹かれていきます。事件といえばこのペンダーリーにイアンの心変わりを心配したフェリシティがイアンの従兄弟のジャイルズとともにペンダーリーを訪れたところで一気にヒートアップし,誰かがイアンとブランディを銃で狙い襲うところで頂点に達します。互いを犯人ではないかと虚々実々の駆け引きをするペンダーリーの人々。そして,けがをしたイアンの看護をしていたブランディとの間にイアンの前妻マリアンヌの影が。次第に進展していくいくつかのロマンスが物語の進行役となり,それぞれの人物が巧みに描かれていく傑作です。


真珠の涙にくちづけて [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO665
真珠の涙にくちづけて The Wyndham Legacy 1994」
キャサリン・コールター 栗木さつき





 キャサリン・コールターのヒストリカル。庶子ながら,その美貌といつも冷静でいる様子から「妃殿下」とあだ名をつけられた女性ジョゼフィーナの圧倒的な存在感が光る作品です。あだ名をつけた本人第7代チェイス伯爵マーカスとの丁々発止のやりとり,そして妃殿下に次第に惹かれていくロマンスの展開に思わずにっこりしてしまう暖かさを持った作品でもあります。ウィンダム家に伝わる伝説と秘宝,そしてそれを巡ってアメリカのウィンダム家とイギリスのウィンダム家のついたり離れたりの関係も謎解き的な面白さがあり,さすがコールターと思わせるところもありますが,本書の最大の魅力は脇役の人物造形の妙だろうと思います。妃殿下の従者バッジャー(普通女性に従者はつかないものですが),ウィンダム家のチェイス・パークの執事サンプスン,秘書クリタッカー,従者スピアーズ,メイドのマギーなど,使用人たちに含め,マーカスの母パトリシアやアメリカのウィンダム家のウィルヘルミナなどなど,次々と出てくる登場人物たちが実に生き生きと存在感を持って登場し,ヒーロー・ヒロインと丁々発止の舌戦を繰り広げるドタバタ的要素もたっぷりと味わえます。
 このシリーズ名のレガシーには財宝という意味もあるとか。続く作品にも期待が持てます。


戦士と魔術師の娘 [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO457
戦士と魔術師の娘 Lord of Falcon Ridge 1995」
キャサリン・コールター 幾久木犀





これは,「戦士と誇り高き王女」の続編で,VIKING3部作の結末巻です。
ちなみに4部作らしいのですが,第1作は現時点では未訳です。
前作は比較的独立性が高かったのですが,本作は独立したストーリー部分と,シリーズ最終巻としての意味合いの両方があるので,第1巻から読んだ方が面白さも大きいようです。というのは,シリーズ第1巻から登場する人物とストーリーがところどころに顔を出し,その人間関係が今回の物語の伏線になっている部分が多いからのようです。
ヒーローは前作で,メリックによって,ラーレンやトビーとともに奴隷商人の下を助け出されたクリーヴです。最後の方でがけから落ちるという事故に会い,その犯人が虫も殺さぬような気弱でやさしい女性と思われ,クリーヴが思いを寄せたサーラだったという衝撃的な事件があり,サーラが産んだクリーヴとの一粒種キリがいいキャラクターで登場してきます。また,クリーヴが奴隷商人に売られる前の幼少のころは,ある領主の息子であったということが,夢の中で判明してきます。
ヒロインはアイルランド王の娘チェッサ。しかし,アイルランド王は本当は魔術師が取って代わっており,本当は王女ではないということが,そうそうに語られます。まさに邦題にある「魔術師の娘」とは,このチェッサのことでしょう。しかも,全体的にこのチェッサの突飛な言動やヨーク王とその息子と王妃の王侯としては信じられないような言動など,ややユーモア的な要素があちらこちらに散りばめられ,怒っている事件やストーリーはかなり深刻なものでありながら,物語全体としてはなにか人を,人生をちょっと揶揄しているような雰囲気も漂わせています。
後半は,魔法と神秘のスコットランドが舞台となり,ネッシーも登場してストーリーに重要な役割を果たすなど,ファンタジーの醍醐味を感じさせるお話になっています。ファンタジー好きな人にもたまらない部分でしょう。最後は人の愛や和が魔術に勝ち,一同の平和な食卓には笑い声が満ちているという暖かいエンディングになっています。物語の3分の1近くを魔術と神秘に費やしたのも,この終末への光と影を対比させるためではなかったでしょうか。コールターの圧倒的な筆力を感じさせます。
なお,原題の「Falcon Ridge」は,クリーヴやチェッサがネス湖の南に作る領土の近郊の高台「鷹の峰」を指しています。クリーヴはやがて,この象徴的な地形,「鷹の峰」の領主と呼ばれるようになるのでしょう。
物語の最後まで重要な登場人物はほとんど死ぬことなく何らかの形で生き残っています。これからいくらでも書き継ぐことのできるだけの登場人物が出てきていますので,きっと続編が続いていくものと思います。


