So-net無料ブログ作成
スーザン・メイアー ブログトップ

放蕩王子が見初めた娘 [スーザン・メイアー]

SHALOCKMEMO1413
放蕩王子が見初めた娘 Wedded for His Royal Duty
(ザヴィエラの花嫁 2) 」
スーザン・メイアー 八坂よしみ





 原題は「王家の義務のための結婚」
 ヒロイン:エヴァ・ラトヴァイア(25歳)/慈善活動家,グレナディの王女/黒髪,青灰色の瞳(和らいだときの青い目,起こったときの員色の目)/
 ヒーロー:アレクサンドロス(アレックス)・サンチョ(30歳)/ザヴィエラの第二王子/焦げ茶色の目,黒い髪,荒削りで不良っぽい魅力/
 「奇跡を授かったシンデレラ(SHALOCKMEMO1368)」の続編です。ザヴィエラ王家の第一王子ドミニク(ドム)との結婚は,ドムがジニーと結婚してしまったために振られてしまった悲劇の王女となったエヴァ。前作では陰に隠れてその存在だけが示されていたエヴァが本作ではどうどうとヒロインとして登場します。かつて二人の女性に裏切られたため結婚を忌避しているアレックス。自分の父である国王が不倫で行方不明となりなんとしても残る第二王子のアレックスをものにしなければ王家を継ぐことのできないエヴァ。互いの利益が衝突し合う二人ですが,単なるロイヤルロマンスではなく,そこに祖国グレナディでのクーデターの疑いが登場してきて,冒頭から全く新たな展開を見せていきます。偽装政略結婚をしたエヴァとアレックス。しかし二人の間には愛が芽ばえていきます。「美しく,やさしく,聡明で,優雅でおまけに心身ともに健やかだ。そして法律上は僕のものだ。」とアレックスは思わざるを得ません。それほどまでに深まっていく愛に,この結婚を本当の結婚にしたいと,エヴァも考えています。しかし,宿命は二人をなかなかさらに深い関係には導いてはくれません。たった3度,キスを交わしただけです。ここに読者を惹きつけるストーリーが隠されているのです。やがてグレナディ国でクーデターを起こそうとした国王の弟ジェラルディが逮捕されたという知らせが入ります。国が落ち着けばエヴァは国に帰ってしまう。エヴァの父がザヴィエラにやって来ます。「エヴァはいずれ女王になる。君なら最高の夫になってくれただろう。破談にするには忍びないほどだ」とアレックスに向けられた言葉に,二人はぎこちなく目をかわすしかありませんでした。「エヴァは両親に僕への思いが本物だと言う機会を逃した。それは僕も同じだ。」しかし「決めるのは僕ではなく,あくまでエヴァだから」・・・。エヴァが本当の気持ちを打ち明けることなく二人は「さようなら」の言葉だけを交わすのでした。
 帰国のヘリの中では二人のエヴァが対立していました。アレックスを愛している女性と女王になる女性とが・・・。しかし翌朝の記者会見ではエヴァは瞬きもせずに義務を果たしただけだと記者の質問に答えます。その会見をテレビで見ていたアレックスの気持ちを義母のローズはアレックスのエヴァへの愛だと見抜くのです。二度に渡って愛する女性を失ったアレックスに義母の鋭い勘はアレックスの本心を言い当ててしまうのでした。前巻で登場したヒロインの母ローズの鋭い感性が本作ではかなり際だって言及されています。まさに陰のヒロインといって良いでしょう。「エヴァは一人の女性で,あなたは彼女を愛する男に過ぎない。やり方を間違えないでね。」というローズの言葉がそれを証明しています。そして舞台はニューヨークへ。ひと月前にニューヨークへ渡っていたアレックスとエヴァは再会し,打開策を見つけていけるのでしょうか。
 王室もの特有の生臭さはなく,実に清純で真面目な二人の愛は共感をそそられ,王室ものという現実離れしたものではなく,そこに若干の宿命的な要素は絡ませながらも,普通の男女の爽やかな愛情が感じられる好著です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

聖夜の告白 [スーザン・メイアー]

SHALOCKMEMO1377
聖夜の告白 Merry Christmas, Daddy
( Fabulous Fathers 28 ) 1996」
スーザン・メイヤー すなみ 翔




