So-net無料ブログ作成

幸福の幻影 [ケイ・ソープ]

SHALOCKMEMO1305
幸福の幻影 Mother and Mistress 2003」
ケイ・ソープ 村山汎子





 原題は「母で恋人」
 ヒロイン:ローレン・ターナー(29歳)/イギリス人ナニー,元カナダの「マン・フライデー・エージェンシー」所属/身長170センチ,金髪,くっきりした目鼻立ち,/
 ヒーロー:ブラッド・ラクストン(39歳)/国際企業の社長/身長185センチ,黒髪,青い目,広い肩,分厚い胸,筋肉質の腕/
 イギリスの富豪の一人娘のナニーに飛び込みで応募してきた女性,それは実は娘の実の母親だった。こんな幕開けの物語です。16歳で妊娠し,相手には捨てられ,一家でカナダに移住したローレンは12年後,探偵を雇い娘の行方を突き止めます。それが大企業の社長ブラッドでした。町のパブでこれからどうしようと悩んでいたときナニーを募集していることを小耳に挟みます。娘に一目会いたい一心でラヴェーラ屋敷の扉をノックします。使用人が出てくるとばかり思っていたローレンは,ブラッド本人が扉を開けたのに驚き,屋敷に入ってすぐに魅力的なブラッドに惹かれてしまいます。のちに,ブラッド本人もこのローレンとの初めの出会いが,自分にとって愛する人を見つけたと思わせる運命の出会いでした。娘のケリーとの相性を確かめたいと,そのまま荷物を取りに行き,屋敷に住み込むことになります。初めはもうナニーが必要な年齢ではないとローレンを無視しようとしていたケリーですが,次第にローレンとの会話が成り立つようになり,いつしか二人は大の仲良しになって行くのでした。そしてブラッドの誘惑が始まります。ケリーに気付かれないようにと心がけるローレンも,いつしかブラッドの誘惑が待ちきれなくなってしまい,ついに二人は深い関係を築いていき,ついにブラッドはローレンとの結婚を決意します。そしてケリーもまたローレンが継母になることを喜んでいることが分かります。いつ,ケリーが実の娘だと告白しようかと気をもむローレン。しかしその事実は意外な人から明かされてしまうのです。ローレンのかつての同級生と偶然観劇の会場で出会ったことがきっかけでした。モーリンは軽薄で豊かな生活を送ることだけを考えている欲深な女性でした。数日してローレンとブラッドの結婚の記事が出たことを知り,披露パーティに招待もしないのに押しかけてきたモーリン。そしてローレンに強請を賭けてきたのです。翌朝強気でモーリンの要求をはねつけている会話をブラッドに聞きつけられてしまいます。そしてケリーの実母であることを知られてしまうのでした。通常であれば,ここで結婚は解消され,ローレンが家を出て行く場面ですが,ローレンは家に残り,ブラッドとケリーを説得しようと試みます。この当たりが他の作品との大きな違いです。さて,ローレンの挑戦は成功するのでしょうか?
 エピローグでは10年後のラクストン家が描かれていますが,乗馬の得意なケリーはなんとあの職業を目指しているのでした。全編にあふれる母性と深い愛情を持つローレンの姿が描かれている秀作です。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。