So-net無料ブログ作成
スザンナ・カー ブログトップ

砂漠のラプンツェル [スザンナ・カー]

SHALOCKMEMO1007
砂漠のラプンツェル Prince Fafiz's Only Vice 2014」
スザンナ・カー 藤村華奈美





"Royal and Ruthless"シリーズの第5巻になります。ロビン・ドナルド,ケイト・ウォーカー,ケイトリン・クルーズ,キム・ローレンスと名うてのロマンス作家の競演ですが,本作も素晴らしい作品でした。魅惑のシークやプリンスたちと,どちらかというとそれぞれに背景を抱えた令嬢たちのアリアリのロマンスですので,経済的なものよりも気持ちの問題や境遇の問題でロマンスを盛り上げるパターンの作品群です。かなり独立性の強いシリーズという点は変わりませんが,少しずつ共通性が見えてきたような気がします。それでも長い年月に渡って書き継がれてきた作品群ですので,読了の内容も余り覚えていないのが実情ですが,読後感を読み返してみると面白いですね。本作も二日前に読了していたので,内容を振り返ってみます。歌手のレイシー・マックスウェル。そしてルーデイナ・スルタン国の王子ハフィズ・イビン・ユスフ・カーティーの2人のロマンスですが,かつて出会い,愛し合った二人。しかしハフィズは若い頃浮き名を流しすぎて長男でありながら国の人々の信頼を大きく損ねる行為をしてしまっています。それを深く反省し,弟のものになってしまった皇太子の地位を取り返そうと国のために尽くしてきました。父王に認められるまでもう少し。そしてそのためには父王が決めた相手と結婚することが最後の切り札になるところまで来ていました。ところがレイシーと再会してしまい,二人は再度ロマンスに溺れてしまいます。「愛しているけれども君とは結婚できない」とハフィズはレイシーに残酷なことを言い続けます。レイシーと過ごした何日間かの間にレイシーのなかには再びハフィズとともに過ごすことが出来るのではないかという期待感が生まれてきますが,愛人としてではなく,ハフィズを助けるために正式な妻としての立場が必要になってきます。「私を取るか,婚約者を取るか」その言葉がハフィズの立場を危なくすることに気づいたレイシーは,やはり別れを決意し,アブダビに逃避していくのでした。究極の選択を迫られたハフィズは,しかし,レイシーを逃してしまえば自分にとって何も残らないことに気づくのでした・・・。
これまでハフィズを愛する余り彼の要求は何でも呑んできたレイシーにも,愛人という立場を選択する決意は出来ないほどハフィズを愛してしまっていたのでした。互いの切ない想いが交錯し,そしてなぜ自分の気持ちに気づかないのかと読者をハラハラさせ通しのハフィズですが,レイシーの破滅的な魅力よりも国の立場を尊重してしまうハフィズの行動にも,哀れを感じてしまい,腹立たしさよりもせつなすぎる気持ちを抱かせる美しい作品になっています。果たしてラプンツェルはレイシーなのかハフィズなのか,と読者に問いかける意味深い邦題ですね。シリーズはまだ続くようですので,翻訳が待たれます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

生け贄の花嫁 [スザンナ・カー]

SHALOCKMEMO794
生け贄の花嫁 The Tarnished Jewel of Jazaar 2012」
スザンナ・カー 柴田礼子





ジャザール王国のシークは,対抗する勢力との協調を図るため,族長たちの推薦する花嫁候補との結婚を決めていた。いよいよ結婚の儀式が始まる。まだ顔も見たことのない花嫁。ベールを挙げてみたときシーク・ナディール・イブン・シハブは完全に自分がだまされていたことを知る。花嫁となったのは,シークにふさわしい伝統的で純粋なジャザール人部族の乙女ではなく,アメリカ人との混血の娘だった。しかも生娘ではなかった。しかし,今この花嫁を拒絶すれば,国家の安定は図られず,内戦に陥る可能性もある。「この卑しむべき女を花嫁として受け入れよう。そして,結婚式が済んだら,部族の長老たちに順番に思い知らせてやろう。」そう決意したシークだった。その夜,テントで待っていた花嫁ゾーイ・マーティンは,アメリカ人の父親のように医師になることを夢見ていた。「アメリカに渡り,医大に通いたい。」そのためには,シークとの結婚を利用して自分を利用しようとしている叔父たちの下を離れ,アメリカに逃げよう。そう決意していた。
シーク・ナディールとの初夜に,ゾーイはナディールに惹かれている自分に気づく。ナディールもまた,不思議な魅力を持つゾーイに惹かれるのだった。やがて,砂漠の国では習慣となっていなかった新婚旅行を兼ねて,二人は国外に出かける。ナディールの警備隊長グレイソン以下の警備員に挟まれ,なかなかナディールの下を離れることのできないゾーイ。いくつかの国を経てついにアメリカの隣国メキシコまでやってきた二人。そしてニューヨーク行きが決まったとき,ゾーイは密かに驚喜する。と,同時にナディールの下を離れがたいことにも気づいていたのだった。果たして,ゾーイの夢は叶うのか。
独裁的なシークと,混血の女性ゾーイとの心の交流とすれ違いが読者を物語の世界に引き込みます。西欧化を図ろうとするシーク・ナディールの思惑と,ゾーイの夢が次第に結びついていくストーリー展開に,ロマンスが絡み,読後感の良い作品に仕上がっています。これまで読んだスザンナ・カーの作品の中では,もっともおとなしい感じの作品でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

