So-net無料ブログ作成
ケイト・カーライル ブログトップ

危険な恋人契約 [ケイト・カーライル]

SHALOCKMEMO1169
危険な恋人契約 Second-Chance Seduction
( MacLaren's Pride 1 ) 2013」
ケイト・カーライル 長田乃莉子





 ケイト・カーライルの新シリーズ[MacLaren's Pride]の第1弾です。ビール製造業を営むハイランド出身でアメリカで活躍するマクラレン家の3兄弟ジェイク,イアン,コナーのロマンを描いたシリーズです。第1弾(原題は「二度目の誘惑」)のヒーローは末弟のコナーと,かつてコナーの恋人で今はバツイチのビール醸造業者マギーことメアリー・マーガレット・ジェームソンの再燃したロマンスを描いています。マギーは父親が冒険好きで事故で命を落としたことでショックを受け,付き合っていたコナーたち3兄弟も命懸けのスポーツを楽しんでいることに耐えられなくなって交際を打ち切ります。その後,コナーたちとは正反対の紳士的な男性アラン・コズグローブと結婚しますが,マザコンのアランと義母は極限までマギーに精神的プレッシャーを与え,その人生や考え方までを支配しようとします。そしてマギーが耐えられなくなったとき,義母が突然亡くなり,それと同時にアランから離婚を申し渡されたのでした。実家に戻って祖父の元で暮らすマギーはその後も精神的疾患を得て,医師のもとに通いながら父の工場だったビール工場を復活させ,新作ビールを作るようになっていました。しかし尊敬している祖父が病を得て,その治療費が膨大な金額だったため,仕方なくコナーの元に行き,ビールの製造法と交換に融資をしてくれないかと頼み込むのでした。マギーに捨てられたと思い込んでいたコナーは復讐の気持ちも働き,融資の代わりに2週間ビール・フェスティバルの期間中,自分の相手役を務めるように条件を出すのでした。フェルティバルのため地元のホテルはすでに満杯になっており,コナーの宿泊するスイートしかあいているところはありません。仕方なく,と同時に再びコナーとの関係の復活の期待もありマギーはこの条件を呑まざるをえませんでした。病気の祖父の元にはコナーたちの母のディードラが様子を見に行くということでなんとかマギーは自分を納得させるしかなかったのです。人前に出ることやパーティで踊ることは,かつての自分には何の問題もなかったのですが,夫によって常に監視と欠点を指摘され続けたマギーにとっては,人前で何か失敗するのではないかというプレッシャーが強く,コナーが自分を無理やりパーティに引っ張り出すのは耐えられなかったのですが,いつまでも夫の亡霊につきまとわれてはいけないと自分を戒め,勇気を振り絞って行くのでした。そしてそのことをコナーに打ち明けることによって,コナーが全面的に自分の見方をしてくれることに勇気を得てフェスティバルを愉しもうという気持ちも湧いてきました。そんなコナーの優しさに触れ,二人は再び関係を復活させることになるのでした。大切なビジネス相手の夕食会や最終日前日のダンスパーティにも参加して自分の価値を再認識し始めたとき,マギーを陥れようとする大きな事件が持ち上がります。非難されようとしているマギーを見つめるコナーの目に非難の色が浮かんだことを確認したマギーは,いそいでコナーの元を去ろうと決意します。さぁ,二人の関係はどうなるのでしょうか。
 マギーの祖父アンガスとコナーたちの母ディードラがマギーを立ち直らせるためたてる計画の場面では,人情味あふれる,スコットランド人らしい計らいに思わず涙がこぼれてしまいます。3兄弟の中兄イアンの夫婦仲の問題も時々顔を出し,次作への期待を感じさせながらシリーズ第1作が締めくくられるのも興味深いエピローグになっています。


タグ:ディザイア
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

秘書の華麗なる変身 [ケイト・カーライル]

SHALOCKMEMO1062
秘書の華麗なる変身 How to Seduce a Biilionaire
( Duke Brothers 3 ) 2011」
ケイト・カーライル 松島なお子





