So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

王の愛人 [テリー・ブリズビン]

SHALOCKMEMO375
王の愛人 The King's Mistress 2005」
テリー・ブリズビン Terri Brisbin 石川園枝





12世紀後半。ヘンリー2世の愛人アランソンのマルガリートは王の不興を買いイングランドの北の領主シロス城のオリック卿のもとに嫁がせられることになる。
生まれたときからひたすら王妃になるために教育され本人もそれを望んで王の愛人となっていたマルガリートにとって,王宮から離れたところで,王以外の人と暮らすことは考えたこともなかった。
一方オリックにとっても王の愛人という自分の妻の存在を受け入れるのは,大変なショックであることはいうまでもない。
そんな二人が,互いに心を開き愛し合うようになるまでのさまざまなこころの葛藤を描いた,そんなお話し。
さて,王が,マルガリートに王宮に来るように要求してきたとき,本当の二人の愛が試される。
プランタジネット家の王の本性が見事に描かれたおすすめの一作。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。