K-441
16.12/¥670/156p

L-0782
97.12/¥641/156p


 原題は「メリークリスマス,お父さん」
 ヒロイン:カサンドラ(カシー)・オハラ(25歳)/大学生でシングルマザー,娘の名はキャンディ/緑色の目,小麦色の髪,身長160センチ,都会的な魅力とスマートさと昔気質の入り交じった一種独特な雰囲気,五人兄弟の末っ子/
 ヒーロー:ガブリエル(ゲイブ)・ケイン(30歳)/「ケイン・エンタープライズ」経営者/身長185センチ,黒髪/
 さて,今月も読みかけ本ばかり山積みになり,読了本が寂しい状態が続いていますが,先月を下回ることが確実になってきました。あと数ページの読みかけ本はかなり多いので,読了しさえすれば良いのですが,そうなるとSHALOCKMEMOの更新もしなければならないので,それも時間が取れなくて大変です。SHALOCKMEMOの原稿の書きかけも大分たまってきている状態です。夏の頃の月30冊はさてどこに行ったのでしょう? 時はまさに年末。年賀状やらお歳暮やらと考えることも多くなってきているのも,新年の準備の心づもりなど,家でやることも増えてきて,さらにHQの出版状況も年末年始に備えて早まりつつありますから,これまたWEBの整理もさし迫り,さらに状況が悪くなるのでしょう。
 さて,西洋では,このシーズン,新年よりもなんと言ってもクリスマスが大きなイベント。数日間の冬のバカンス(南半球では夏のバカンスというべきでしょうか)期間に入ります。そのため,11月から12月にかけてはクリスマス関連の作品の翻訳が多く出てくるのですが,スーザン・メイアーと言えば,このクリスマスものの名手といっても良いでしょう。シンデレラものとクリスマス・シーズン,まさに奇跡と成功譚のコラボレーションですから,読者を幸せな気分にさせてくれること間違いなしの組み合わせですね。本作も,やはりそんな一作でした。シェアしていたペンシルバニアのフラットから同宿者たちが次々にフラットを離れてしまい,自分一人ではとても家賃が払えないと困っていたカサンドラですが,そこにやって来たのは飛んで火に入る冬の虫,会社社長のゲイブでした。世界中で最も愛する祖母が末期癌に・・・。なんとか祖母が生きている間に喜ばせたいと婚約者をクリスマス休暇にジョージアのケイン家に3週間ほど連れて行きたいという申し出をします。休暇が明ければその後の大学の学費と部屋代は自分が保証するからと,とても断れない申し出です。自分を売るようでとてもそんな申し出は受けられないと気持ちとなんとかゲイブの願いも叶えてあげたいという両方の気持ちが入り交じっていくカサンドラですが,良い人のカサンドラは結局この申し出を受けることにします。しかし偽の婚約者の振りをするにしても互いのことを知らないとすぐにメッキが剥がれてしまいます。ところがゲイブはそんなカサンドラの気持ちに気付かないかのようになかなか自分のことを話そうとしません。それよりそんなことに気付いてもいない様子。このお坊ちゃん風のゲイブをちょっと年上のお姉さん的な現実的なガブリエルが少しずつ導いていくのですが,ゲイブの眼差しで言葉にしなくても二人の間に暗黙の了解ができてしまう場面がしばしば登場します。それほど二人の相性は出会ったときから言葉ではけんか腰でも心の奥底ではわかり合えてしまう相手という不思議な関係だったようです。これを運命の人と言わずしてなんというべきでしょう。さらにシングルマザーだということにも気づかれてしまい,結局子連れでケイン家を訪れることになってしまう二人ですが,ケイン家では,ゲイブの50代の両親も80歳近い祖母エマリー(エマ)もなんと赤ん坊のキャンディに夢中になってしまいます。なかなか結婚したがらないゲイブに,カサンドラはぴったりの女性であると,すでに祖母も両親も決めてしまったかのようです。偽りのフィアンセの話は正式な婚約そして結婚式ととんとん拍子に進んでしまいます。両親や兄弟すら式に招かないというガブリエルですが,それでは偽りだと分かってしまう,と,とにかく事情を話して母親だけは呼んだものの,祖母エマの計らいで父親まで来てしまうことに。ガブリエルは両親が来れない理由を父のインフルエンザのせいにしていたのですから,こんなにマズいことはありません。しかしながら,そんなドタバタがこのクリスマスの時期にはなんとも滑稽で温かい気分を読者に抱かせてくれるのもまた真実です。さて,二人は真実の愛を告白し合えるのでしょうか・・・。
 なんとも傑物の祖母エマのキューピット的な人間性が本作のキャラクターの中で傑出していることと,娘を愛し,その性格をよく知るカサンドラの母親の存在がとても温かく,アットホームな作品です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

