So-net無料ブログ作成

忘れられぬ抱擁 [メラニー・ミルバーン]

SHALOCKMEMO1304
忘れられぬ抱擁 Melendez Fogotten Marriage
( Bride on Approval 2 ) 2010」
メラニー・ミルバーン 茅野久枝





 原題は「メレンデスの忘れていた結婚」
 舞台:ロンドン,セビーリャ
 ヒロイン:エミリア・ルイーズ・メレンデス(旧姓:シェルヴァートン)(27歳)/ホテルのバー「シルバー・ルーム」ピアニスト/小柄,手と脚は日に焼けていてお腹のたるみはない,灰色がかった青い目,蜂蜜色の髪/
 ヒーロー:ハビエル・メレンデス(?歳)/企業買収会社経営/長身,真っ黒な瞳,濃い眉,漆黒の髪,鼻筋が通り顎は力強く,深く豊かな声/
 成長譚を描いては力量を発揮するメラニーのちょっと前の作品です。このシリーズは2011年の邦訳が多く出ましたが,まだほとんどが未読ですが,「同意の花嫁」とするシリーズ名は,本当は同意していないのに・・・という言外の意味が含まれているのかもしれません。本作を読んでそんな感じを持ちました。記憶喪失ものと夫婦の復活を描いた作品ということで,斜麓駈の好きなテーマです。ロマンス度がちょっと高すぎる気もしますが,夫婦ものにはありがち。それよりヒロインが結婚していた間の2年間の記憶だけ都合良くなくなっていることが,ややわざとらしさを感じさせてしまい,他の方の読後感を読んでもあまり良い印象を本作に持っていないことが気がかりです。思えばヒーローもヒロインも親の子供に対する責任放棄のしわ寄せを受けて育ってきた,いわゆる愛情不足者たち。ヒロインはだからこそ夫の愛が欲しいと願っているのに,ヒーローはだから愛を信じちゃいけないと思っている,このすれ違いが,本作の中心になるテーマなのだと思います。かなり深い夫婦者をテーマにしているんじゃないかと思うのですが,これは舞台で演じたり映画化したりすると面白いなという感じがします。決して雪に閉じ込められた別荘での物語ではありませんし,それより逆に陽光に照りつけられるセビリア(訳ではセビーリャとなっていますが,セビリアという表記の方が慣れているので敢えてそうします)の大邸宅で繰り広げられる点では真逆なのですが,なんだか共通点があるような閉塞感を感じてしまうのは,舞台的な演出のせいでしょうか。表現が映像的なせいでしょうか。それでもヒロインのエミリア,ヒーロー,ハビエルのインナーワールドに読者を誘い込むメラニーの巧みな筆裁きによるものではないかという気がします。いつエミリアの記憶が戻っていくのかというサスペンス要素もその要因になっているような気がします。その面で,本作を記憶喪失ものにしたメラニーの術中に易々と嵌まってしまったのかもしれません。妊娠と流産,その事実を淡々と告げる医師たちのドライな言動も逆に客観性を感じさせ,ヒロインを嫌う家政婦の言動もちょっと不気味な雰囲気を感じさせます。唯一明るい面はエミリアとハビエルの妹イザベラとの心の交流ですね。最後はハビエルの背中を押すイザベラがとても爽やかで,温かく,本作を兄への思いやりと幸福感を感じさせるハッピーな役柄を一人で背負っている感じがします。
 MB版の表紙イメージのモデルさんのお腹のすっきり具合がすごく綺麗で,背後の男性モデルさんの腹筋の割れ具合と合わせて,とても目につく作品です。エミリアの風貌は最低限しか表記されていないのですが,この表紙イメージを見ただけでヒーローがなぜ惹かれたかがイメージできる点がいいですね。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。