So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

見せかけの結婚 [ミシェル・リード]

SHALOCKMEMO1361
見せかけの結婚 The Tycoon's Bride
( Greek Tycoons 6 ) 2000」
ミシェル・リード 槇 由子




HQB-345
11.01/¥650/198p

R-1661
01.03/¥672/156p


 原題は「富豪の花嫁」
 ヒロイン:クレア・ステンソン(21歳)/異父妹の世話をしている娘/イギリス人,身長173センチ,ブロンドと赤毛が溶け合った髪色,青い瞳/
 ヒーロー:アンドレアス・マルコポーロ(36歳)/銀行頭取,ギリシア人/長身,ブロンズ色の肌,黒い瞳,くっきりした唇/
 生後2カ月の女の赤ん坊を抱えた21歳の大学中退した世間知らずな娘クレア。クレアを次々に襲った不幸の結果が現在の姿でした。事業に失敗した父が自殺し,母と小さなアパートに移ったところで母が出会った外国の男性との間に愛らしい女の子メラニーが産まれたものの,母は産後の肥立ちが悪くなくなってしまう。経済的に苦しくなっていたクレアは大学を中退してアルバイトをしていたもののメラニーの世話で仕事も辞めなければならなくなります。唯一の身内である伯母はメラニーを養子に出して大学に復帰するなら経済的に援助しようというのですが,幼い妹を他人の家にやることなど考えもできません。断固伯母の提案を断ったクレアは伯母が老いていったお金の間にクレジットカードが挟まっているのを見つけて慌てて伯母の後を追って道路に出たとたんに車と衝突して動けなくなってしまいます。気付いたときに目にとまったのは浅黒い肌のハンサムな男性。それは伯母の雇い主であるアンドレアス・マルコポーロでした。アンドレアスはクレアを救急車に乗せ病院で意識が回復するまで付き添います。さらに退院が許可されると自分のペントハウスへ連れて行き,怪我の全快までメラニー共々療養するように言うのでした。メラニーも家政婦のレフカやその娘アルテア,運転手のニコスなどに可愛がられ,すっかり落ち着いているようです。メラニーを育てるのは自分しかいないと思っていたクレアは,面倒を見てもらうのも居心地が良いのですが,アンドレアスが近くにいるとどうしても男性を意識してしまい,若さゆえに反抗的になってしまうのでした。6年前に妻を亡くし,依頼結婚は2度としたくないと考えていたアンドレアスにも弱点がありました。92歳になる祖母のエレニがどうしても日添えをもらうように圧力をかけてきていたのです。合わせて親族一族も役員会で圧力をかけてきます。最近祖母が弱ってきていることからアンドレアスは窮余の一策としてクレアに便宜的な結婚を提案するのでした。しかもメラニーはクレアと自分との間に生まれたことにして・・・。これからどうやって生活していこうかと思っていたクレアにとって,今回の怪我でメラニーを一人では抱くこともできなくなったことや祖母が亡くなったら結婚を解消して好きなように生きて行って良い,メラニーも一緒に暮らして良いという破格の条件に,自分はお金で自分を売ってしまうのだという悲しい気持ちを抱きながらもメラニーに安定した生活を送らせるためならば自分の気持ちを抑えてアンドレアスの提案に乗るしかないと承諾の返事をします。そして3人はギリシアの祖母の家に行くのですが。しかし居心地の良さそうな豪勢な家に着いた3人を出迎えたのは,アンドレアスの義姉で1年前に夫を亡くしたデズモナでした。30代に見える落ち着いた美女ですが冷たい氷のような銀色の瞳で,クレアには最初から敵意をむき出しにします。実は親族の間では急逝したアンドレアスの兄ティモの妻デズモナとアンドレアスの結婚を画策していたのでした。女性を財産とみるギリシアの古い価値観。結婚をしたくないアンドレアスにとってこのデズモナとの結婚を断るためにも,親族の圧力から逃れるためにもクレアとの便宜的な結婚は実質的な結婚とは違うことでも,子供のいない自分にとってメラニーという後継者まで一緒にできるということで,何より都合のいい話しだったのです。しかしメラニーにも自分にも優しく接し,6年前に妻ソフィアを亡くしたことを聞き,さらに時折二人きりの時に優しく唇を近づけてくるアンドレアスに,次第にクレアの気持ちは愛に変わっていくのでした。やがて祖母の開いたパーティで二人が婚約したことを一族に披露されます。遅れてきたデズモナはクレアに近づいてくると出席者の中にアンドレアスの愛人がいると仄めかします。気にするまいと思いながらも疑心暗鬼になっていくクレア。デズモナの策略だと気付かないのもクレアの若さ故でしょうか。やややけになったクレアはパーティに来ていた若者達の誘いを受けて庭でシャンペンを片手に踊りの輪の中に入っていきます。気付いたときはアンドレアスが硬い表情でその集団をにらみつけていました。アンドレアスが指をパチンと鳴らすと若者達はさっと部屋に戻ってしまい,アンドレアスに手を引かれてクレアは寝室に連れて行かれ・・・。そこでクレアの気持ちとアンドレアスの気持ちは高まってしまい,遂にクレアは身を捧げてしまうのでした。充実感を得たクレアに対してアンドレアスは「あってはならないことだった」と苦悩の表情を浮かべ,その言葉に傷ついたクレアは「出ていって」と叫んで一人泣き崩れてしまうのでした。
 やがて結婚式の日を迎え,クレアは祖母が準備してくれた高価なウエディングドレスに身を包み教会での式に臨みます。そして式の後クレアとアンドレアスは祖母の元にメラニーを連れて行きます。客たちの間を回っている間に祖母が永遠に目を閉じたという知らせが入るのでした。その夜,クレアはアンドレアスに向かって,もうかりそめの関係は終えてもいいと確認するのですが「これ以上見せかけの結婚を続けることに意味があるかしら」「見せかけはいつになれば見せかけじゃなくなるんだろうな」とアンドレアスは意外な言葉を発します。「彼は私を求めている」。今夜は初めての夜よとアンドレアスに近づくクレアでした。メラニーの養子の手続きもロンドンで無事に済み,幸せな日々を送るクレアは妊娠の兆候を感じます。時に,伯母ローラと連絡が取れなくなっていることが気がかりになりアンドレアスに訪ねますが返事を渋るアンドレアスに違和感を覚えます。数日後街で偶然伯母を見かけたクレアは話しかけますが,そこで伯母から聞いた話に驚愕の事実。しかもアンドレアスの大いに関係する事実とは・・・。
 ラストのアンドレアスの言葉「僕の幸せのカップはあふれ出している」の一言がとても洒落ています。もうかなりミシェル・リード作品は読んでいたように思っていましたが,読了したものは予想外に少ないのですね。本作でまだ5作目でした。凝った設定と説明口調が物語の流れを止めてしまいがちな面があり,読了に至らなかった作品もあったのですが,本作のように一気読みができる作品もあり,作者のサスペンス風味のロマンス作品を今後も楽しみに読んでいきたいと思います。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。