So-net無料ブログ作成
リズ・カーライル ブログトップ

遅咲きの花と貴公子 [リズ・カーライル]

SHALOCKMEMO1233
遅咲きの花と貴公子 In Love with a Wicked Man
( MacLachlan Family & Friends 5 ) 2013」
リズ・カーライル 兒島みなこ





 原題は「不道徳な男と恋に落ち」
 時代/場所:1850年サマセット州,ベルコーム館
 ヒロイン:キャサリン(ケイト)・ウェントワース(28歳)/第14代ダレネイ女男爵/灰色の目,茶色の髪,アルトの声,誠実で純粋でウィットを備えている/
 ヒーロー:ナイル(ネッド)・エドワード・ダゲナム・クォーターメイン(歳)/ロンドンの賭博場の経営者にしてギャンブラー/公爵の私生児?実は賭博師の私生児/緑色の瞳/
 さて,記憶喪失もの第3作目になります。でも,本作は記憶喪失がストーリーの中心的な要素というより,物語のきっかけに過ぎないと思います。ヒーローが落馬して頭を石にぶつけて記憶喪失になるのですが,館の執事フェンダーショットによってその身分が突き止められ,しかも知り合いが続々登場してしまい,まもなく記憶も完全復活してしまうからです。記憶喪失中も自分があまりいい生活をしてこなかったことをなんとなく感じ,館の主人である女男爵に惹かれる気持ちをなんとか抑えようとしているのですが,ヒロインの女男爵の方がヒーローに強く惹かれ,身を投げ出してしまうという結果になるのです。
 ヒストリカルは久しぶりでしたが,本作の魅力はなんと言っても登場人物たちの個性の豊かさでしょう。確かにヒーロー,ヒロインが中心に描かれてるのですが,ヒロインの家族たち,母のオレリーはじめ,妹のナンシー,家政婦のミセス・ペピーなどケイトを取り巻く人々はもとより,敵役のレジー卿,管財人のアンストラザーなど,個性あふれる行動が克明に描かれているために,物語の中で生き生きと人物が動き回り,物語を盛り上げていきます。各章の冒頭にタイトルがついており,全体的にはシェークスピアの喜劇を思わせるハチャメチャぶりが読者を飽きさせません。もっぱら前半はナンシーと牧師のリチャードの騒動,そしてオレリーの登場の後はもっぱらオレリーの一人舞台となって母子3人のロマンスが成立するまで次から次へと事件が続いていきます。最後はケイトの冒険譚,そして白馬の騎士になるエドワードの活躍で締めくくられ,物語は最終場面に・・・。と思いきや,さらにオレリーの思いつき行動のように見える振る舞いが周囲を振り回していくのです。イチオシの作品です。
 ところで,訳の兒島みなこさんは初訳作品でしょうか。違ったら申し訳ないですが,書店の検索では該当なしだったので。ちなみに気になった部分は,位置ナンバー4288で距離を無理やり1.5キロ強としていますが,1マイルのことでしょう。翻訳物をたしなむ人たちにはマイル表記はなかば当たり前になっていると思うのですが・・・。もう一つ,位置ナンバー2124「勝手にクレッシェンドへと高まっていき」とありますが,クレッシェンドが高まっていくことを意味していますので,「勝手にクレッシェンドしていき」若しくは「クレッシェンドしてエンディングに向けて高まっていき」という方がわかりやすいのではないかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
リズ・カーライル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。