So-net無料ブログ作成

年上の人 [フィリス・ホールドーソン]

SHALOCKMEMO1330
年上の人 The Professor and the Nanny 2000」
フィリス・ホールドーソン 庭植奈穂子





 原題は「教授とナニー」
 ヒロイン:ブリタニー・ボールドウィン(21歳)/看護師アシスタント/165センチ,体重58キロ/
 ヒーロー:イーサン・ソープ(35歳)/ケンタッキー大学文学部教授/中背,茶色の髪,茶色の目,銀縁の眼鏡/
 作者の最新和訳「偽りの義妹」の関連で本作を読み始めました。平行して読んでいるうちに本作の方が面白くなり,先に読了してしまいました。原作は「偽りの・・・」よりも後に書かれた作品です。
 72歳で糖尿病と記憶障害(痴呆)を患っているヒーローの父親ネイト・ソープの在宅看護をすることになったブリタニーは看護大学1年の時に両親を事故で亡くし,経済的に働く必要が出てきたため学費を稼ぐためにこの仕事を始めたばかりで,これが最初の訪問先でした。もし雇ってもらえなければ,また次の仕事が見つかるまで時間がかかるかもしれません。そこで面接で年齢が若すぎると懸念を示されたのに対して,自信をもって大丈夫だと相手を説得します。一目でネイトはブリタニーを気に入り,二人の間には親子以上に親しい友情が芽生えます。さて,その息子イーサンときたら,こちこちの大学教授。2年前に離婚し,1歳半の息子は離婚した母親と暮らしているはずでした。ところがキャリア志向のイーサンの元妻ハンナが突然やって来て息子のダニーの親権をイーサンに譲るからと言い置いてさっさと子供を置いて出て行ってしまうのでした。昔から子供に対する愛情よりも自身のキャリアを大切にする元妻。イーサンとの間に言い争い以外の入る余地のない関係になっていたのでした。病気の父と1歳半の息子の両方の面倒をイーサンが見れるだろうか。本人は大丈夫だと言うけれど・・・ブリタニーは行きがかり上,できる範囲でダニーのナニーも兼任することになります。それにはイーサンも感謝の気持ちをもつのですが,若くて生き生きし,しかも思いやりにあふれ,患者のことでは一切譲らない芯の強さをみて,自分がブリタニーに惹かれていくのを戸惑いながら,ブリタニーの美しさに気付き,さらに困惑します。14歳の年の差。これが最も大きなイーサンの戸惑いの原因でした。一方ブリタニーはイーサンの負担の大きさに同情すると同時に,家族同然に自分を扱ってくれるネイトに父親と同じような気持ちをもちます。そしてイーサンには雇い主以上の熱い気持ちを止めることができなくなるのでした。なんとかプロ意識に徹しようと決心するものの,イーサンが困っている様子を見ていられず,ダニーに対しても深い愛情を持ち始めます。このように複雑な状況に陥ってしまった二人。イーサンはこれ以上二人の関係が変化していってはいけないと一度はブリタニーに解雇通告を出します。行き先が決まったらでていくようにと・・・。ところがネイトが行方不明になる事件が起き,この話はしばらく棚上げになってしまいます。もはやイーサンを愛してしまったブリタニーは正直にこの気持ちを告白するのですが,イーサンは頑なに君の願いを叶えることはできないと年の差を理由に一歩を踏み出そうとしません。二人の愛の行方は・・・
 全くお騒がせなイーサンの元妻の行動が退屈になりがちの本作に躍動的なストーリーを描き出します。さらにイーサンの父親ネイトのお茶目な行動がとても愛らしく,ブリタニーとの心の交流が本作に優しさと思いやりの雰囲気をもたらし,癒やしの作品に仕上がっています。ブリタニー頑張れと応援したくなるオススメの一作です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。