奇跡を授かったシンデレラ [スーザン・メイアー]

SHALOCKMEMO1368
奇跡を授かったシンデレラ Pregnant with a Royal Baby
(ザヴィエラの花嫁 1) 2016」
スーザン・メイアー 八坂よしみ





 原題は「王家の赤ちゃんを授かった妊婦」
 ヒロイン:ヴァージニア(ジニー)・ジョーンズ(25歳)/スクールカウンセラー/長い金髪,男心をそそる体,小麦色の肌/
 ヒーロー:ザヴィエラ国皇太子兼財務大臣(?歳)/ドミニク(ドム)・サンチョ/長身,肩幅が広くきらめく黒い瞳,非の打ち所のない唇/
 スーザン・メイアーのザヴィエラ国を舞台とした連作の第1作です。続編「Wedded for His Royal Duty」では本作のヒーロー,ドムの弟王子アレックスと本来ドムと結婚する予定だった王女エヴァのストーリーが語られます。いずれ訳書がでるでしょう。昨年11月以来スーザン・メイアーの作品は2作読了していますが,ほんのり温かいストーリーと魅力的な登場人物など,ロマンス読者の要望に応えてくれる作品が多く,作者の温かい人柄が感じられます。本作も深刻なクーデター場面が登場しても決して流血場面などがなく,対応に追われる国王の策略に面白いように嵌まっていく皇太子の姿がなにか笑いを誘ってしまうなど,皮肉と笑いが溢れた作品に仕上がっています。さて,王家の跡継ぎをつくるための政略結婚を予定していた皇太子ドムですが,テキサス州テラ・マスに住むスクールカウンセラー,ジニーに出会ってしまうと,その美貌と人を惹きつけずにはおけない人柄にすっかり参ってしまい,ついにジニーの妊娠という結果を招いてしまいます。王家の子供を身ごもった女性をアメリカに放って置くわけにはいかずに,祖国ザヴィエラに連れ帰り結婚することになります。婚約予定だったエヴァは弟のアレックスに押しつけられてしまうのですが,元々政略結婚だったため,本作ではあまり問題にはなりません。しかし父王が妻,つまり兄弟の母親を病で亡くした後すっかり国政を投げ出して悲嘆に暮れていた様子を間近で見ていたドムは,愛が人を弱くさせ,ましてや国民の生活と安全を守る王としての責務を投げ出したとしか思えず,結婚はしても愛することはできないと強く思い込んでいるのです。一方思いがけない妊娠により結婚を余儀なくされたジニーの方は,子供のためというだけの結婚では満足できません。しかし愛するドムの心情に寄り添い,ドムの言い訳に何も言わずに次々と周囲の人々の信任を得ていくのでした。そして王家に反抗するシークをも一時は取り込んでしまうのです。特にジニーと子供を守ろうとする警護官たちからは絶大な信任を得てしまいます。そして二人の結婚式のために現役教師の母をアメリカから呼び寄せたドムの心遣いにますます惹かれてしまいます。その母のローズはドムの父である現国王となんとツーカーの関係になってしまいます。次々に愛が芽ばえていくサンチョ家の様子がとても微笑ましく,あまりにご都合主義かと思えますが,なにより読者の意向に沿っていくそのストーリー展開に安心感を覚えながら読み進んでいけます。さて二人の間のカタルシスはどこで起こり,それがどんな結末に至るのか。そこが作者としての腕の見せ所でしょう。そこで起こるのがシークによるクーデターという国家最大の危機です。そして間が悪くそんな時月足らずで生まれてしまう二人の息子。命名の案に登場する「スタートレック」のカーク船長の名前など,そこにも思わず笑いを誘う要素がちりばめられています。そして無事産まれる子供の名前は?そして国王が皇太子に課した大きな宿題とは?一気読み間違いなしの楽しい作品です。


