So-net無料ブログ作成
キャット・シールド ブログトップ

天使を抱いたシンデレラ [キャット・シールド]

SHALOCKMEMO1464
天使を抱いたシンデレラ Secret Child, Royal Scandal
( Sherdana Royals 3 ) 2016」
キャット・シールド 結城みちる





 原題は「秘密の子供と王室の醜聞」
 ヒロイン:ノエル・デュポン(27歳?)/ウエディングドレス・デザイナー/つややかなダークブラウンの髪,小柄でスレンダー,薄茶色の目(虹彩は緑色をおびている)/
 ヒーロー:クリスティアン・アレッサンドロ(30歳)/シェルダーナ大公国の第三王子/金色の目/
 訳者結城みちるさんの初仕事。ここまでシェルダーナ大公国の後継者を巡る問題も第1作「プリンスの望まれぬ花嫁(SHALOCKMEMO1332)」「王家の花嫁の条件(SHALOCKMEMO1415)」と続き,いよいよ三つ子の最後クリスティアンの物語となるわけですが,長男ガブリエルの妻オリヴィア,次男ニックの妻ブルックいずれも苦労の末愛を育んでいきます。妹アリアナもいますが,これは続編が書かれるのでしょうか。また大公位を継ぐのは誰になるのでしょうか。そんな期待を持ちながらじっくりと本作を読みました。
 5年前に事故で右半身に負った火傷の跡が肩や首,頬に残っているクリスティアン。ニックとブルックの結婚式で,花嫁のそばに付き添っている小柄でスレンダーな女性,ノエル・デュポンは高名なウエディングドレス・デザイナーです。彼女は長男の嫁オリヴィアのドレスデザインにも関わっていたのですが,クリスティアンとノエルはかつて関係を持ったことがあるのでした。5年前。シェルダーナに生まれデザイナーになるためにパリに渡り,高名なデザイナーについて学び,それからたった2年で頭角を現してイタリアの王子のウエディングドレスのデザインを手がけ一躍有名になっていたのです。それからは,各界の有名人のドレスデザインを手がけ,今では世界中の女性がノエルのドレスを求めるようになっています。「ノエル・デュポン。アレッサンドロ大公家で最も気まぐれな王子の心をなだめることができた唯一の女性」と評されているノエルは大きな秘密を抱えています。「末っ子のクリスティアンは甘やかされて育ち,その愚行はタブロイド紙を度々賑わせている。」つまり三つ子の中で最もスキャンダラスな王子というわけです。5年前浅はかな行動のせいで事故に巻き込まれ体と心に傷を負い,30歳の今,国のために後継者を作らなければならないという立場に立たされているのです。アレッサンドロ大公家が大公位を維持し続けるには,三人の王子の中で誰かが男子をもうける必要があります。妻の条件はヨーロッパの貴族階級出身かシェルダーナ国籍の女性ちいうものです。クリスティアンの母はヨーロッパの貴族階級の中から長いお妃候補のリストを作っていると妹のアリアナに脅かされ,「自分の妻を探すのに誰の助けも要らないよ」と言い返しはしますが,二人の兄たちが次々と王位を放棄し愛する相手を選んでしまった今,自分に期待が一身に集まっていることも十分承知しています。さらに5年ぶりに出会ったノエルは,よそよそしい振る舞いでクリスティアンをいらだたせています。「わたしはあなたにとって都合のいい女だったのよ。付き合っていた2年間など何の意味もなかったかのように突然」捨てられたと非難され,クリスティアンは友情から始まった二人の関係を,そして信頼できるノエルを,率直さと穏やかな優しさを併せ持つノエルに癒やしと慰めを求めたくなるのでした。「きみが必要なんだ」と打ち明けるクリスティアンに「もう,昔のわたしとは違うのよ」とクリスティアンの前を去って行くノエル。ノエルの秘密とは,クリスティアンとの間の息子マークの存在でした。母親と同居して息子の世話を頼み,仕事に打ち込んできたこの数年,クリスティアンにはいずれ分かってしまうと怖れを抱きつつも,マークに父親の存在を問われたときはいないと答えるしかなかったのです。