「私はなんて愚かなのかしら。あらゆるルールを無視して恋に落ちてしまうなんて。」
原題は「億万長者の誘惑の仕方」というケイト・カーライルのデューク兄弟シリーズの第3巻です。サリー・デュークに引き取られたデュークの苗字をもつ3兄弟(皆同い年なので誰が兄で誰が弟ということもできないのですが・・・)で残った一人,ブランドンのロマンスです。初めの言葉はヒロイン,ケリー・メレディスが2週間ほどの休暇ののち,それまでの秘書然とした目立たない服装から,すっかり変身してブランドンの元に帰ってきて,しばらくたったのちに反省して述べた言葉です。いわゆる秘書ものですが,それまで優秀な秘書としてだけ扱われてきたケリーが,仕事一筋なキャリア・ウーマンから女性として花開いたことに雇主のブランドンが気付き,二人の仲が急速に接近するものの,ボスと秘書という関係から恋人になることが如何に難しいか,そして二人の関係を後押ししてくれるサリーの存在が如何に重要な役割を果たすかということを描いた作品と言えるでしょう。初めのキスの練習から,ぴったりした身体関係の相性に至るまでがあっという間で,そこを描くのではなくそうなってからのお互いの心の中の葛藤が興味深く描かれています。ヒーロー側の不幸な少年時代とサリーとの出会いまでは前作までで十分語られていましたので,ヒロイン側の不幸な恋愛体験が詳しく描かれ,それがヒーローのブランドンとどう関わっていくかが事件の主な成り行きになります。シリーズの柱となるサリーの亡夫の弟の息子たちも登場してきますが,彼らを描いたシリーズの広がりはどうなのでしょう。期待したいものです。
さてロマンスなのかどうか分かりませんが,作者ケイト・カーライルの主なシリーズは「蔵書道楽家の秘密」シリーズです。まだ,翻訳がでていないようなので,是非とも読んでみたいものです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

甘い週末の代償 [ケイト・カーライル]

SHALOCKMEMO1002
甘い週末の代償 Sweet Surrender, Baby Surprise
(Duke Brothers 2) 2010」
ケイト・カーライル 藤峰みちか





サリー・デューク,不幸な生い立ちの少年たちを養子として迎え深い愛情を持って育て上げた女傑です。サリーの育てた3兄弟たちの愛の物語のミニシリーズ「デューク・ブラザース」の第2弾です。アダム,ブランドン,キャメロンの3兄弟は,血のつながりはないものの,「デューク・ディベロップメント・インターナショナル(DDI)」を共同経営しており,学生時代には3人でボートレースを総なめにした兄弟以上に深い絆を持ち,互いの過去の深い傷を知り合う戦友のような関係です。第2作の本作はキャメロンがヒーローです。前作「秘書とハンサムな悪魔(SHALOCKMEMO915)」では,アダム・デュークとトリッシュ・ジェームズが結ばれましたが,第2作のヒロインは「カップケーキ」というベーカリー店を経営し,デューク・リゾートに商品を納めている職人ジュリア・パリッシュです。トリッシュだのパリッシュだの似たような名前や苗字が出てきてちょっと紛らわしくなりましたが,シリーズものの特徴かもしれません。さて,ベーカリーとはあまり聞き慣れないのですが,パンやカップケーキ,クッキーなどの焼き菓子を指すようです。敢えてケーキ屋やパン屋としないで原語のママ,ベーカリーとした藤峰さんの訳は,普通のケーキ屋やパン屋とはちょっと違うことを表したかったからだと思います。特に「カップケーキ」という店の名前が示すように,カップケーキがジュリアの得意料理なのです。経営者自らが職人でもあり,そしてジュリアの本当の姿は中盤以降徐々に明らかになっていきます。さて,富豪のデューク兄弟たちに愛のある結婚をして欲しいと願う養母サリーは陰に陽に兄弟たちに素晴らしい伴侶との出会いの場を何気なく用意し,二人がそんな関係になるやいなや嫁候補とすぐに信頼関係を築き兄弟たち以上に強固な嫁姑関係を作ってしまうという,いわゆる特技を発揮していくのですが,本作でも頑固に結婚を渋るキャメロンを結婚に至らせるために,ジュリアの美点を褒めあげ,まるで本当の母娘のような関係を作り上げてしまうのでした。実の両親の破綻した結婚生活と,かつて女性に裏切られた経験を持つキャメロンはジュリアのすばらしさや相性の良さを結婚には結びつけたくないと頑固に主張し,ジュリアをがっかりさせ続けるのですが,二人の息子ジェイクに対しては無限の愛情を注ごうとします。そんなキャメロンの態度にジュリアは悩みっぱなしなのですが,ジュリアもまた親に早く旅立たれ,寂しい生活を送ってきたため,サリーや義姉になるトリッシュと家族のような関係を結べることを心の底から願っているのでした。そしてジェイクに対して実の祖母や伯母のように接する二人の姿,そして3兄弟もまたジェイクをかわいがってくれる安心感から勇気を出してキャメロンとの関係を築いていこうとするのです。キャメロンの家に引っ越すという案を受け入れたとき,とりあえず便宜的な結婚をしぶしぶ了承したジュリアですが,それは経済的な支援を受けたいという気持ちではありませんでした。というのは,ジュリアにとってはこれは普通のシンデレラストーリーではなく,ジュリア自身が莫大な額の遺産相続人であり,宮殿のようなジュリアの家を見たキャメロン自身も驚きを隠せませんでした。しかし幼い頃からそんな巨大な家で使用人たちに囲まれて独りぼっちで暮らしてきたジュリアの孤独と独立心の強さは,仲の良い家族という自分の恵まれた環境にジュリアも入れてあげ,ジェイクとともに守ってやりたいと願う気持ちに変わっていきます。それこそまさに「愛する」ことではないかとジュリアにも兄弟たちからもせっつかれるのですが,キャメロンはなかなかそれに首を振らないのでした。かつてのトラウマにキャメロン自身が打ち克つにはどんな手が考えられるのでしょうか・・・。本作は他のロマンスのような,ヒロインのシンデレラストーリーではなく,これはヒーロー側からのシンデレラストーリーなのかもしれません。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

