So-net無料ブログ作成
クリスティーン・フリン ブログトップ

落札された令嬢 [クリスティーン・フリン]

SHALOCKMEMO1350
落札された令嬢 Hot August Nights
(愛を知った日 2) 2004」
クリスティーン・フリン 竹内 栞





 原題は「暑い八月の夜」
 ヒロイン:アシュリー・ケンドリック(28歳)/慈善事業家,「ケンドリック財団」取締役/上品で洗練された女性,身長165センチ,ブロンドの髪,美しい瞳,ブリンマー・カレッジとソルボンヌ大学卒業/
 ヒーロー:マシュー(マット)・キャラウェイ(歳)/建設会社社長/身長190センチ,筋肉質の身体,ブルーがかったグレイの瞳,労働者の手/
 シリーズ2作目。ケンドリック家の姉娘アシュリーがヒロインです。兄コードの友人マット。シェルター・プロジェクトで低所得者向けの住宅建築作業をフロリダ州グレーレイクですることになってしまったアシュリー。ふざけてオークションでアシュリーに5万ドルの値を付け,落札してしまったマットですが,特権階級のお嬢様であるアシュリーが実際の大工工事に携われば半日で値を上げてしまうだろうと高をくくっていたのです。唯一の悩みの種はマスコミの密着取材でした。果敢に釘打ち機を手にし,木材も自分で運ぶアシュリーを見て,これは一筋縄ではいかない女性だと考えたマットは,なんとかマスコミ攻勢からアシュリーを守りたいと自然とマスコミとアシュリーの間に割って入ることになります。そんなマットに口ではマスコミに親切にしないと記事でたたかれてしまうと笑顔を向けるアシュリーに,マットは痛々しさを感じてしまいます。つねに良識ある人間だと周囲に思ってもらおうとするアシュリーが,本気でそう考えていることに驚きと,危険な作業にも文句一ついわずに取り組もうとする真摯で誠実な態度に感心し,惹かれてしまう自分にマットは驚くのでした。ジーンズに野球帽,作業用エプロンに安全用ゴーグルという作業員の格好をしていてもアシュリーは常に光り輝き,男性ボランティアたち全員の秘めた騎士道精神を引き出してしまうのでした。田舎の町のしがないホテルでの宿泊にも文句一ついわず,1カ月以上にわたるであろう住宅建築の作業に果敢に取り組むアシュリーの姿に驚くとともに,親友の妹であり,世が世なら王家のプリンセスであったはずのアシュリーと育ちの悪い自分とではギャップがありすぎる,それがマットの本音でした。以前から建築現場にボランティアに出かけ,そこに必ずプロの自分の従業員を複数配置しているというマットの行動を作業の棟梁から聞いたアシュリーもまた,一見ぶっきらぼうに見えるマットが実はかつて兄とともに馬鹿なまねばかりしていた不良少年ではなく立派な経営者に変貌していたことに驚き,表からは見えない心の広さと人に対する優しさに気付いていきます。「普通の家庭や家族が欲しいのかい?」というマットの問いに「そうよ」とアシュリーが答えたのは,二人が一夜を共にした後でした。「自分は骨の髄まで家庭的な人間で,自分の家庭や家族以外に何かを望むなんて想像できない」と考えているアシュリーと家庭的な暖かみを感じることなく幼少時代を過ごしてきたマット,二人の違いは明らかでしたが,互いによい影響を与え合うのが自然だと感じさせるストーリー展開は見事です。
 やがて巨大な暴風雨がフロリダを襲います。工事の遅延を恐れて最後まで暴風雨対策をしていたマットとアシュリーは建築中の家に閉じ込められてしまいます。道路が倒れた木と電線でふさがれてしまい,退避するのがやっとでした。ここで誤植がありました。「避難」が「非難」と表記されています(位置ナンバー4578です)。マスコミの目を逃れ作業ボランティアたちとも離れた二人は自然と互いを求め合うことになりますが,その時すでにアシュリーは自分の身体に変化に気付き始めていたのでした。あの一夜のせいだと分かっていましたが,周囲の目を気にしてなかなかそれを確かめる手段がなかったのです。一時は薬局に立ち寄ったりもしましたが,店員に自分だと気付かれてしまい,検査薬を買うことができなかったのです。そして翌朝,台風一過,晴れ渡った空を見上げる暇もなく,作業員たちが戻ってきたのでした。二人は何事もなかったかのように作業を続け,無事に日常に戻ることになるのですが,作業もあと1週間で終わるところまでになります。そんな時,アシュリーは母のキャサリンから電話を受け,妹のテス夫妻におめでたができたことを聞きます。いよいよ作業も終了し,1カ月にわたるマットとアシュリーの生活も終わりを告げました。二人はそのまま別れ別れになり・・・。アシュリーは姿を消します。実は母親にも迷惑をかけてしまうと考え,アシュリーは妊娠のことを黙ったまま,祖母の元へと行ってしまうのでした。そこでじっくりこれからのことを考えたいと思ったからです。そしてテラスでのんびりしているところに思いがけない人がやってくるのですが・・・。
 美貌と富と自立心にあふれ,常に人への配慮を気にかけながら成長してきたアシュリーが,自分のことを真剣に考えるきっかけを作ったマットへの愛を成就させることができるのでしょうか。終末部でやっと顔を出したルツァンドリア女王にしてケンドリック兄妹の母方の祖母ソフィア・レジーナ・アメリア・レナルディ女王。その見事な采配が本作をハッピーエンドに導きます。読後感の爽やかな作品です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