もう少し成長したらその存在をクリスティアンに告げようと思ってはいましたが,5年前に自分は捨てられたという思いが強く,なかなか機会も決心もないままに現在に至ってしまったのでした。深い金色の目は父親そっくり。顔立ちも父親そっくりです。一目でアレッサンドロ家の血を引いていることは明白な息子。クリスティアンに再会して,マーくその存在が知られるのではと落ち着きません。母親からも反抗期を迎えた孫息子に男親の存在が必要なのよと言われてしまいます。結婚式が行われた日の夜の8時35分突然玄関ドアをノックする音がし,クリスティアンが訪ねてきます。今息子と母は2階に上がったばかり,なんとか息子が見つかる前に追い出さなくては,と終末のデートを約束して追い払おうとした瞬間,マークが2階から降りてきてしまいます。「殿下,わたしの息子マークです」というと「きみの息子だって?僕たちの息子だろう」とすぐに見抜かれてしまったのです。金色の目とダークブラウンの髪というアレッサンドロ一族の特徴を備えたマークを見てクリスティアンはすぐに気づいたのでした。さらにクリスティアンを見返し「ぼくが追い払ってあげる」と母親をかばうマークの大公然とした行動にクリスティアンはすぐにマークの父親だと打ち明けたくなるのですが,必至にそれを止めようとするノエルの様子に,一時は引きます。マークが二階に引っ込んだ後,二人は話し合いを持たざるを得ませんでした。「ぼくはマークの父親として認められたい」「息子にわたしと同じ苦しみを味わって欲しくないわ」と二人の意見は食い違います。ノエルは5年前自分がクリスティアンに捨てられたことを指し,いずれ息子もわたし同様父親から捨てられるかも知れないという疑いを捨てることはできなかったのです。
 それからは,クリスティアンによるマークとノエルへの働きかけが激しくなります。しかしノエルは5年前と同じようにクリスティアンへの愛を忘れたわけではありません。「あの子はきみだけの子供じゃない。アレッサンドロ家の血を引く者だ。シェルダーナ大公家の血をね。」と,ノエルへのプロポーズをするクリスティアン。しかし,ノエルはこれは便宜的な結婚に過ぎないと思い込んでいます。クリスティアンとマーク,ノエルの三人はそれからなにかと一緒に行動するようになります。そしてニューヨークからの大きな仕事の依頼があり,ノエルはマークを連れてニューヨークに行こうとするのですが,マークがグズグズしている間に,クリスティアンがやって来て一緒に行くと言い出すのです。ノエルが仕事をしている日中はぼくがマークの面倒を見ようと・・・。マークもまた初めはクリスティアンに敵対心を持っていたのに何日も一緒に過ごす内にクリスティアンをプリンス・パパと呼び,幼いながらも王子である自分の父親という存在に折り合いを付けるようになっていたのです。クリスティアンからのプロポーズを断り続けているノエル。その気持ちを大きく変えたのは,あの5年前になぜクリスティアンが自分の前から去ってしまったのかと言うことの本当の理由を知ったときでした。当時クリスティアンの仲間たちが,ノエルに対して良からぬ関心を持ち,それを偶然聞いてしまったクリスティアンは,ノエルの才能を生かしてパリに行くことを勧めることによって難を逃れようとしていたのでした。ニューヨークで昔ノエルの評判を落とす記事を書いた女性記者がノエルの才能はクリスティアンの力があったからこそ認められたに過ぎないと言ってきたことに疑問を感じ,クリスティアンを問い詰めて分かったことでした。ついにノエルはクリスティアンのプロポーズを受け入れます。シリーズ最終作であればエピローグで大団円となるところですが,なにか尻切れトンボのような感が否めません。これはきっと続編が書かれる気配です。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

