So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

哀愁のプロヴァンス [アン・メイザー]

SHALOCKMEMO1227
哀愁のプロヴァンス The Night of the Bulls 1972」
アン・メイザー 相磯佳正




PB-166
16.04/¥700/176p

R-0001
79.09/¥450/173p


 原題は「雄牛たちの夜」
 ヒロイン:ダイアン/教師,シングルマザー/愛らしい目,セクシーな唇/
 ヒーロー:マノエル・サン=サルヴァドール/農園経営者/黒い眉,灰色の瞳,高い頬骨,厚い唇,引き締まった顎,濃いもみあげ/
 初訳はハーレクイン・ロマンスの第1番の復刻です。HQの古典的名作を復刻する「ロマンス・タイムマシン」のシリーズの1作で2001年にCPで再版されています。初訳は1979年。40年前の出版(原作は1972年)ですから,さぞや古めかしい作風かと思いきや,文学作品を読むような格調高い調子ではあるものの,描かれている登場人物たちの気持ちの動きは現代とあまり変わらず,ヒーローのマノエルが少し寡黙で男らしさがにじみ出る性格,そしてヒロインがちょっと浮気っぽい感じであることや,敵役のイヴンヌとマノエルの母の性格の悪さが目立つことなどは,ストーリー展開に明確さをもたらし,筋立てはさすがアン・メイザーと思わせる作品だと思います。時代的なものを感じさせるのは,ヒロインが公衆電話を使うところとか,ロマ(本作ではジプシーと表記されていますが)の風習が描かれているところなどはあるものの,それが返って魅力になっています。舞台がフランス南部,ミストラルやアルルといったフランス独特の風物,都市が舞台となっているため,エキゾチックな感じがなかなかイイですし,フランスでも闘牛が行われていることなどが分かって,楽しめます。いわゆるシークレット・ベビーものですが,子供の存在を隠すことなく,その子の病を治すためにヒロインが強い気持ちでヒーローの元を訪れるところから物語の幕が上がるところも,若干ミステリーの倒叙もののような感覚になれるところも面白さの理由だと思われます。今後もこのシリーズ出版が続いていくとすれば,ハーレクインの古典を読む絶好の機会になりそうです。


タグ:ロマンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。