So-net無料ブログ作成

偽りの義妹 [フィリス・ホールドーソン]

SHALOCKMEMO1331
偽りの義妹 To Start Again 1981」
フィリス・ホールドーソン 後藤美香





 原題は「」
 ヒロイン:マーサ・アン・グリーンフィールド(20歳)/両親を亡くし大伯母に育てられている娘/小柄,ブロンドの髪/
 ヒーロー:マシュー(マット)・ホーソン(歳)/鉱山会社の社長//
 アイオワ州の大伯母の家と無理やり婚約させられた相手から逃げるために,カリフォルニアに向かったアンは,車が故障し,通りかかった若い夫婦の車に同乗してデンバーに向かう途中,対向車と正面衝突し,若夫婦は二人とも死亡。車中で奥さんの鞄と結婚指輪を預かってしまったことから奥さんと間違われてしまったアン。せっかく逃げだした大伯母の元へ連れ戻されるのが嫌でとっさについた嘘。病院で奥さんの名前アンジェラと呼ばれたとき,アンと名告ったのに,アンジェラの短縮形だと看護師勘違いされてしまったアンは,アンジェラを迎えに来た夫の兄マットに対して,誤解のままにしてしまいます。初めは後で本当のことを告げようとしていたアンですが,マットはまだアンジェラに会ったことがなかったため,アンをすっかり義妹だと勘違いしてしまいます。マットの知るアンジェラはとんでもない女性でした。派手好きで弟のローリーを騙してお金目当てで妊娠した女性。それがアンジェラの実体だったのです。アンをすっかりアンジェラだと思い込んだマットは,アンにかなりひどい言い方で非難を繰り返します。ところが,ホーソン家についたアンはマットの父親ジェームズ(ジム)の世話をすることで,父親に対する以上の愛情を抱くようになります。マットの母コンスタンスは社交的な行事に全力を注ぎ夫の世話をちっともしない冷たい女性でアンを息子の自己の責任はアンジェラにあるとまるで敵のように扱います。ジムに頼られ,アン自身もジムを慕い,ジムの側用人ウルフガング(ウルフ)と協力してジムの世話をすることに歓びを感じていくのでした。マットは折に触れてアンを非難するのですが,そこにマットの会社の同僚ポリーが現れます。まるでマットの妻のように振る舞い,マットの母もポリーを嫁のように優遇するのでした。次第に家族の一員のような錯覚してしまうアンは,どんなに冷たくされてもマットに対して恋するようになります。マットの仕事の関係で長期間オーストラリアへの出張することになった前日,マットは食事と観劇にアンを誘います。しかし食事中ポリーが現れ,マットがアンへの義務を果たすために連れてきたのねという言葉を放つのでした。これがアンの心の琴線に触れ,すっかり腹を立てて一人タクシーで帰ってしまいます。そしてそのままマットはオーストラリアに旅立ってしまうのでした。
 その後ジムが風邪にかかって高熱が出ます。しかしウルフは留守,しかもコンスタンスも留守,事務を病院に連れて行こうとしてもジムは頑なに病院を拒みます。どうしようもなくなって出張中のマットに連絡を取り,その指示で往診の連絡を取ることに。幸い治療のかいあってジムの病状は回復するのですが,戻ってきたマットとの間には気まずい思いが飛び交います。マットはなんとかしてあの晩のことをアンに説明しようとしますがアンはいっこうに聞き入れません。そんな時,ポリーが突然ホーソン邸を訪れ,爆弾発言をするのでした。つまりアンの正体を・・・。さあ,アンはそのことにどう対応するのでしょうか。そして正体を知ったマットは・・・。(続く)

 通常記憶喪失ものになりがちな設定を,正体を偽った女性という設定にしたことが本作をとても面白い緊張感をもったストーリー展開にしてくれています。義妹への許されない想いと思っていたマットがアンの正体を知ったことにより,自分の想いを打ち明けるきっかけになるとはポリーの策略が完全に裏目に出ることになるとは意外でした。しかもその事実をあのジムが・・・。強く意図したことではなくともだまし騙されの人間模様が次々と意外な展開を生んでいくストーリー。イチオシです。
タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。