王家の花嫁の条件 [キャット・シールド]

SHALOCKMEMO1415
王家の花嫁の条件 A Royal Baby Surprise
( Sherdana Royals 2 ) 2015」
キャット・シールド 杉本ユミ





 原題は「驚きの王室の赤ちゃん」
 ヒロイン:ブルック・ディヴィス(30歳?)/大学講師,博士号2つ/細い眉,灰緑色の瞳,金色の混じる赤い髪,卵形の顔,透き通るような白い肌,えくぼ,なだらかな頬骨,長く形の良い脚,きめ細やかでなめらかな肌,しなやかな筋肉/
 ヒーロー:ニコラス(ニック)・アレッサンドロ(32歳)/科学者,シェルダーナの王子(三つ子の次男)/長身,広くたくましい肩,引き締まった腰,彫りの深い顔と金色がかった茶色の瞳/
 ヒロインの姓がDavisをなぜディヴィスと訳したのでしょうか。通常ならデイヴィス?訳者が杉本ユミさんですから訳者が間違えたとは思えませんし,あくまで編集部の意図があったとしか思えませんからね。
 「僕が設計したシステムのせいで人が死んだ」ロケット発射を成功させることがニックの目標だったのですが,ブルックの兄グレンがゴーサインを出した試験発射の結果は失敗し,一人の犠牲者を出してしまったのです。丁度,ニックの兄ガブリエルが妊娠出来ない妻オリヴィアと結婚し(「プリンスの望まれぬ花嫁(SHALOCKMEMO1332)」),国のために結婚して子供をもうけることが強く求められてしまったこともあり,帰国せざるを得なくなったニックでした。「兄に次ぐ王位継承者として,ニックには国家法に則り,未来の大公の母親となる王妃を娶る責務が生じる」。一カ月後,親友グレンの妹ブルックは,突然アメリカを去ってしまったニックを追って滞在しているギリシアの島にやって来ます。ニックをアメリカに連れ戻すことがねらいでしたが,ブルックにはもう一つニックに会う必要があったのです。それは,ニックの子供がブルックのお腹に育っていたからでした。単なる研究者としかニックを思っていないブルックの誘いを断るため,ニックは自らの身分を明かします。そしてブルックは国法によって未来の王妃にはなれないと説得しようとしますが,ブルックは妊娠のことをニックにすぐに告げることはできないと考えるようになります。つまり二人の関係に未来がないのであれば,ニックに余計な負担をかけないほうがいいだろう,なぜなら自分はニックを深く愛しているから・・・。兄の親友として5年間も慕い続けてきたニックとブルックが関係を持ったのはそんなに多くの機会はなかったものの憧れから愛へと発展してきたブルックの気持ちは今や彼なしでは生きていけないほど,しかもお腹には彼の子供がいる。とにかくニックに会っただけでメロメロになってしまうブルックですが,単なるミーハーな女の子とは違い,ブルックは博士号を二つも持つ才媛です。「彼女がこれほど知的でなければ,どんな美女でも彼は夢中にならなかっただろう。彼女のセクシーさと頭脳にワンツーパンチでノックアウトされたも同然だった。」
 結局ずるずるとニックはブルックを帰国の時にシェルダーナに連れて行くことにします。そして大公や大公妃,皇太子夫妻,そして妹のアリアナ王女にブルックはすっかり気に入られてしまいますが,大公妃はニックが国法による結婚と世継ぎづくりを放棄しないよう釘を刺すことも忘れてはいませんでした。愛すればこそ,このニックの苦しい立場を守られければ,とブルックはアメリカへと旅立つのでした。ところが・・・。ニックが国法による結婚をせずに皇太子と同じようにブルックとの将来を考えるとしたらその条件とは,もう一人の王子で三男のクリスティアンに希望を託すしか方法はないのですが,本作にはクリスティアンはほとんど会話の中に登場するのみで,顔を出さず,次作への期待を込めて終盤を迎えます。
 邦訳版の表紙にはよりくっきりとドレスを押し上げる立派な胸でクリームのようなつややかで見事な赤毛の美女が描かれており,その美しさが見事に描かれています。もう一つ,イタカの島にいたときに,1953年の大地震のことが登場しています。調べてみるとギリシアのこの地震はかなりの規模で多くの犠牲者を出した大地震だったようです。もちろんこの年が自分が生まれた年であり,それを知らなかったのは当然ですが,あまりヨーロッパで地震のことが話題にならないことも大きいでしょう。イタリアのベスビオ火山噴火のように,火山とか地震による被害というのはヨーロッパにもあるんだなということが,改めてわかったことも収穫でした。そして,アメリカでブルックが乗っているのは,なんと「プリウス」だそうです。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

プリンスの望まれぬ花嫁 [キャット・シールド]

SHALOCKMEMO1332
プリンスの望まれぬ花嫁 Royal Heirs Required
( Billionaires and Babies 56 ) 2015」
キャット・シールド 川合りりこ