タグ:イマージュ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

秘書はシンデレラ [スーザン・メイアー]

SHALOCKMEMO1147
秘書はシンデレラ Her Brooding Italian Boss 2015」
スーザン・メイアー 庭植奈穂子





 まさにシンデレラ・ストーリー。ヒーローのアントニオ・バルトロッチ(イニシアルはAB)は世界的な画家で,しかも父親は引退した富豪の実業家コンスタンツォ。親友の結婚式でベストマンの一人を務めているアントニオは新婦側のブライズメイドの一人ローラ・ベスが気になり始めます。なにか悩みを抱えている様子に・・・。ローラ・ベスは今最悪の状況でした。ルームメイトが結婚してしまったので住む家を失い,仕事も失い,しかも妊娠して,その父親からは認知しないと宣告されてしまったのです。この三重苦からどうやって逃れよう,と悩みはつきなかったからです。祝賀パーティーでコンスタンツォからアントニオの秘書をしないかと誘われたローラ・ベスはたちまちその提案を承諾したのでした。これで一気に悩みが解決するかも・・・。自家用ジェットでイタリアについてみるとコンスタンツォの提案をアントニオは知らずにいて,腹を立てています。このままではすぐ首になってアメリカに帰されてしまうかも・・・。なんとかして仕事にしがみつこうとするローラ・ベスは,アントニオが2年前に世界的に名高いモデルで妻のジゼラを失った悲しみから抜け出せずにいるのではないかと思い,何とかしてその悲しみからアントニオを抜け出させたいと思います。その時点ですでにローラ・ベスはアントニオを愛し始めていたのですが,普通の娘の自分が富豪の生活について行けるはずもなく,別世界にいることを忘れまいとしています。自分が何故妊娠することになってしまったかをアントニオに尋ねられて説明し,替わりに亡妻とのことを話すように誘いをかけてみますがアントニオは頑なに口をつぐみます。やがて,ローラ・ベスを描いてみたいと考え始めたアントニオにローラ・ベスは創造こそ,アントニオが自分を取り戻すきっかけになるのではとモデルを買って出ます。しかしなかなかポーズが決まらず,何度か壁に当たっている様子。一度はドレス姿で納得したアントニオですが,どのポーズがいいかが決まらない様子。ついにバルセロナでのパーティに逃げるようにアントニオ。その様子をロレンツォが気付きローラ・ベスをバルセロナに伴います。そして自分は理由を付けてイタリアに帰ってしまったのでした。二人で観光しているときに,きっかけがあり「愛している」と言ってしまったローラ・ベスに突然機嫌が悪くなるアントニオ。しかしついにローラ・ベスの粘り勝ちでアントニオは亡妻との関係を告白するのでした。そしてポーズも決まった様子。しかし,子供を失い女性を信用できなくなったアントニオからローラ・ベスに対する愛の言葉は聞かれません。「これで私のいる場所はなくなったわ」とアントニオが出かけている間に,ケンタッキーの我が家に帰ってしまうローラ・ベスでした。
 過去との決別,一人で抱え込んでいた芸術家としてのアントニオの心の苦悩がローラ・ベスによって解放され再び生きる目標が見つけられたとき,二人の愛が接点を持ち始めます。自分を捨てた父を許す気持ちもアントニオに芽生え,自分の子供でないローラ・ベスの子供とも,かつて子供を失ったアントニオの心の隙間を埋めてくれる存在になるでしょう。ちょっとご都合の良すぎる展開ですが,それだけに安心して読み進められるロマンスの王道を行く作品です。


タグ:イマージュ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

うたかたのシンデレラ [スーザン・メイアー]