戦士と誇り高き王女 [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO456
戦士と誇り高き王女 Lord of Raven's Peak 1994」
キャサリン・コールター 戸坂藤子





キャサリン・コールターの作品は,ランダムハウス講談社からはヴァイキング・シリーズ3巻が刊行されていますが,本作品はその2巻目にあたります。なお原作では第1巻が現時点で未訳になっているため,原作のシリーズでは第3巻と表記しています。
翻訳第1巻の「戦士と美しき人質」はまだ未読ですが,この作品のヒロインのミラナは本作品にも登場しますし,本作品は第1巻から6年後と冒頭に書かれていますので,時間の流れが明確になっています。
さて,表紙に見るとおり,ヒロインのラーレンは燃えるような赤毛の持主です。通常,ヴァイキングと言えば碧眼金髪というのが通り相場ですが,赤毛の女性というのはその存在そのものがなんとなく胡散臭く映るもののようです。
原題の [Raven's Peak] というのは船の舳先につけられた印の像のこと。ヒーローのメリック・ハラルドソンの持ち船の舳先にはカラスの像がつけられていることから,この原題になったようです。
さて,本書では,トルヴァドール(吟遊詩人)が登場します。はじめの方にはデヴリンという男性が登場しますが,自分の才能におぼれて,自分の気の向いたときだけ物語るというきままな,芸術家ぶった人物ですが,のちに,奴隷として奴隷商人から逃れてきたヒロインのラーレンが,さまざまな物語を人々の前で披露することができることがわかり,すっかりその地位を失ってしまい,最後はラーレンに殺人の疑いをかけるためメリックの兄であるエリックを殺したのではないかと疑われて不審な死を遂げてしまいます。本書にはラーレンの語る「グリュンリーゲの冒険」や「ロルフの物語」,そして奴隷に売られてからの自分と弟タビーの冒険物語など,いくつかの物語が作中作のように語られており,たいへん複雑な構成になっています。この時代の吟遊詩人はなんらかの簡単な伴奏楽器などは用いずに,おそらく詩吟か講談のように物語を人々の前で披露していたのではないかと思われますが,女性が吟遊詩人のように物語るということは相当に珍しく,あり得ないこととされていたようです。トルヴァドールは,のちに南仏でトルヴェール,そしてドイツでマイスタージンガーなどとよばれ,人々に珍重されることになるようですが,10世紀初頭という本作品の時代設定からすれば,その走りのようなもので,それほど多くの種類の物語よりも,神話や伝説,そして英雄物語のようなものではなかったかと想像しています。
後半にはラーレン,タビーの義姉にあたるヘルガが登場しますが,怪しげな薬を調合したりすることから魔女と思われています。キリスト教があまり本気で信仰されていない時代の北ヨーロッパですから魔女といっても人から恐れられたり迫害されたりするというよりはちょっと気持ち悪がられているというような描き方がされています。魔女狩りが横行するのはもっとずっと近代に近い時代だったようです。
本書を含むこのシリーズは我々が普通に持っている,ヴァイキングや中世初頭についてのイメージを変えてくれる好書のようです。


シャーブルックの花嫁 [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO397
シャーブルックの花嫁 The Sherbrooke Bride 1992」
キャサリン・コールター 富永佐知子





