So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ファンタジー [エマ・ダーシー]

SHALOCKMEMO943
ファンタジー Fantasy 1985」
エマ・ダーシー 松村和紀子





ヒーローの名前が登場するのは第4章に入ってからという,なんとも秘密めいた作品ですが,実は映像としては彼はヒロイン,イブ・チャイルドが溺れるのを助ける第1章から登場しています。謎の男ポール・ラマーは化粧品大手会社の社長で,海辺の別荘で過ごしていたところに,恋人が同性愛者であることを知ったイブがショックから海辺にやってきて泳いでいるうちに足がつってしまったところを助けたのでした。そして,海辺ではしゃぐイブとポールは互いの魅力に嵌まって一夜を共にします。イブにとっては初めての経験でした。モデルのイブは22歳でまだ精神的には未熟でした。母親マリオンと写真家サイモンによって,中性的な魅力を引き出されていたイブですが,ポールとの体験によって女性としての自分の魅力にも気づくのでした。そしてサイモンから独立しようとしたイブですが,業界ではサイモンとイブがセットでなければなかなか仕事は見つかりません。数週間後ラマー化粧品からイブをCMモデルとしてつかいたいので面接に来るように通知があります。自分で決断できる仕事になるかもしれないと期待して会社を訪れたイブが社長室に入ると,そこにポールがいたのでした。驚愕のイブ。そして試験的にCM撮影契約を余儀なくされます。イブは自分を騙していたポールにがっかりします。ポールもまた,自分のところを去って行ったイブが計算高く自分を訪ねたのだと思い込んでいました。この二人のすれ違いがCM撮影でもイブの緊張を大いに高め,撮影を難しくしていくのでした。しかし,相手役の男優に嫌気がさして耐えられなくなったときポールが相手役を追い出し,イブがポールを指命して自然のままに思いを込めることが出来ます。このあたりのCM撮影の様子は,何となく「ラブ・レイン」で海辺の女神アフロディーテとしてハナを撮影したグンソク君を思い出させます。そして,CMが完成し,試写会の席で,ポールからはひと言も言葉をかけられなかったイブ。去ろうとするポールをイブは追いかけます。もはや自分のキャリア以上にポールを愛していることを黙ってはいられなくなったからでした。さて,二人の間のすれ違いはどんな風に解決するのでしょうか。互いの気持ちに素直になることが出来ずにプライドや周囲が邪魔をしてしまうというのがロマンス小説のパターンですが,本作は互いのことを知らずに出会い,思いを遂げ合ったファンタジーな出来事を描いて,見事に美しい物語を結実させたさすがエマ・ダーシーと言える作品です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。