So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

愛なきハネムーン [リン・グレアム]

SHALOCKMEMO1399
愛なきハネムーン The Heiress Bride
(華麗なる転身 3) 2002」
リン・グレアム 漆原 麗




HLE-5
08.11/¥1200/468p

R-1873
03.06/¥672/156p


 原題は「後継者の花嫁」
 ヒロイン:イオーネ・ガキス(本来の名前はシャノン)(23歳)/財閥の養女/翡翠色の瞳,プラチナブロンドの髪,白い肌,聖母を思わせる完璧な顔立ち,生きている人形のように素晴らしい髪,華奢だが美しい曲線を描く体,完璧な脚/
 ヒーロー:アレクシオ・クリストウラスキ(?歳)/実業家/高い鼻,光をたたえる瞳,セクシーな口もと/
 ギリシア,レクソス島。実在の島かと思っていましたが,Google Mapでは見つかりませんでした。ナクソス島はあってもレクソス島はなしか・・・。うーん,すっかり作者に騙されてしまいました。まぁだいたいギリシアの島々は数が多いですから,そんなこともあるでしょう。さて,その島の財閥に養女としてもらわれていったヒロインのイオーネ。華麗なる転身3部作の最終巻になる本作の前に,前作の最後でこのヒロインが顔を出し,ミスティと感動の再会を果たすのですが,別れ別れになってからどこでどうしていたのかという興味と,現在幸せに暮らしているのかというところに興味が沸いたのは私だけではないでしょう。養父であるガキス財閥の総帥ミノス・ガキスの娘として,手の上げ下ろし一つとっても養父のいうとおりしなければ殴られてしまうという家庭内暴力の犠牲者として22年間生きてきたイオーネにしてみれば,アレクシオとの結婚は,唯一養父の元を逃れられるチャンスだったのです。ミノスは最近心臓病を患い,しかし家庭ではそのことをおくびにも出さず,事業の後継者としてアレクシオを選び,イオーネと娶せようとしていたのです。イオーネの養母アマンダは結婚して一年足らずで長男コスマスを出産しましたがその後妊娠せず,イオーネを養女としたのでした。そのコスマスも飛行機事故の犠牲となって亡くなってしまい,いまやガキス帝国を引き継ぐのはイオーネしかいなかったのです。全くの箱入り娘として育ったイオーネですが,大事にされていたというよりも閉じ込められていたというのがふさわしいほど,イエスマンにならなければ体罰の対象になるという養父に対する恐怖しか感じていなかったのです。それはガキスの妹(イオーネの叔母)カリオペも同じでした。人は悪くないのに,口が軽いために何度となくイオーネを貶めてしまうカリオペの存在もストーリーの展開上必要なキャラクターです。親戚の中にはどうしても一人はこんな人がいるものですね。「イオーネは,愛というものに対し,年頃の女性とはかけ離れた思いを抱いていた。尊敬する美しい母は愛の犠牲者だった。母は夫からの暴力を運命と受け止め,愛をその口実に使っていた。」養母を慕い愛してはいたものの,自分は養母のような生き方はしたくないという強い思いがあったのです。婿候補となったアレクシオはなんといってもすべての女性が振り返るほどのハンサムな男性。ガキス財閥の後継者として会社の運営を引き継ぐ理由がなければ自分などは見向きもされないはず。この思いが,結婚後もずっと続きます。そのため夫を愛してしまった後も,きっと自分は捨てられる,裏切られるという思いを持ち続けていました。どんなに夫に求められても・・・。最終的に夫の愛を確信したのはイギリスに住む双子の姉ミスティを探し出した後でした。そこまでの顛末が本作のメインストーリーですが,アレクシオの側の気持ちの変化もとても興味深いものがあります。かつて裏切られた恋人のクリスタル・デンビーを思い続けているのだとイオーネは誤解しています。どんなにイオーネを大事にしてもこの誤解から抜け出せないことにアレクシオも時に立腹するのですが,事業のことを除いてはイオーネのことが始終頭から離れない状況を愛だと告白するのにすっかり手間取ってしまうのでした。そこにはかつてイオーネが想いを寄せ,ガキスによって引き離された男性ヤニスの存在がありました。イオーネの23歳の誕生日パーティの日も偶然ヤニスが帰郷し,自分の妻であるイオーネと親しげに話しているのにも強い嫉妬を覚えてしまうことに,それが妻への愛故であることに気づかないアレクシオの愛音痴ぶりに思わず読者はクスリとしてしまいます。
 さて,幼いころばらばらになってしまったフレディ,ミスティ,イオーネの三姉妹が一堂に会し,それぞれ愛する夫との幸せな生活と自分たちの愛する子供たちを交えて描かれるエピローグが読者をも幸せにしてくれる展開となります。ところが実父オリバー・サージェントにはもう一人隠し子がいた可能性が・・・,というミステリアスな結末で,これはまだ続編が期待されるのでしょうか・・・。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。