秘書とハンサムな悪魔 [ケイト・カーライル]

SHALOCKMEMO915
秘書とハンサムな悪魔 The Millionaire Meets His Match 2010」
ケイト・カーライル 大田朋子





サリー・デューク,不幸な生い立ちの少年たちを養子として迎え深い愛情を持って育て上げた女傑です。サリーの育てた3兄弟たちの愛の物語のミニシリーズ「デューク・ブラザース」の第1弾。アダム,ブランドン,キャメロンの3兄弟は,血のつながりはないものの,「デューク・ディベロップメント・インターナショナル(DDI)」で共同経営しており,学生時代には3人でボートレースを総なめにした兄弟以上に深い絆を持ち,互いの過去の深い傷を知り合う戦友のような関係です。第1作の本作はアダム・デュークのロマンス。秘書のシェリルが個人的な理由から会社を去り,替わりに採用されたのはトリッシュ・ジェームズ。最近養母サリーが3兄弟に生涯の伴侶を設けさせようとしているという情報がサリーと同居しているキャメロンから伝えられたアダム。人事部長のマージョリーが送り込んだのはきっとサリーの眼鏡にかなう花嫁候補だと思い込み,騙されないぞという気持ちで誘惑の手を出そうとします。一方秘書に採用されたトリッシュにもアダムに対する密かな計画がありました。幼少から生活してきた集合住宅が突然取り壊され,家族同然に過ごしてきた仲の良い住民たちが困窮を極めた原因はアダムの会社であるDDIの仕業であることから,会社に潜入し,悪行の証拠をつかんでDDIを潰して復讐しようとしていたのです。経営者の秘書という格好の地位に就いたトリッシュですが,いくら書類を調べてみてもなかなか証拠をつかむことができません。それよりもアダムの仕事ぶりは良好な企業の見本のような素晴らしいものでした。そして,トリッシュの才能を見抜いたアダムは新しいリゾートのオープニングの企画運営にトリッシュを積極的に活用し始めたのです。現地に出張した二人の瞳の中にはもはや相手のことしか映っていませんでした。二人の関係は一緒に仕事をするうちにどんどん深まっていきます。憎むべき相手を愛してしまったトリッシュは苦悩します。時々買い物途中などに出会うかつての住民たちがさらに不幸になっている姿を見るにつけアダムを忘れられなくなっているトリッシュの悩みは増すばかりでした。そしてリゾートの開業祝賀パーティでアダムと話をしている男性を見たとき,トリッシュは自分の企てがバレてしまったことを知り,荷物をまとめて逃げ出します。それは,かつて集合住宅の取り壊しの時,苦情を言いにいった業者社長だったからです。トリッシュが去った後のアダムは仕事が手に着かず終始イライラして幹部職員を叱責する始末。心配したサリーや兄弟たち。やがて,トリッシュが残した違法すれすれの強引な開発の証拠を勇気を出して見たアダム。それからは,一転して自分が知らなかった下請け会社の問題を挽回すべく攻勢に転じるアダムですが,トリッシュはそれを許してくれるでしょうか。
第2作ではキャメロン,第3作ではブランドンがヒーローとなります。サリー・デュークの望む愛にあふれたロマンスが展開されるのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大富豪の意外な提案 [ケイト・カーライル]

