So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

罠に落ちたシンデレラ [ダイアナ・ハミルトン]

SHALOCKMEMO1373
罠に落ちたシンデレラ The Kouvaris Marriage
( Wedlocked 46 ) 2006」
ダイアナ・ハミルトン 伊坂奈々




PB-184
16.11/¥700/156p

R-2257
08.01/¥680/156p


 原題は「クーヴァリスの結婚」
 ヒロイン:マデレイン(マディ)・ライアン(23歳)/造園家/淡褐色のつややかな巻き毛,ブルーの瞳,豊満な体/
 ヒーロー:ディミトリ・クーヴァリス(歳)/海運業者/長身,浅黒い肌,金色の目/
 2006年のHQロマンスがもう再刊されるなんて早すぎませんか。その前にもっと再刊すべきものが沢山あるように思うのですが。またKINDLE化も更に推し進めてほしいものです。
 さて,本作は夫婦者です。両親に愛されずに育った名家の一人息子ディミトリは人生を冷めた目でしか見られないギリシアの上流階級意識の強い独身の叔母に育てられます。二人の出会いはマディの学生時代からの無二の親友アマンダ夫妻の開いたパーティでした。互いに一目で惹かれ合った二人。しかし,一介の造園家で裕福でもない自分がモデルの親友とは異なって男性に気に入られる体型をしておらず,男兄弟の中で育った自分は,どちらかというと女性には頼られる存在であったので,事業家として大成功を収めている名門出身のゴージャスなディミトリが自分を気に入るとは思ってもみませんでした。ところが数日後に自分の家に帰宅したときディミトリがリラックスして両親とキッチンで話しているのを見て驚きます。しかも翌日プロポーズしてきたのです。互いに何も知らないのに結婚できるわけがないし,パーティでディミトリの腕にぶら下がるようにしていて,いずれ婚約するのは時間の問題だろうと噂されている,イリニという美女の姿をマディも見ていたからです。イリニの存在が二人の結婚生活に大きな影響を与えるだろうとはこの時はマディも想像もしていませんでしたが,イリニからはなんとなく敵意が感じられたのでした。
 簡単な結婚式を挙げ,アテネの大邸宅にやって来たマディは,そこにイリスがいて我が物顔で振る舞っているのを目にします。そして決定的な言葉,「いずれ子供が出来たらあなたはディミトリにすてられるのよ」を残して帰っていきます。さらに叔母のアレクサンドラ・クーヴァリスからはことあるごとに身分の低さ,ギリシア語もできない役立たずと罵られます。これらはいつもディミトリの目の届かないところで行われるのでした。三ヶ月後,決意したマディはディミトリの留守中,書き置きを残してイギリスに帰っていきます。ところが飛行機と列車を乗り継いでやっと真夜中に家にたどり着くと,すでにディミトリは車の中で待っていたではありませんか。自家用ジェットを使えることをマディは想像もしていなかったのです。そして夜遅くだからと近くの安宿に連れて行かれ,マディはディミトリに脅迫されます。もし自分と一緒にギリシアに帰らなければ,両親は家を失い,兄たちの職場もなくなるだろうと・・・。何でも自分の思いどおりにしてきたディミトリがそれだけの社会的影響力を持っていることはマディにも分かっていました。仕方なくディミトリの言いなりにならざるを得ないマディでしたが,心とは裏腹にマディの体はディミトリに触れられただけで熱く燃えてしまうのでした。そして,していなかった新婚旅行を改めて行うという言葉どおり1カ月の予定で連絡船も通らない孤島の別荘に連れて行かれてしまいます。徹底的に自分を大切にしたがるディミトリとの間にやはり愛があるのかと思いかけたマディですが,すでに妊娠していることを医師から告げられ,大きな喜びとともにディミトリが一度も自分を愛しているといったことはないことに気付きます。さらに叔母とイリニから告げられた言葉がマディの胸のしこりとなっていました。そしてアテネに帰った二人の元に,相変わらず叔母の冷たい言葉と,イリニからの緊急電話があります。マディが待ってと言うのを振り切ってディミトリはイリニの元に行ってしまうのでした。その時マディは気を失ってしまいます。流産かと恐怖を感じたマディですが,過度のストレスによるものと分かり,このままディミトリとの生活を続けていくわけにはいかないと思うマディですが,ディミトリが病院にやって来たのは3日後のことでした。しばらくはリラックスすることが胎児にとって大事なことだという医者の指示に従い,しぶしぶディミトリとともに家にたどり着いたのですが,叔母はディミトリによって家を離れることになってしまっていました。マディと叔母の間に何か不穏な空気にやっと気付いたディミトリは再びマディが家を出ることをなんとしてでも避けたいと思っていたのです。そして,二人の間には冷たい空気が流れつつも,ディミトリは何くれとマディの世話を焼いてくれます。二人の間の互いに打ち明けていない事情,それはいつどんな風に解消されるのでしょう。
 骨太なストーリーと二人の内面が丁寧に描かれることによって,読者はすっかりダイアナ・ハミルトン・ワールドに引き込まれていってしまいます。一気読み間違いなしの秀作です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。