SHALOCKMEMO1096
うたかたのシンデレラ The Twelve Dates of Christmas 2014」
スーザン・メイアー 北園えりか





 いつもほんのりした幸福感を与えてくれるスーザン・メイアーの作品です。クリスマスを舞台とするとなおさらです。原題は「クリスマスの12回のデート」。
 さて,本作はルームシェアしていた3人の女性エロイーズ・ヴォーン,ローラ・ベス・マシューズ,オリヴィア・エングルのうち,エロイーズがヒロインとなります。オリヴィアはすでにタッカーと結婚し,ローラ・ベスもまた恋人がいるのですが,エロイーズは孤独でした。エロイーズは大学3年の時ウェインと出会い,駆け落ちしたものの裕福な両親から勘当され,ウエイトレスで仕事のないウェインを支えていましたが,夫を膵臓癌で失い,その後も両親の勘当が解けずにニューヨークで弁護士事務所の臨時雇いをしながら何とか生活している状態でした。一方のヒーローであるリッキー・ラングレーは,息子ブレイクとその母親を車の事故で失い,息子を救えなかった罪悪感から女性との真剣な付き合いを拒み,パーティへの出席を極力忌避し続けていたのでした。11月の末から始まる友人や会社関係のクリスマスパーティは都合12回予定されており,そのどれにも参加するのがつらい季節が始まろうとしていました。そんなリッキーとエロイーズはオリヴィア,タッカー夫妻のパーティで出会います。友人たちが以前の生活に戻るために積極的にリッキーをパーティに誘い,断り切れずに参加した夫妻のパーティでした。共通の友人を持つ二人が出会うのは必然だったのですが,これからのパーティシーズンを思うとリッキーはやりきれない思いでいます。そこでリッキーは経済的に困っているエロイーズに就職先を見つけるための人を紹介するため12回のパーティに自分と恋人として同伴しないかという便宜的交際を持ちかけます。フラットの戸口まで送ってくれたリッキーをあらためて見てそのハンサムな顔,整った目鼻立ち,美しい茶色の瞳,そんな彼に惹かれている自分にエロイーズは気付きます。「経験したから分かる。人を幸せにするのは愛よりも仕事だ。」と自分に言い聞かせるエロイーズ。その後,次々にパーティに同行した二人ですが,エロイーズの方は自分の過去の心の傷を,両親から勘当されて孤独であることを,そのつど少しずつ問われるままにリッキーに話し始めるのですが,リッキーの方はいっこうに自分のことを語ろうとはしませんでした。自分の罪悪感に気付いている様子なのに何も問わないエロイーズにリッキーは安心感を抱き,次々にパーティにふさわしい服装と魅力を振りまくエロイーズが自分にとって大きな存在になっていくことに戸惑います。「彼女を好きになり始めている。だが,それは間違いだ。」「これは単なる取り引きだ」と自分に言い聞かせるリッキー。しかし何度かパーティへの参加をするうちにリッキーは「エロイーズにふさわしい人間になりたい,エロイーズが求める人間に」と心を開こうとするのでした。やがて,エロイーズがファッションに抜群のセンスを持ち,デザイナーとしての才能にあふれていることにプロのデザイナーが注目し出します。そのことを知ったリッキーは,あるパーティで自分たちの席にデザイナーを同席させることを主宰者に依頼し・・・。そして遂に最後のパーティがやってきます。リッキーの会社のクリスマスパーティで,社員たちにプレゼントとボーナスを用意し,エロイーズにも参加を依頼します。担当者からサンタクロースの衣装を着るように持ちかけられたリッキーは断ろうとしますがエロイーズの「いいんじゃない」という言葉に従って思い切って扮装すると,それが社員に大受けでした。自分に笑顔を取り戻させ,周囲の人たちも幸せな気分にさせてくれるエロイーズの優しさと気配りにリッキーは改めてエロイーズを愛していることに気付くのでした。クリスマスで実家に帰ったリッキーは両親からエロイーズを愛していることを指摘され・・・。
息子ブレイクの母親とは結婚しなかったリッキーですが,「その日その日を生きているだけさ。仕事に没頭してね。僕にはそれしかない。それ以外には値しない人間だ。」となお自分を哀れんでいるリッキーをエロイーズは前向きに自分と向き合うように説得できるのでしょうか。一人寂しくクリスマスを過ごしているエロイーズを想い,リッキーが計画してエロイーズのフラットを訪れる場面がクライマックスですが,ここを読んでいるときちょうど「You Raise Me Up」がかかっていました。ストーリーと曲がビッタリと合い,涙が頬を伝ってきました。それは悲しさからではなく,心が動いたせいだと思います。勘当の,いや感動の作品です。


タグ:イマージュ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
スーザン・メイアー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。