So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イタリア富豪の孤独な妻 [ダニー・コリンズ]

SHALOCKMEMO1420
イタリア富豪の孤独な妻 The Marriage He Must Keep 2015」
ダニー・コリンズ 竹内さくら





 原題は「彼が守らなければならない結婚」
 ヒロイン:オクタヴィア・フェランテ(23歳)/主婦/従順で誠実,読書好き,控えめながら磨けば輝くような美しさ/
 ヒーロー:アレッサンドロ(サンドロ)・フェランテ(30歳)/複合企業のCEO/広い肩,キリッとした口もと,知的な眉,端整な顔立ち,深いグリーンの瞳/
 今月の赤ん坊取り違えものの二つ目です。こちらは取り違えが病院のミスではなく,悪意のある犯罪でスタートします。どうも自分の赤ん坊とは違うようだと母親同士が気がつきます。ヒロイン,オクタヴィアの夫アレッサンドロが病院内の監視カメラで確認したところ,アレッサンドロのいとこでオクタヴィアにつきまとっていたプリモが意図的に取り替えた様子が映っていたのです。プリモは産気づいたオクタヴィアが救急車と病院への連絡を頼んだのにもかかわらず,わざと連絡を遅らせ,いよいよ大変な事態になってから救急車を呼び,あやうく母子の命を奪おうとしたにもかかわらず,さらに出張中のアレッサンドロにはオクタヴィアが自分を避けているために気づくのが遅れたと夫婦間の不信感をつのらせるような言い方をしたのでした。信頼していたいとこがなぜこのような犯罪行為を犯したのか理由がわからずに初めは信じがたいと思っていたアレッサンドロでしたが,画面の映像という証拠と妻のそれまでプリモから受けた嫌がらせから,断固たる措置を執ることにしたのです。結局どちらが自分たちの子供か検査結果がはっきりするまで通常の入院よりさらに1週間がかかってしまいます。その後イタリアの祖父の家にやって来た三人ですが,アレッサンドロの叔父であるプリモの父や従姉妹たちの冷たい視線といやみという対応に会います。そして祖父までもがオクタヴィアに対して冷たい態度を取るのです。妻と息子を守らなければ・・・。アレッサンドロの心に強い決心が浮かびます。ここにおいて,初めて本当の意味で結婚の重みと妻に対する愛に目覚めたアレッサンドロでした。しかし夫婦愛が強い絆となっていきます。オクタヴィアもまた,ただおとなしいだけの妻というこれまでの自分から,かつて父親の死に責任を感じ続けてきたアレッサンドロの心の闇を知り,深い愛情を感じ,夫を守りたいという思いを抱くのでした。これまで父親の言うとおり自分の気持ちを殺して言うとおりにしてきたオクタヴィアですが,両親に孫のロレンツォを見せに行ったとき,ついに感情が爆発し,二度と会わないと宣言します。その後はオクタヴィアもフェランテ家の城ともいうべき我が家の女主人として自分の感情を押し殺すことなく,いうべきことを堂々と述べるようになるのでした。そして赤ん坊取り違えの時以来連絡を取ってきたスペイン人のソーチャとセサルの夫妻を別荘に招いてチャリティー・オークション・パーティを開いたのでした。夫妻とは幸せな週末を過ごし,その後アレッサンドロの祖父との関係も改善し,アレッサンドロの母もしきりと孫に会うために城に来るようになり,幸せな状況の中で唯一オクタヴィアの心を塞いでいるのは,二人の結婚がいわば便宜結婚であり夫の愛を信じられずにいることでした。これほど信号を出しているのに互いに愛を確信できないでいる二人に読者はいら立ちを覚えてしまうのですが,出会いのきっかけがきっかけだっただけに言葉にすることが必要なのでしょうか。そして,ついに言い争いに発展してしまいます。さて二人は本当に愛を信じ合えるのでしょうか。第11章とエピローグまで解決を待たなければなりません。
 犯罪的な赤ん坊取り違え事件をきっかけに夫婦が本当の愛に至るまでの過程を丹念に描いた本作。前読作とは違った意味で夫婦の精神的成長が描かれた良作です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。