SHALOCKMEMO897
大富豪の意外な提案 She's Having the Boss's Baby 2013」
ケイト・カーライル すなみ 翔





D-1635「七日間だけの愛人 An Innocent in Paradise 2011」(SHALOCKMEMO796)の続編です。前作ヒーロー,ローガン・サザーランドの双子の弟エイダン・サザーランドと,アレリア・リゾートホテルの副社長エリナー・スターリングのロマンスです。前作で登場したヒロインのグレースのような天才ではなく,経営手腕に優れたエリナー(エリー)は,30歳を迎え,仕事が生きがい。双子のサザーランド兄弟も,エリーを共同経営者にしても良いと考えていたところです。何事にも計画を立てそれを着実に消化していくことでこれまで素晴らしい実績を上げてきました。しかし,出産して子供と共に幸せに過ごしたいという夢も持っています。しかし結婚しようと思っていた相手が自分から離れてしまう経験から男性を信じられないでいます。そのため,人工授精により妊娠しようと決意するのでした。初めは上司のエイダンに3週間の休暇を申請したところから二人の関係に変化が現れます。休暇の理由をしつこく聞かれ,エリーはアトランタで人工授精をすることを話してしまいました。それに対してエイダンは自然な形での妊娠のため,自分と付き合わないか,ついては契約をしようと持ちかけます。これまで仕事の虫だと思っていたエリーが女性としても魅力的だと初めて気づいたエイダン。エイダンに密かに思いを持っていても自分は結婚はしないと公言し,女性とのつきあいもせいぜい数週間しか持ったことのないエイダンに結婚して家庭を持つことは期待できないと,しかし,エイダンの子供なら今後もエイダンとの関係は切れないだろうと,この提案を了承するエリー。設定自体と言うよりもエリーの考え方そのものがちょっと飛んでいますね。関係を持つことを待ちきれなくなってしまうエイダン。そして計画よりも早く二人の関係は進んでいきます。そして二人の間に恋愛感情が育っていき,エイダンの双子の兄ローガンとグレースの幸せな様子をも目にして,エイダンは次第に仕事よりもエリーの存在が気になり始めていくのでした。エリーもまた妊娠検査薬で検査しつつも,エイダンを愛してしまったことに悩むのでした。そして,ついに自分がエイダンを愛していることを告白したエリーに対し,エイダンは答えを出す様子はありません。ついに妊娠が発覚したとき,エリーはエイダンの下を去ることを決意するのでした。そんなエイダンの煮えきらない態度に兄のローガンや双子の義理の母が強烈に援護射撃をします。ついにエリーが自分のそばにいることが自分の幸せだと気づくエイダン。さて,エイダンは去ってしまったエリーをどんな風に説得するのでしょうか。
サザーランド家と姻戚になったデューク家の3兄弟のロマンスも今後翻訳が出てくるようです。第1作「秘書とハンサムな悪魔」は来月刊。期待されます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

七日間だけの愛人 [ケイト・カーライル]

SHALOCKMEMO796
七日間だけの愛人 An Innocent in Paradise 2011」
ケイト・カーライル 八坂よしみ





IQ180近くの天才少女。8歳で大学の研究室に入り,ほとんどの生活を大学で過ごしてきたグレース(グレーシー)・ファレルがヒロインです。人類を救うかもしれない胞子の研究のためカリブ海の島にやってきます。野生の胞子の群生地がこの島にあるからでした。ローガン・サザーランド一家が所有し,経営するアレリア・リゾートホテルでウエイトレスの職を得て午前中は胞子を探す生活をしています。男性は自分よりも頭のいい女性は避けるというこれまでの経験から,ローガンに初めて出逢ったとき強く惹かれたにもかかわらず,その想いを胸に秘めるのでした。ローガンとしてみれば,一見してウエイトレスとしての経験など全くないようにカクテルグラスを割ってしまうグレースを,すぐに首だと言おうとしたのですが,抜群のスタイルと美貌を持つグレースをベッドに引きずり込もうと思ってしまうのです。そして,グレースがなぜこの島に来たのかという話を信じることができないまま,1週間という期限付きで島への滞在とウエイトレスとしての職を許可するのでした。その後,胞子を見つけて大喜びするグレースや,滞在客の悩みに真剣に耳を傾け,その問題の解決策をすぐにアドバイスする様子を見て,彼女を新たに見直すのでした。やがて,二人は島の熱帯雨林に囲まれた温泉で目眩く時を過ごし,互いを深く愛するようになります。しかし,男性に裏切られたばかりのグレース,愛する人からの裏切りに深く傷ついた経験を持つローガンは,ちょっとした誤解がきっかけで,再び裏切られた気持ちに陥ります。ローガンの出張中に島の開発計画を偶然知ってしまったグレースは,メモを残しただけで島を去って行きます。グレースに再会できることを楽しみに島に戻ったローガンもまた,自分に確認しないまま島を去ったグレースが自分を信頼していなかったという思いを持ちます。二人の間のこの誤解は,解けるのでしょうか。
天才的な頭脳と誰にもうらやまれる素晴らしい容貌,そして優しく思いやりに満ちた性格と,三拍子そろったグレースのような女性は世界に何人もいないのでしょうが,そんな夢のようなヒロインに,南国の天国のような島という環境にはすっかり引き込まれてしまいます。さらに,ローガンの双子の弟エイダンや,従兄弟の3兄弟など,シリーズ化しそうな登場人物がたっぷり描かれている期待の持てる作品です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ケイト・カーライル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。