 原題は「王家の必須の後継者」
 ヒロイン:オリヴィア・ダーシー(?歳)/イギリスの伯爵令嬢/優美で女らしく,染み一つない白い肌,すらりとした脚,しなやかな腕,エレガントな首筋,ブルーの瞳,ブロンドの長い髪,170センチ近い身長/
 ヒーロー:ガブリエル・アレッサンドロ(?歳)/シェルダーナ公国皇太子/3兄弟の長男,ブロンズ色の肌,広い肩,美しい胸板/
 イチオシにするかオススメにするか迷う作品でした。いずれにせよヒロインのオリヴィアがすばらしい女性です。育ち,美貌,知性,優しさ,など女性に求められる美点をすべて兼ね備え,将来の大公妃に最もふさわしい女性です。しかしそのオリヴィアにも唯一欠点がありました。子供が出来にくいという病を抱えていたのです。大公の長男(皇太子)のガブリエルにはかつて愛した女性がいました。しかし身分の低い彼女がガブリエルの妻になることはできませんでした。その運命を乗り越えられずに事故で亡くなってしまいます。そしてガブリエルのもとに双子の女の子が連れてこられます。すでに婚約を発表し,結婚式を目前にして王宮で結婚準備をしていたオリヴィアは,夜間子供の声がしているのを不思議に思い,二階に上がってみてみると見たことのない双子の子供たちに出会い,その顔を一目見てガブリエルの子供であることを見抜きます。かつて付き合って,愛し合っていた女性の存在を知っていたオリヴィアは,その双子の愛らしさにすぐ心を寄せ,翌朝ガブリエルに王宮で育てるよう提言するのでした。シェルダーナ国にとって,ガブリエルとオリヴィアの結婚は,オリヴィアの父による工場への出資が産業育成にとって最大の貢献になります。自分に隠し子がいることが判明することによって,この婚約が破棄されることは国の繁栄を第一に考えてきたガブリエルにとって,その務めを果たせなくなってしまうことを意味します。おそるおそるオリヴィアの様子を見守るガブリエルに対して,オリヴィアは父を説得するので,ガブリエルの子供を一緒に育てていこうと提案するのです。この政略的結婚に対して,すでにガブリエルを愛していたオリヴィアにとって,ガブリエルそっくりの2歳の双子の女の子はなにより愛する人の子供であり,母親が亡くなってしまっていることで,自分が母親がわりとして育てていきたいと真剣に願うことなのでした。いずれ二人の子供が産まれたとしても双子に対する愛情に変わりはないはずだとオリヴィアは考えるのでした。このオリヴィアの寛容な,愛を大切にする気持ちがガブリエルを動かします。オリヴィアの父から婚約破棄を言われるのを恐れた大公でしたが,オリヴィアを信じるガブリエルはこのオリヴィアの申し出を尊重しようと思うのでした。そんなオリヴィアの純粋で,愛情深い性格にこれまで結婚を便宜的なものと考えてきたガブリエルに本当の夫婦の愛を気付かせたのもオリヴィアでした。実に賢く,しかもガブリエルの立場と男性的魅力を理解しているオリヴィアは本当にNiceHeroineです。
 ところが体調が悪化し,オリヴィアは倒れてしまいます。大量に出血して浴室に倒れているオリヴィアを発見したとき,子供が出来にくいことを隠していたと腹を立てていたガブリエルは,婚約破棄を言い渡したことなどすっかり忘れ,なんとか彼女の命を救って欲しいと病院に担ぎ込むのでした。このときすでに二人の愛は本物の愛に成長していたのです。しかし子宮摘出手術を受けたオリヴィアはついに王宮を去る決意をし,医師の検診を受けたらイギリスに帰るつもりでいたのです。王室専用機で帰国の途についたオリヴィア。しかしジェットはオリヴィアが知らないうちにギリシアに向かっています。さらに車と船でギリシアの小島に向かったオリヴィア。そしてそこでガブリエルが待ち構えていました。最後の検診で体外授精であれば自分たちの血を引く子供が出来るという朗報を医師から告げられていたオリヴィアですがそれをガブリエルに告げようとしていたのに,連絡が取れないでいたのです。ガブリエルはオリヴィアへの本当の愛に気付き,一計を案じてそれを実行に移しつつあったのでした。このギリシアの小島での少人数での二人の結婚式。マスコミに一切気付かれずに静かに互いの愛を確かめ合った小さな結婚式は二人にとって夢のような時をもたらすのです。オリヴィアの朗報というおまけがついて・・・。
 感動の結末を迎える秀作です。作者の前作「ナニーの秘密の宝物(SHALOCKMEMO1271)」から,2カ月で,またまた素晴らしい作品に出会うことができました。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ナニーの秘密の宝物 [キャット・シールド]

SHALOCKMEMO1271
ナニーの秘密の宝物 The Nanny Trap
( Billionaires and Babies 41 ) 2013」
キャット・シールド 長田乃莉子





