So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シークの孤独 [テレサ・サウスウィック]

SHALOCKMEMO1468
シークの孤独 To Catch a Sheik
( Desert Bride 1 ) 2003」
テレサ・サウスウィック 小池 桂





 原題は「シークをつかまえて」
 ヒロイン:ペネロピ(ペニー)・コリーン・ドイル(22歳)/宮廷の秘書,幼児教育とビジネスの学位所有,アメリカ人/小柄な体,卵形の小さな顔,黒縁の大きな眼鏡,美しくなめらかな肌,腰の辺りまであるブロンドの髪,細いウエス尾,すらりとした脚のライン,ふっくらした唇/
 ヒーロー:ラフィーク・ハッサン(29歳)/エル・ザフィール王国王子,内務兼外務大臣/身長187センチ,黒い瞳,ややウエーブのかかった短い黒髪,高い頬骨,筋の通った鼻,角張った顎,広い肩とがっしりした胸板/
 ハッサン3兄弟のロマンスのミニシリーズ第1作です。8月にこのシリーズの第2作「シークの憂鬱」がディザイア傑作選から出る予定なので,シルエット・ロマンス版のKINDLEを発見したので読み始めました。このすでに配刊が停止しているシルエット・ロマンス・シリーズは多くが再刊されるようになってきていますので,あえてそろえようという気はありませんが,しばらく邦訳から遠ざかっていたテレサ・サウスウィック作品が再び活発に取り上げられるようになってきたので,KINDLE化されているものは少し手に取ってみたいなと考えた次第です。彼女の作品にはとても魅力的なヒロインたちが多いように思っているので,楽しみです。さて,余談ですが,このシリーズで英語タイトルになっているシークの綴りは「Sheikh」ではなく「Sheik」と最後の「h」が省かれています。それがMB版,つまり英国のペーパーバック版の表紙を見ると「h」が入っているようです。まぁこの辺はかなりおおらかなのでしょうね。元々アラビア語の音化を図った英単語でしょうから。
 さて本作ですが,ヒロインのペニーは母親を亡くしその遺言に従って幼稚園の経営を夢見る大学を出たての女性。幼稚園開設には莫大な費用がかかることから,エル・ザフィール王家の条件の良い募集に応募し見事にファラ・ハッサン王女(国王の妹)の秘書に採用されます。ところでこの秘書募集の条件というのがまた一風変わったもの。「不美人であること」というのです。目立たずに自分を特別美しいわけではない並みの容姿だと思っているペニーは「その条件ならわたしにぴったり」と自信をもって応募したのでした。ペニーが高額の給与を望む理由はさらにありました。母親が残してくれた遺産をもとに幼稚園開設の準備をしていたペニーはさらに効率の良い投資があると男性に騙され,婚約までしながらついに裏切られ,お金だけ持ちにげされてしまったのでした。傷心の思いを抱きつつも,母の遺言を果たすために前向きに生きて行こうとエル・ザフィールにやって来たペニー。そこで出会ったのがプレイボーイと名高い王子ラフィークでした。一目でラフィークに引かれるペニーですが,一介のシングルマザーの子供の時分と片や王子のラフィークでは身分の違いが明確で,しかも自分は採用の条件の「不美人」であることに自信をもっている容貌。とても釣り合わないということは分かっていました。ところが・・・。
 相手が王子であろうが,歯に衣を着せずずばりと舌鋒を繰り出してくるペニーにラフィークは新鮮な魅力を感じてしまったのでした。そして王女の秘書としてエル・ザフィールにやって来たペニーをラフィーク付きの秘書として変更してしまったのです。というのも,以前こどもたちのナニーがラフィークに興味を抱きすぎて裸で彼のベッドにいることが発見されてしまい,危うくスキャンダルになるところだったため即刻解雇され,それに替わる秘書は「不美人」であることという風変わりな条件の由来となったのです。現在の年配の秘書は国王に取り上げられてしまい,そのためラフィークには現在秘書がいなくなっていたのでした。不美人を条件に採用されたペニーであればラフィークの仕事に支障がないという理由で,初めは王女付きだったペニーをラフィークは許可を得て自分の秘書に転勤させたのでした。そこでペニーは問われるまでにこれまでの不幸な生い立ちと,幼稚園開設という壮大な夢を語ることになってしまいます。そしてラフィークはそれに感動と強い興味を覚えます。しかも,小柄で子供っぽく見え,不格好な黒縁の眼鏡をかけたペニーを守ってやりたいという気持ちが強くわき上がってきたのです。これまで付き合ってきた女性とはまったく異なるペニーに興味を抱く自分に戸惑うラフィーク。翌日から二人の仕事は始まります。有能な事務能力を示すペニー。そんなペニーを王室一家はあたたかく迎え入れてくれるのでした。国王からも「実に爽やかな女性だ」と褒められてしまいます。ラフィークには兄のファリーク王子と皇太子のカマルがおり,下に妹のジョハラ王女がいます。さらに国王の妹のファラ王女,ファルーク王子の双子の子供たちヌリとハナと一堂に会した晩餐の場で,予定されている慈善舞踏会,その前にアメリカからやってくる大使館員を招いた晩餐会の企画など大きな仕事があり,それらにペニーも参加して手伝うようにと言われるのですが,正式な晩餐会にでられるようなドレスをもっていないことを正直に告げると,ラフィークはパリへの出張にペニーを連れていき,ワードローブが一杯になるほどの衣装一式を購入してしまうのでした。いわば必要経費だからと説得され,断ることができなくなったペニー。そして乗馬に連れ出されたときラフィークから受けたキス。そんなラフィークの行動の真意を測りかねているうちに大きな舞踏会がやって来てしまうのですが・・・。あえて舞踏会用にとパリでラフィークに買ってもらったドレスを選ばずに,裏方に徹しようとするペニー。ラフィークもまたファラ王女からペニーを誘惑しないように釘を刺されているのですが,次第に強くペニーに引かれてしまうのでした。さて,舞踏会でシンデレラさながらのペニーの運命は・・・。
 3兄弟のロマンスの第1作で主な登場人物が出そろいますが,本作を通じてどうやらファラ王女が遠回しで3兄弟に人を愛することを教えていこうとしている雰囲気が感じられます。三男ラフィークがその罠にはまっていく様子がとても自然で,傲慢なラフィークがペニーに言い負かされていくストーリーはとても爽やかです。ロマンスの王道を行くシンデレラストーリー。オススメです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。