So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メイドを娶った砂の王 [ケイト・ウォーカー]

SHALOCKMEMO1461
メイドを娶った砂の王 Destined for the Desert King
( Rhastaan Royals 1 ) 2015」
ケイト・ウォーカー 山科みずき





 原題は「砂漠の王と運命付けられて」
 ヒロイン:アジザ(ジア)・エル・アファリム(歳)/ラスタン国有力者の娘/ほっそりして小柄,黒髪,キラキラした黒い瞳,金色の目,静かな声,サンダルウッドと花の香り,左手の小指がわずかにねじれている/
 ヒーロー:ナビル・ビン・ラシッド・シャリファ(歳)/ラスタン国王/長身,深く暗い瞳,顎髭,ブロンズ色の肌/
 ケイト・ウォーカーの作品は5冊目の読了となります。砂漠の国ラスタン国の皇位継承を巡るロマンスを描いたシリーズになっているようですが,作者のWebページの紹介によると第2作目になるようです。
 常に美貌の姉の影に隠れて生きてきたアジザは,ラスタン国王の后候補の姉に付添を頼まれ,いやいやながら王宮に出かけます。国の反対勢力の有力者である父は常に2歳年上の美貌の姉だけを自分の娘のように扱い,「小柄で十人並みの娘」と呼ぶ妹のアジザは常に姉の影に隠れて,誰にも関心を向けられずにいました。その昔当時12歳だったナビルが2歳年上のジャマリアにではなくアジザに関心を向けたことがあり,アジザは無条件で彼に心を奪われたことがあります。しかし自分が国王になったナビルに現在関心を寄せられるはずがない,成長した自分をみても覚えてすらいないだろうと思っていました。かつて国内で反対グループによる暴動が起き,当時皇太子だったナビルは大怪我を負います。その時の傷跡が左頬に今でも残っているのですが,アジザにとってはその傷跡もが愛おしく感じられるのでした。ナビルはすでにその時結婚しており,身ごもっていた妻のシャミラは銃弾に倒れてしまいます。しかし国王としては跡継ぎ問題が浮上し,王妃となる后選びがナビラに課せられた使命でした。シャミラとの結婚はかれの許嫁だったクレメンティーナ・サヴァネフスキとの破局による衝動的なものでしたが,クレメンティーナは隣国マークハザド国王のカリム・アル・カリファと恋仲になり,二人の祝賀会に招かれたナビルはアジザに再会するのです。この時アジザの父は国の反対派と愛国派のキャスティング・ボードを握る有力者として娘のジャマリアとナビルとの結婚を望んでいたのです。そして祝賀会の時に出会ったアジザはとっさにジアと名乗り,ファルーク・エル・アファリムの次女であることを隠したのですが,ナビルの胸にはこの時のジアが強く印象に残ったのです。そして今,ナビルの后選びの有力候補として姉のジャマリアが選ばれ,王宮に呼ばれたとき,アジザは姉に請われてついて行くことにしたのでした。ジャマリアのメイドとして・・・。過去のナビルとの出会いから10年。成長した自分の姿にナビルが気づくはずがない。ましてや祝賀会の夜に出会ったときにもナビルは自分だとは気づかなかったではないか。という思いでいたアジザですが,アジザは十人並みの器量の自分は美しさで競うのではなく頭脳で自分らしさを得ようと大学で語学を専攻し数カ国語を操る才女となっていました。ところが父の元に届いた知らせはジャマリアではなく妹の方との結婚という返事だったのです。「シークはお前を選んだ」と父に話されたときもアジザにはその言葉が現実のものとは思えませんでした。「アジザは少女時代の憧れを手放せそうになかった。あの夜,彼女は長年の自分の想いが幻想に過ぎなかったことを思って涙を流した。しかし,シークの花嫁に選ばれたと父に言われた途端,かつての夢のすべてが押し寄せる波のようによみがえって,新たな希望とおさない頃は想像もしなかった渇望を運んで」きたのです。「アジザが求めていたのはこれだった。他の誰でもない,この男性が欲しかった。」「私はもう誰かのニ番手ではない。何より今後は父に支配され,やることなすこと監視される必要なない。」「自由」という言葉が彼女にとっては他の何者よりも必要なものだったのです。ところがナビルはアジザの幼い頃を覚えていました。ジアと名告ったあのメイドとジャマリアの妹としてのアジザが同一人物であるとは思ってもいなかったのです。結婚式の間はベールで素顔を隠したままだったアジザと寝室で顔を合わせたとき,ナビルはジアがアジザだったことを知ります。そしてエル・アファリム家の娘であるアジザがなぜ自分に嘘をついたのかと,アジザの父の陰謀ではないのかと疑いの気持ちを強くもつのでした。自分を拒絶する強い言葉を投げつけられ初夜を拒否されたアジザ。「自分はナビルの花嫁,ナビルの妻かも知れないが,所詮は便宜結婚の王妃だ。」「彼の心の妻は命を落とし,その穴を埋めることは誰にもできない。」とこれからの長い期間名目だけの妻でいなければならない自分の悲運を嘆くアジザでした。ふたりは数日後,山の宮殿に二人きりで行き,いわゆる新婚旅行替わりの休暇を過ごすことになります。前妻シャミラは自分の立場と裕福な生活ができることだけを考えて自分と結婚し,結婚直後に二人の結婚生活は破綻していたのでした。しかしアジザはナビルの心の中には未だに自分の身代わりのように銃弾に倒れたシャミラとその子供の存在が残っていると思い込んでいます。ここに来て数日でアジザが父ファルークの陰謀の片棒を担いでいるかも知れないという疑惑はすっかり消えていましたが,頑固なプライドが事実を認めることを阻んでいました。かつてシャミラに裏切られた経験がナビルの行動に暗い影を残していたのです。自分がアジザを求めているのと同じくらい彼女にも求めて欲しい。それも王としての自分ではなくただの男として・・・。6日後,二人はどちらからともなく互いを求め合います。「信頼」たった二文字のちっぽけな単語。しかしそれが二人が求めていたキーワードだったのです。「メイドのジア,あるいは僕のプリンセスのアジザ。きみは花嫁候補に挙がっていた他の女性の誰より僕の心をざわつかせた」と心の内を遂に打ち明けるナビル。そしてアジザの頬に自分の顎髭による跡がついてしまったことに気づいたナビルは「シャミラの裏切りの事実を知った日から自分の身を守るように黒々と生やしてきたひげをそろう。ひげと一緒に過去もそぎ落とせるよう願って。」と決意するのでした。しかしそんなナビルの気持ちとアジザの気持ちに微妙なすれ違いが生じます。肉体を得ても心の中はシャミラの影を消してはくれていないと感じていたアジザは自分の体の変調に気づいてもそれがナビルの心を開くことにはならないだろうと思い,そのことを夫に告げることは躊躇します。いずれ自分の体の変化が大きくなれば気づかれてしまうだろうけれど・・・。一度は信頼を感じていた二人の微妙な心のすれ違いと隙間を作者は巧みに描き出していきます。さて二人の信頼はどんな形で取り戻せるのでしょうか。このストーリー展開がロマンス作品の読みどころですね。
 二人の年齢差が7歳であることが読み取れたのですが,現時点で二人が何歳であるかは読み取れませんでした。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。