口づけの代償 [クリスティーン・フリン]

SHALOCKMEMO1348
口づけの代償 The Housekeeper's Daughter
(愛を知った日 1) 2004」
クリスティーン・フリン 佐藤たかみ





 原題は「家政婦の娘」
 ヒロイン:アディ・ロウ(27歳)/ケンドリック家の庭師,学生/髪はブラウン,身長160センチ程度,寡黙で目立たないことを得意とする/
 ヒーロー:ゲイブ・ケンドリック(35歳)/バージニア州上院議員,知事候補,母は元ルツァンドリアの王位継承者/セクシーな口もと,意志の強さを感じさせる顎,グレーの目,豊かな黒髪,長身/
 今月は,なぜか仕入れの月のようです。いろんな作品の少しずつ味見してしまい,読了本がかなしいほど少なくなってしまっています。また,ウェブ整理しながら,面白そうな作品やシリーズをちょっとずつかじっているので余計読了が遅くなっている状態です。
 身分違いの恋がテーマの本作。シリーズ第1弾です。バージニア州の名門ケンドリック家の3兄妹弟を主人公にした3部作で,本作のヒーローは長男で上院議員,知事候補として選挙戦を開始しようとしているゲイブ・ケンドリックです。ケンドリック家の令夫人キャサリン・テレサ・ソフィアは元ルツァンドリア国の王女で,王位継承者でしたが,ゲイブの父と結婚するため王位と称号を捨ててアメリカに渡ってきた真の貴族。キャサリンの家政婦として働いていたのはアディの母ローズと庭師として働いていた父トム・ロウの娘として,敷地内のロッジで育ったアディは,5年前に父が亡くなったため,大学を途中で休業し庭師として2人のアシスタントともに敷地の植物管理を務めていました。それによって,ロッジから出ることなく母ローズと一緒に住むことができていたのでした。この処遇に一役買ったのがゲイブでした。ゲイブは生前のトムと大変親しく,悩み事があるとトムに相談してきたのですが,トム亡き後はアディにアドバイスを求めることにしていたのです。庭師として小柄なアディは目立たないトップスとジーンズという地味な服装でいつも仕事をしていましたが,そんなアディをゲイブは心から信頼していたのです。アディはその後植物学の講座を取るために冬の机間だけ集中的に大学に通っていたのですがそこで,忘れられた歴史的庭園の計画図を発見し,町の歴史協会長の元に届けたのですが,協会長のヘレンはそれを自分のもののように保護申請してしまいます。しかしアディにはそのことに異議を唱えるだけの学歴も知名度もありません。その話を聞いたゲイブはアディを協会の定例会に連れて行き,プロジェクトのリーダーにするようにヘレンに求めます。すっかり自分の悪巧みを指摘されてしまったヘレンはそこで復讐するためにあたかもゲイブとアディが男女の仲のようにマスコミにリークするのでした。そうすればアディを協会から追い出せると考えたのです。スキャンダルとなるだろう使用人である庭師と上院議員の不適切な関係,そんな記事が報道されると,アディはこれまでと同じように自分から身を引こうとします。自分の仕事や居場所を確保してくれようとしたゲイブが苦境に陥ってしまったのは自分のせい,選挙戦に不利になる自分の存在が申し訳なくなり,ケンドリック家から身を引くアディでした。母ローズもゲイブとの関係を憂慮し,何度も気をつけるようにアディを注意します。実は母ロースには若い頃議員の男性に憧れ,選挙事務所に勤めていたことがあるのでした。深い関係から妊娠そして捨てられて・・・。そんな時ローズを救ってくれたのがアディの父トムでした。しかし流産。数年後にアディが生まれます。ローズの目にはかつて自分を捨てた男性とゲイブが重なって見えていたのです。ケンドリック家をでたアディをしつこくマスコミが追いかけます。そして行方を捜して訪ねてきたゲイブと会っているところをまたもやマスコミのカメラにとらえられ・・・。いよいよマスコミとの対決と,そして庭園のプロジェクトの実施に向けての協会の定例会に力を貸してくれたのは意外なことに,ゲイブの母キャサリンでした。そして,普通寡黙なアディが打った最大のヒットは・・・。
 アディのシンデレラストーリーですが,上流社会に属していないアディ母娘が仕えるケンドリック家,特にキャサリン元王妃の,ある意味庶民的で公平な感覚が素晴らしく,勇気を持って自分の愛を追い求めようとしていくアディとゲイブに拍手を送りたくなる作品です。次作では長女アシュリーが登場します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
クリスティーン・フリン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。