So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

獅子と醜いあひるの子 [クリスティ・マッケラン]

SHALOCKMEMO1472
獅子と醜いあひるの子 Unlicking Her Boss's Heart 2016」
クリスティ・マッケラン 川合りりこ





 原題は「ボスの心の鍵を開けて」
 ヒロイン:カーラ・ウィンストン(27歳)/役員秘書/黒髪,ほっそりした肩,アーモンド型の明るいブルーの目/
 ヒーロー:マックス・ファイアブレイス(?歳)/経営コンサルタント/チョコレートブラウンの髪,はしばみ色の瞳,「若獅子」のような男性/
 いわゆる秘書ボスものです。従姉のポピーの紹介でむりやりに近い状態で自分を秘書に売り込んだカーラ。前任の会社でちょっとしたトラブルで辞表を出してしまいますが,自活するためにはなんとしても高給が必要です。同時に住む家も・・・。訪ねたのはロンドンの高給住宅地にあるヴィクトリア様式の四階建ての屋敷でした。「秘書の経験は六年ありますので,いちいち指示を与える手間は取らせません。仕事は自主的に進められますし性格で完璧です。私の力がどれくらいのものか見せるチャンスを,今日一日いただけないでしょうか。もちろん報酬は要りません。」と,かなり強引に自分を売り込み,マックスの元に1日だけ留まる許可を得ます。妻が亡くなってから一年半しか経っていないマックスは女性との深い関係はもう二度とゴメンだと思っています。というより妻の死に自分を責めていたのです。屋敷での仕事が中心のマックスと同居し,秘書業務を始めたカーラですが,マックスの方は自分のプライベートを知られたくなくて,カーラと距離を置こうとします。しかしながら逆に彼女の私生活についてもまったく尋ねたことがなかったのです。働き始めて2週間も経つ頃にはカーラは日に日にマックスの存在を敏感に意識するようになっていきます。マックスもまた,次第にカーラの存在を意識せざるを得なくなっていくのでした。この気詰まりな状況を共通の友人である医師ポピーに相談したいと思っても,遠くアフリカの地で緊急援助医として働くポピーは遠い存在になってしまっています。「ここまで極端に避けなくてもいいだろう。二人の気性がまったく違うのは確かだが,それだけが原因ではないはずだ。まるで言葉の意味が間違って伝わる不思議な力がカーラとぼくの間に働いているみたいだ」という思いをマックスが持っていることなど,カーラには及びも付きませんでした。「奥様がいらしたなんて一度も・・・」と亡妻ジェマイマの存在を知ってしまったカーラは余計マックスを意識せざるを得なくなってしまいます。「仕事関係を除けば,君は妻を失った後で最初に知り合った,今までの人生とはなんのつながりも無い,まっとうな人だったから」とジェマイマの亡くなるまでの経緯を打ち明けるマックス。「ぼくがもっと彼女に注意を向けて何かの兆候に気づいていたら」とくも膜下出血で亡くなったジェマイマへの後悔を打ち明け,それ以降罪悪感を抱き続けていたマックスの心に,カーラが寄せた同情の気持ちは,まっすぐにマックスに刺さっていったのでした。そんなとき,取引先とのトラブルが発生し,マックスはマンチェスターに数日出張しなければならなくなります。カーラに留守中の仕事を任せていいのだろうかという迷いに,カーラは大丈夫だから取引を成功させてきてとマックスを送り出します。懸命の努力で取引も成功し,ロンドンに戻ってみるとカーラはすっかりマックスの仕事を代理し,さらにはマックスの母親に彼の名前で誕生日の花を贈る手配までしてくれていたのでした。そんなマックスの態度に「恋をするわけには行かないのよ。マックスは今でもジェマイマを愛しているのだから。亡くなった人と張り合うなんてできるはずがないもの。苦しんだあげくに失恋するのが落ちだわ。」とカーラはマックスに惹かれる思いを懸命に振り切ろうとするのでした。仕事が成功したお礼に二人で芝居を見に行ったとき,カーラは退社せざるを得なかった前任の会社の関係者と出会ってしまいます。必至に隠れようとするのですが,自分を徹底的に虐めていた女性と対決せざるを得なくなります。その時マックスはとっさにカーラの有能さを強調し,恋人だと宣言して彼女を守ってくれたのでした。二人の間に団結心が生まれ,マックスは「カーラが必要なのだ」と思わせられます。そしてマックスは自分の出自と複雑な親子関係を打ち明けるのでした。「ああ,わたしはいったいどうなってしまったの? 私はマックスを愛しているんだわ。」という自分の気持ちに気づいたカーラは,そんな思いでいる中,あるきっかけからついにマックスと結ばれてしまいます。「ぼくは過去に何をした? 一人の女性の愛を勝ち取っておきながら,自分の不注意のせいですべてを失ってしまった。そんなぼくが別の女性と恋におちるなんて到底ゆるされることではない。」とジェマイマに対する罪悪感に縛り続けられているマックス。「つまり,それがあなたの結論なのね。あなたの心は決まっていて,わたしにはどうすることもできない。そういうことなの?」とマックスにストレートに気持ちを伝えるカーラですが・・・。さて,カーラはマックスを過去から立ち直らせることができるのでしょうか。二人の愛が結ばれるのはさらに一年後になるのですが・・・。
 過去の心の傷から立ち直るために互いを必要としてしまったカーラとマックスの葛藤と愛を勝ち取るまでの物語を歌い上げた秀作です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。