So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

君なくて(ネタバレ注意!) [エマ・ダーシー]

SHALOCKMEMO1252
君なくて The Colour of Desire 1990」
エマ・ダーシー 寺田ちせ




PB-167
16.05/¥700/156p

I-0668
91.09/¥590/156p


 原題は「欲望の色」
 ヒロイン:キャスリーン・マヴォーニー(21歳)/ソプラノ歌手/列車事故で両親を失い,自身も命をとりとめたものの両膝を潰されて何度も手術を繰り返しやっと2時間ほどなら経っていられる程度に回復している/豊かな赤毛,大きめの唇,赤みがかったブロンドの長いまつげ,青い目/
 ヒーロー:モーガン・ルエリン(32歳)/ミュージカル作曲家/長身,黒い髪,太い眉,高い頬骨,精巧なのみで彫ったような鼻,引き締まった唇,頑固そうな四角い顎/
 本作の本当の主人公はシスター・メアリ・シシリーという修道尼の音楽教師だと思います。ヒロインのキャスリーン・マヴォーニー,ヒーローのモーガン・ルエリンはこのシスター・シシリーに運命を握られ,踊らされて,結局その思惑どおりの行動を取ってしまうからです。そしてシスター・シシリーはそのことを見越したかのようにキャスリーンに言葉を残しているのです。最後にはモーガンがキャスリーンと作り上げたミュージカル作品を破棄するのに,その作品の譜面と録音媒体のコピーを遺言代わりに残すということをやってのけています。シスター・シシリーが教えた中でも最高の才能を持つ二人を出会わせ,影響を与えさせ,ついには二人の弟子がゴールインするように仕向けていく,そんな遠大な計画を確実に実施していくプロデューサーとしての才能を持った女性だったようです。修道尼としては院長のいうように従順な人ではなかったようですが,だからこそ音楽を愛し,自分が果たせなかった夢を二人の弟子たちをとおして実現させていく力はかなりのものです。しかもそれが自分のためではなく弟子たちのためになって行くことを見越していたのです。シスターの遺体を前にヒロインが泣き崩れる場面では読者も涙を禁じ得ない感動の場面となっています。ストーリーテラー,エマ・ダーシーの作品の中でもピカイチの作品だと思います。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。