 原題は「ナニーの罠」
 ヒロイン:ベラ・マカンドルーズ(28歳)/幼稚園教諭,臨時のナニー/深い森の中の湖のような静謐な美しさ,濃い褐色の髪と色白の肌,中西部アイオワ州出身の素朴な娘,ふっくらした頬,形の良い唇,薄い青色の瞳/
 ヒーロー:ブレイク・フォード(?歳)/投資顧問会社CEO/青灰色の瞳,金持ちでハンサムで魅力がある/
 邦訳版表紙のモデルさんはきっとレイチェル・ベイリー「ナニーが恋した大富豪(SHALOCKMEMO857)」と同じ人ですね。明るい表情といかにも幼稚園教諭らしい愛らしさにあふれています。本作はキャット・シールドの初邦訳作品で,感動のディザイアです。作者はミネソタ在住,ロマンス作家協会ゴールデンハート賞受賞のディザイア作家というプロフィールです。本シリーズには3作上梓しているようで,本作はその第1作となります。他にレディ・オリヴィア・ダーシーがヒロインの「Royal Heirs Required(2015)」,未亡人サヴァナ・コールドウェルがヒロインの「The Black Sheep's Secret Child(2016)」があるようです。いずれ翻訳されるのが期待される作家です。
 ニューヨーク,マンハッタンのセント・ヴィンセント幼稚園の門のところから本作は始まります。夏休み前の最後の日,園児たちを送り出す教師のベラのもとをブレイクが訪れ,息子のナニーとして夏休みの期間中来てくれないかと頼みます。奥さんは?離婚した。と事情を話すブレイク。ベラはヴィクトリアとブレイクのフォード夫妻の依頼で代理母として夫妻の息子ドルーを出産したのですが,出産後ヴィクトリアの頼みで一家とは一切かかわらないようにしてきたのでした。8人兄弟姉妹の長女としてベラは常に弟妹たちの面倒を母に変わって見てきていたのですが,独立したいという気持ちが強く田舎からニューヨークに出てきたのでした。ところが長女のかなしさからか,弟妹たちから経済的に頼られる存在になってしまい,何かお金の必要なことがあるとベラの携帯がメールを受信することから逃れられないのです。しかも嫌々ながらもなんとか使用としてしまう自分に嫌気も差していたのですが・・・。ブレイクの頼みを断ろうとしたベラですが,そんなことを考えている間にも妹や弟から何百,何千ドルものお金が年とかならないかと催促が入ります。今回の数ヶ月のナニーとしての仕事にかなり高額の報酬が払われることが分かっていたベラは,断ることが出来ない状況に追い込まれます。原題の「ナニー・トラップ」は,この状況を表していると思います。なにかと家族に頼りにされてしまい,常に他人のために生きてきたベラ。子供が多すぎるために常にあくせくと働くことだけに生きてきた母の様子を見ていたために,自分の子供も結婚も当分は要らないと思いながら,結局は代理母として出産し,しかもその子供は自分の卵子を使って出産する,つまり実子でありながら他人に渡さなければならない子だという皮肉以上の出来事になりながらも,依頼人の妻ヴィクトリアに,子供が混乱するからもう顔を見せないで欲しいと言われてそれに従ってしまうベラの複雑な心境に思わず涙がこみ上げてしまいます。究極の状況に追い込まれながらも,つい他人のことを考えて自分を押し殺してしまうベラの悲しい性(さが)に同情以上の感情移入をしてしまう,そんな作品です。
 さて,ブレイクの元妻ヴィクトリアとその親友であるブレイクの妹ジーナが次々とベラにプレッシャーをかけてきますが,それをブレイクに告げても詮無いこと,結局は自分とブレイクがどんな選択をするか,ということになるのです。そして,ドルーがベラの実子だと書類を見つけて知ってしまったブレイクもまた,ベラにそのことを問いただすことが出来ずにいるのです。それを問い詰めればベラが出て行ってしまうのではという恐れからです。そしてベラに結婚を申し込むブレイク。それが妻という名の子供の世話をする24時間体制のナニーに過ぎないと,愛のない便宜的結婚だと考えたベラは,ついにブレイクに断ってしばらく考えてみたいからと実家に要ってくるといいつつニューヨークの親友に相談に行くのです。ベラに去られて数日後,ブレイクはヴィクトリアの訪問を受け,元の鞘に収まりたいというヴィクトリアの本性を知ってしまいます。そしてベラをあしざまに言うヴィクトリアの言葉によって自分が如何にベラを愛しているかに気付くのでした。その後はハッピーエンドに一直線になるのですが,ここまでの二人の気持ちのすれ違いの緊張感がたまらなく素晴らしいイチオシ作品です。キャット・シールドのストーリーテラーぶりと心理描写の見事さが光る作品,これからの翻訳が楽しみです。


タグ:ディザイア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
キャット・シールド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。