So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雨のなかの出会い [ジェシカ・スティール]

SHALOCKMEMO1460
雨のなかの出会い His Pretend Mistress 2002」
ジェシカ・スティール 夏木さやか




R-1839
03.01/¥672/156p

K-485
17.07/¥670/156p


 原題は「彼の愛人ごっこ」
 ヒロイン:マロン・ブレイスウェイト(22歳)/「ハーコート・ハウス」管理人/金髪,濃いブルーの目,身長175センチ,豊かな胸,形のいい長い脚/
 ヒーロー:ハリス・クウィリアン(35歳)/「ウォーレン・アンド・テイバー金融会社」社長/身長190センチ位,冷たい灰色の目/
 7月にセレクトで出る予告が出ていましたので,HQロマンス版がKINDLE化されていたのに思わず手が出てしまってクリックした感じでしたが,読んで損はなかった作品でした。ジェシカ・スティールの作品はいつもちょっといぶし銀的魅力に溢れていますね。
 富豪の家「アルモラ・ロッジ」で家政婦をしていたマロンは雇い主のローランド・フィリップスから性的暴行を受けそうになり逃げだします。それを助けてくれたのはハリス・クウィリアンでした。ハリスは「ハーコート・ハウス」を買い取り改修中でしたが,仕事を失ってしまったマロンが気になり,改修が済むまでの管理人としてマロンを雇うことにします。週末ごとにハウスにやってくるハリスにやがて恋心を抱いてしまうマロン。「幸せだった子供時代を思い出さずにはいられない。惜しみなく愛情を注いでくれた両親,両親が計画していた一人娘の将来。そのすべてが9年前に跡形もなく消えてしまったのだ。」13歳の時,夕食時に知らされた父サイラス・ブレイスウェイトの突然の交通事故死。ショックから立ち直れず精神的に不安定になってしまう母イブリン。それから2年後にアンブローズ・ジェンキンズと再婚した母でしたが,義父の連れ子リーはマロンにしきりと手を出そうとし,それを母に言いだせないままなんとか義父と母の離婚を願うばかりだったのですが,義父に頼り切ってしまっている母を見捨てるわけにの行かず,マロンは高校を中退して働き始めます。マロン20歳のとき,やっと離婚が成立し,マロンと母の二人の生活が始まりますが,ホテルの受付係の仕事だけでは母娘二人の生活はなかなか楽にはなりません。そんな時家政婦募集の求人広告を見て「アルモラ・ロッジ」に仕事を得たのですが,雇い主がとんでもない男性だったとは・・・。つくづく男運のない母娘だと・・・。「ハーコート・ハウス」の修理にやってくる親方のボブ・ミラーや大工のシリル初め,愉快で仕事をきっちりやる人たちに囲まれ,マロンは幸せな毎日を送れるようになり,やっと悪夢からも解放されようとしていたのですが,次第にハリスとの間の関係が深まり,マロンはハリスを愛してしまうのでした。しかしこれまでの男運のなさ,元雇い主から受けた暴行から,男性不信の気持ちがやっと癒やされ始めたマロン。そしてハリスへの深い愛に気づいたマロンでした。そこに現れたビビアン・ホームズという30代の黒っぽい髪をした洗練された美女の存在がマロンを不安に陥れます。ハリスとビビアンの関係は?
 一方ハリスもまたマロンの見事な肢体と正直で純粋な気持ちにすっかり惹かれてしまうのですが,次第にマロンのこれまでの不幸な人生を聴くたびに,ますますマロンを守りたいと思うようになります。「君を想う気持ちに理屈なんて通用しないさ」「わかっていたのは,君と離れた瞬間にもう君の元へ戻りたいと思っていたことだけだ。四六時中」と熱い思いをマロンに告白するまでになんと時が過ぎるのでしょう。どちらも奥手で相手の気持ちをおもんぱかって自分の気持ちを正直に告白できないでいる,愛らしいカップルのロマンスでした。爽やかな読後感を得られる作品です。


タグ:ロマンス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。