So-net無料ブログ作成
アン・ハンプソン ブログトップ

暴君とナニー [アン・ハンプソン]

SHALOCKMEMO1291
暴君とナニー The Autocrat of Melhurst 1970」
アン・ハンプソン 柿沼摩耶





 原題は「メルハーストの独裁者」
 ヒロイン:クレア・ハリス(22歳)/乗馬学校アシスタント,ナニー/
 ヒーロー:サイモン・コンドリフ(37歳)/大地主/
 久しぶりの紙の本です。メルハースト・タワー,通称「タワー館」の主サイモン・コンドリフは村の大地主。両親を亡くした姪のリンディを引き取ったものの,どうも二人の関係はしっくりしていないようです。乗馬学校でアシスタントの職に就いたばかりのクレアは,親戚の家で世話になっていますが,リンディの乗馬学校での落馬がクレアの不注意によるものだとされて,解雇通告を受けます。ところが,サイモンはクレアに姪のリンディの世話係を頼むと依頼してきたのでした。タワー館に住むことになったクレア。表向きはナニーですが,6歳のリンディにとって,たった一人の身内であり叔父であるサイモンとは一生関係していかなければならない相手だと,リンディとサイモンの関係修復を心がけるクレアでした。そして,時々訪ねてくる隣の敷地の富豪の娘ウルスラ・コーウェルが出会ったときから自分を敵視していることに気付きます。サイモンに対する思いを誰にも話していないのに,そのことをウルスラが知るはずもありません。自分を敵視する必要に首をかしげるクレアですが・・・。クレアには当地にやってくる前に牧師のケンと友情を育んできました。メルハーストの牧師館の牧師が転地することを計画していることを知り,クレアはケンに募集に応募してみるよう勧めます。そしてそれがサイモンとクレアの間の関係に大きな影響を及ぼすとは想像もしていませんでした。まだ22歳と若いクレアは,男女間の感情の機微には余りに経験が無く,サイモンが自分にどんな気持ちを抱いているかもわかりません。自分が思いをもっているのと同じくらいの思いをもって欲しいと願ってはいても相手は大地主,自分は単なる雇われ人。二人の関係が進展することすら考えられませんでした。しかしなんとなく,ケンがもし牧師館に住むことになれば,サイモンは自分とケンの間を疑うことになるかもしれないという可能性には気付いていました。リンディは次第に落ち着きを見せ,サイモンとの関係も次第に親密になってきたのですが,時々ウルスラがあること無いことをサイモンに告げ口し,リンディや自分とサイモンとの関係を悪化させようともくろんでいることは明らかでした。しかしサイモンは全くそれに気付かず,その可能性を匂わせてみても,ウルスラがそんなことをするはずがないの一点張りです。そんな時,サイモンはクレアにプロポーズし,婚約することになります。突然のことに驚き,しかもウルスラとサイモンの関係は村の人たちが皆結婚するだろうと予想していることを知っているクレアにとって,このプロポーズはリンディがらみの利便的な方法に過ぎないと思うのでした。自分の出した方針に逆らうと逆ギレするサイモンですが,理屈が通ることには辛抱強く対応するサイモン。そんなサイモンの性格を見越して次々に新手の悪口を吹き込むウルスラ。サイモンを信じてはいるものの,時にウルスラの甘言に乗せられてしまう人の良いクレア。そして牧師館に引っ越してきたケンとの関係。悩みが尽きないクレアですが,ウルスラの父が亡くなってしまったことをきっかけに物語は急展開を迎えます。
 互いに相手を愛していてもそれを素直に口に出来ずにいるサイモンとクレアにリンディが時々子供らしい無邪気な台詞を言い,二人の関係を進展させていくところがなんともユーモラスでホッとさせられる作品です。


タグ:ロマンス

不機嫌な後見人 [アン・ハンプソン]

SHALOCKMEMO1088
不機嫌な後見人 The Plantation Boss 1972」
アン・ハンプソン 柿沼摩耶





原題はずばり「農園主」。1972年の作品。両親の死によって離ればなれに引き取られた3姉妹,ケリー,アヴリル,ミシェル。ケリーは23歳で,伯母からの遺産を元に,姉妹たちとの再開を計画します。弁護士に調査を依頼し,末の妹は幸い近くで引き取られていることが分かり,ミシェルを訪ねると,養父母の実子たちの面倒を見る使用人扱いをされていました。あまりにみじめなその生活を見るにつけ,裕福な家庭に引き取られた次妹のアヴリルがカリブ海のバルバドス島のサトウキビ農園主で養父の兄ウェイン・ハーヴェイを後見人として幸せな生活を送っていることを知るや遺産の残りの全額をつぎ込んでバルバドス島にアヴリルを訪ねていくのでした。しかし,遺産を狙う詐欺師扱いされ,屋敷を追い出されてしまいます。帰りの旅費すらないケリーは,アヴリルを探し出してくれた探偵のミックの世話で島のホテルのフロント係として就職し,お金をミシェルの養母に送ることにします。やがて,ケリーは島特有の病気にかかり,ウェインの屋敷に留まることになりますが,ウェインには秘書のロウィナという恋人がいることを知ります。プライベートビーチで過ごした二人だけの時間で,ケリーはウェインの瞳の中に自分への愛情が宿っていることに気付き,自分もウェインを愛していることを確信するのでした。ところが,アヴリルもロウィナも出かけている日,ウェインがケリーを誘惑しようとし,結婚までは待って欲しいと言うケリーの言葉に,ウェインは「結婚?」と疑問の声を出します。「そんなことを考えていたのか?」とウェイン。ウェインは世間では独身主義者として有名だったのです。初めから自分の身体だけを求めていたのかと愕然としたケリーは近くにあった2万ポンドもする宋代の鉢をウェインに投げつけ,すぐにイギリスに帰ると宣言するのでした。養父にイギリスへの帰還費用を頼む電報を打ち,イギリスに戻れたのは3日後でした。その間,かつてのルームメイトが新婚旅行でバルバドス等にやってきて,全てを涙ながらに打ち明けたケリー。やがてイギリスでミシェルの家を訪ねるとミシェルの養父が入院しており,余命僅かだという情報が本当だったことが分かりますが,ミシェルはそれを知らされていなかったのです。弟妹たちの世話で学校を休まざるを得なかったミシェルと数時間話したケリーはなんとかしてミシェルの窮状を救いたいと思い,怒りにまかせてバルバドス島を出てきたことを少し後悔し始めるのでした。70年代に生きるケリーのこの恋愛観が現代とかなり乖離していること,それが作風と相俟って,エキゾチズムを感じさせます。1週間後にケリーの就職先が見つかり,勤務先に弁護士から電話があったとき,就職したばかりなのに上司が状況を理解して早退させてくれるなど,まだ倫理観がしっかりしていた時代の感覚が懐かしく思われるのも,本作ならではでしょう。やがて弁護士事務所でウェインと再開したケリーがハッピーエンドに終わるところはお約束どおりですが,3姉妹がその後どんなふうに感激の再会をし,幸せを勝ち取っていったのかは示されないままなのがちょっと残念です。220ページものだったら,きっとエピローグで語られていたでしょうね。


タグ:ロマンス
アン・ハンプソン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。