汚 名 [スザンナ・カー]

SHALOCKMEMO791
汚 名 Her Shameful Secret 2013」
スザンナ・カー 春野ひろこ





「愛人島」の一つ前に訳された作品です。イタリア旅行中に出逢った男性と目眩く関係を持ったロスの学生イザベラ。彼,アントニオ・ロッシは彼女をベラと呼び・・・。しかし別れの時が来ます。アントニオが他の女性と婚約したという報道は後から知ります。捨てられた彼女は何とかアントニオと連絡を取ろうとしますが,かなわず,自暴自棄になっていたところにアントニオの兄ジョバンニに救いの手をさしのべられ,酒に酔った夜にジョバンニと一夜の関係を持ってしまい,妊娠してしまいます。レストランでウエイトレスとして働きながら何とか生活を維持する日々でしたが,そこにアントニオがやってきます。ジョバンニの死と彼がイザベラに残した遺産の件で。「ジョバンニとの関係は自分の意図したものではなく,アントニオに捨てられて連絡が取れなかったことから仕方なく」と説明する機会を与えられないまま,アントニオからも信じてもらえない,その苦しみと,妊娠しているという二重の苦しみを抱えたまま,アメリカに帰る航空券を手に入れるために働かざるを得ないイザベラでした。
実はアントニオは幼少の頃から長男のジョバンニと次男の自分との間の確執を強く持っていました。卑劣な手口で自分を陥れようとしてきた兄。今回のイザベラの裏切りも,このジョバンニの企みだったのではないかということには,なかなか思いが至らなかったのです。アントニオとイザベラとの間の感情のすれ違いも,表面的な事実をうまく組み合わせたジョバンニの企みの結果だったのです。しかし,ジョバンニが亡くなった今では,その事を証明することはできず,あとは二人の間の信頼関係をいかに取り戻すかだったのです。様々な条件をつけてイザベラをイタリアに留めようとするアントニオ。そしてどんなにひどい言葉を投げつけられてもアントニオに触れられただけで言いなりになってしまいそうなイザベラ。何とかはねつけて自分とおなかの子供を守ろうとするイザベラでしたが,アントニオとジョバンニの確執のことを聞き,さらに子供と優しく接する彼を見て,もう一度彼との生活をすることを考え初め一カ月が過ぎてしまいます。それでも,家柄の違いや自分がまだ学業の途中であることを理由に,ロスに帰ることを決意します。その日,アントニオの母マリアが家にやってきて,ロッシ家の財産を確保し,子供をロッシ家に入れるためにイザベラと結婚をするという計画はどうなったのかとアントニオを詰問しているのを聞いてしまいます。アントニオのこれまでの優しさも,すべて計画のうちであると思ったイザベラ。必死に否定するアントニオでしたが,イザベラはロスに帰り・・・。四ヶ月後,イザベラは女の子キアラを出産します。病室に戻る途中で具合が悪くなり廊下の壁に捕まったイザベラを支えたのはアントニオでした。
うまくできたストーリーです。どうしようもないほど愛し合っている二人の間に様々な障害が生じ,気持ちを通じ合わせて本当の愛を手に入れるまでの二人の心の軌跡が丁寧に描かれた秀作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

愛人島 [スザンナ・カー]

SHALOCKMEMO788
愛人島 A Deal with Benefits 2013」
スザンナ・カー 深山 咲





ハーレクイン・ロマンス・シリーズとしてはちょっと不思議な作品です。どちらかというとディザイアにふさわしいないようではないかと思いました。全編を流れる「愛人」として調教されるヒロイン,アシュリー・ジョーンズ。そして完全に調教師が話に立つヒーロー,大富豪のセバスチャン・エステバン・クルス。何度も裏切られ,愛人扱いしかされないヒロインが,それでもヒーローの魅力から離れられず,自分は母親とは違う生き方をするんだと決意しながらもいつもヒーローの言いなりになってしまうもどかしさ。ちょっとイライラしながら,かっこよさのかけらもないヒロインに感情移入できない読者のもどかしさが垣間見えるストーリーとなっています。最後にはハッピーエンドを迎えるとわかっていても,人格無視の二人の関係に嫌気がさして途中で投げ出してしまう読者も多く出るのではないかと思われる作品でした。かなり好みが分かれる作品だと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
スザンナ・カー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。