イギリス南東部。現在ではロムニー鉄道というミニ鉄道が走っていることで有名らしい。フランスまでドーバーをわたってカレーへと最も近い海路があることから,フランスとの行き来が古来多かった地域だったのだろう。
ベレスフォード公爵の娘でありながら,姉メリサンドは絶世の美女。妹は十人並みだとしてもそれなりに美しいのだろうが,幼い頃から比較され,いわば美貌の姉,気だての妹という関係であったのだろう。公爵家の没落とともに身売り同然に伯爵の住むノースクリフ館にやってきた姉妹だったが,よんどころない事情でフランスに渡って危険な役目をこなしているノースクリフ伯ダグラス・シャーブルックの替わりにメリサンドと結婚したのは,またいとこのアンソニー(トニー)だった。任務を無事終えて帰宅したダグラスを待っていたのはこの事実と,トニーが勝手にダグラスの代理となりすまし,ダグラスの妻として結婚したのは妹のアレックス。代理結婚?そんな風習がイギリスにあったとは!法的に許されるのか?
ともあれ,怒り心頭に走りアレックスをすっかり無視しようとするダグラスと,懸命にダグラスの真の妻になろうとするアレックス。この二人の虚々実々の心理の変化を作者コールターは実にうまく描き分けている。そして大きい胸を隠すように布まで蒔いていたアレックスに気づいたダグラスは欲望を感じるようになる。次第に目を離せなくなるものの素直になれないダグラスと,どんなにきつく言われてもめげずにダグラスを夫として認めてもらおうとするアレックスの二人の会話や行動は,コミカルで,中盤は笑いっぱなしになる。
そして宿敵ジョルジュにアレックスを誘拐されたダグラスとトニーはフランスに渡り,アレックスを取りもどす。夫を信じ,「わかったか」と無理難題を言われても「わかりました」と答え,結局は自分の思いどおりにしてしまうアレックスの芯の強さ。トニーにおだてられて次第に思うつぼにはまってしまうメリサンドの世間知らずさ,お茶目でいたずら好きなダグラスの妹シンジャンなど,きっちりとキャラクターを描きわけ,テンポよくストーリーを組み立てていくコールターのロマンス一杯のオススメの一作。


エデンの彼方に [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO388
エデンの彼方に Beyond Eden 1992,2000」
キャサリン・コールター 林 啓恵





キャサリン・コールターの新訳。二見文庫からは2006年2月の「死角」以来久々の訳ではなかろうか。
コールターと言えば,FBIシリーズが二見文庫から訳出されているスリラー作家と思いがちだが,ヒストリカル・ロマンスを含め幅広いジャンルの作家であり,ベテラン作家であることは間違いない。この「エデンの彼方に」も重厚な家族愛とヒロインと出会い,ヒロインを守ることに自分の人生を賭けていくヒーローの11年前からの出会いを縦糸に,16歳からのヒロインの精神的な成長と,レイプという重いテーマに真剣に向き合ったストーリー展開など,アメリカの倫理観を十分に踏まえた作品に仕上がっており1992年という書かれた時期から見てもさらに作者自身の持っているアメリカの良心が息づいた作風になっている。
初めてこれを手にしたときは,コールターとヒストリカルの組み合わせに驚きを感じたが,自身のウェブサイトを見ると,1942年(昭和17年)生まれという年齢には見えないが,戦中派のアメリカの良識を十分に持った方のように思える。


買われた子爵夫人 [キャサリン・コールター]

SHALOCKMEMO305
買われた子爵夫人 The Arist0crat 1986」
キャサリン・コールター 仁嶋いずる




MIRA-CC-02-07
10.10/\760/293p

HT-06
06.09/\700/220p


大叔父の遺した屋敷で暮らすダフネは地味で野暮ったい令嬢。ある日,屋敷に大叔父の爵位を継ぐアメリカ人ブラントが訪ねてきた。ダフネはまだ知らなかった。そのブラント・アシャーの花嫁になるよう,遺言で命じられていることを…。
ニューヨークでのフットボールの試合,クレタ島の海岸,イギリス,ハワイと前半はとてもスピーディに進む。ハワイでのハネムーンの部分でもやっと本書の半分ほど。
ロマンス作品の多くがヒーローとヒロインがどこでどのように出会い,どのような難関を乗りこえてゴールにたどり着くかという描き方をされることが多いのに比べ,本書は,ゴールにたどり着いたかに見えた二人がその後どのように愛を獲得していくかというストーリー展開をしている。
bk1(現honto)の書評でも,発売1週間以内に,もう3つのトラックバックが付いており,キャサリン・コールターの人気の高さ,注目度が伺われる。シャロン・サラのような軽妙洒脱で辛口の,ユーモア溢れる作品。

続きを読む


キャサリン・コールター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。