So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ひと夏かぎりの情事 [マギー・コックス]

SHALOCKMEMO1289
ひと夏かぎりの情事 A Devilishly Dark Deal
( Deal with the Devil 1 ) 2012」
マギー・コックス 山本みと





 原題は「悪魔的で暗い取引」
 ヒロイン:グレイス・フォークナー(25歳)/慈善団体職員/淡い金色の髪,横顔でさえ天使のように見える,優美な細く長い腕,魅力的な笑み,ブルーの瞳,嫋やかながら砂時計を連想させる豊満な体,染み一つなくなめらかで美しい肌/
 ヒーロー:マルコ・アギラール(?歳)/実業家/緑色の目,日に焼けた肌,セクシーな濃い茶色の瞳,贅肉のない男性的な腰,イタリアルネサンス時代の彫刻家の掘ったような崇高な美しい顔立ち/
 聖女の誕生です。そしてポルトガルが舞台となるというロマンスとしては珍しい設定です。アルガルヴェというリゾート地。そこで幼少時代を過ごしたヒーローのマルコ・アギラールは親に捨てられ養護施設で育ちます。その後土地開発で巨万の富を得て富豪となったマルコに,休暇中だったヒロインのグレイスはアフリカの貧しい地域での養護施設の改築への寄付を得ようと,勇気を出して近づきます。突然の駆け寄りにマスコミのインタビューアーかと思ったマルコは始めグレイスをにらみつけますが,その清純な美しさに興味を持ち,寄付の内容についての説明を聞きたいと翌日会うことを提案します。それが二人の出会いでした。冷たい態度だけれども男性としての魅力にあふれた独身男性のマルコに,簡単に退けられてしまうと思っていたグレイスはこの展開に驚きます。自分がごく普通の冴えない女性だとしか思っていないグレイスにとっては,マルコが自分に興味を持つなどということには思いも至らなかったからです。自分の身の危険すら捨てても,人のためには尽くさないと気が済まないグレイス。そんなグレイスの行動や正直に心の内を話す性格に,これまで熾烈なビジネスの社会で生き抜いてきたマルコは,新鮮な驚きと人間としてのあるべき理想の姿を垣間見るような気がして,次第にグレイスに気を許し,そしてどうしようもなく惹かれていきます。ロマンスにありがちな敵役や意地の悪い女性も表だっては登場せず,しかも性格のねじ曲がってしまったマルコに家政婦や運転手,ボディガードといった人々が温かく見守り,グレイスとの関係が深まるのを喜ぶ姿がとても爽やかで心が温まるように感じられる,明るい癒やしの作品です。原題の「devilishly」や「dark」な感じは全くありませんので,どうしてこんなタイトルが付けられたのか不思議です。
 マーティーンというのがマルコの秘書の名前ですが,このあまり使われない名前が,同時に読書中のシャロン・サラの作品にも登場するのでちょっと面白いと思いました。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。