So-net無料ブログ作成
ジャネット・ケニー ブログトップ

再会は情事の幕開け [ジャネット・ケニー]

SHALOCKMEMO878
再会は情事の幕開け Bound by the Italian's Contract 2014」
ジャネット・ケニー 麦田あかり





理学療法士ものです。肉体的に傷を負った人たちが,そのことで精神的にも傷を負うということは,これまでも理学療法士ものを読んできて一つのパターンとなっていましたが,本作のヒロインのように,つまり意に沿わずに女性として傷を負った結果,男性不信になるパターンと,本作のヒーローのように妻に裏切られた男性が女性を信じられなくなるパターン,そして兄弟間で過去に取り返しのつかない傷を負わせてしまったことへの心理的負担と,二重/三重に傷を負った二人のロマンスは,その複雑な経緯の説明とそれを一気に乗り越えて行くカタルシスの爽快感と相俟って,筆力のある作家でなければなかなかものにすることの出来ないことだと思いました。そんな意味で,本作はちょっと難しい作品になっていると思います。
理学療法士カプリース・トレゴーアは,障害を負った人でも,将来車椅子スキーができるようになる新たな治療プログラムを開発し,自分の所有するスキーロッジを改装しようとしていました。しかし,その資金繰りのめどが立たず,かつて自分が恋心を抱いていた元スキー選手で今は富豪となっているルチアーノ・ドゥケリーニに援助を申し込みます。しかし,ルチアーノは7年前に自分を捨てた男性。成功の見通しは少なかったので改めて自分が傷つくことも恐れていましたが,ルチアーノの弟ジュリアンが自分とエクストリームスキーに挑んでいるときに大きな怪我を負わせてしまい,その治療をカプリースに任せてみようと思っていたところでした。二人の利益が一致し,イタリアでジュリアンの治療に当たる代わりに,ロッジの改装資金を提供することで二人の間に契約が成立します。イタリアに飛んだ二人は互いの気持ちの中に未だに惹かれるものが燃え残っていることに気づきますが,再び互いを傷つけ合うことを怖れ,他人行儀に契約的関係でいようと思っています。イタリアにもカプリース・プログラムを実践する場所を作るために,設計の最終段階で専門家たちにルチアーノの私邸がデザインとしてふさわしいとアドバイスを受け,二人は山中の私邸に向かうのでした。そのとき,大きな雪崩に襲われた二人は命からがらに被害を逃れたものの,道路はふさがれてしまい,私邸に閉じ込められる格好になってしまいます。三日三晩こもりっきりになった二人は,することもなく,そしてカプリースの方からルチアーノに体を預けることになってしまうのでした。しかし,イタリアとアメリカ,しかもかつてカプリースを傷つけたのはルチアーノの親友マリオであることで,自分たちに将来はないと考えていたカプリースは,ジュリアンの治療のめどが立ち次第アメリカに帰ることを頑なに主張するのでした。最後の日は互いに気遣いつつも冷たい雰囲気のままでカプリースはアメリカ,ロッキー山中の自分のロッジに帰っていきます。数ヶ月後,ロッジの完成披露パーティにルチアーノが訪れるのですが・・・。
二人の傷を負った経緯が物語の進行とともに徐々に明らかになり,それを互いに言葉にしていく過程が,緊張感があり面白いところですが,156頁という制約のせいか,解決に至る過程がちょっと急激すぎておもしろみに欠けるきらいがあります。280頁ぐらいにして,カタルシスの過程がもう少し丁寧に描かれていけばさらに素晴らしいストーリー展開になっただろうと思います。とは言え,過去の傷を癒やしていくストーリーが得意な作家ならではの設定のすばらしさはやはり見事です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

すれ違いの地中海 [ジャネット・ケニー]

SHALOCKMEMO717
すれ違いの地中海 (ウルフたちの肖像 6) Illegitimate Tycoon 2011」
ジャネット・ケニー 藤村華奈美





シリーズ「ウルフたちの肖像」の第6作。ロマンス小説のストーリーとして愛が成就するというゴールに至るまでを描く作品が多いわけだが,本作は,既婚の男女が互いに愛する気持ちを失うことなく夫婦としての絆,家(建物や敷地),家庭,子供,仕事など夫婦として避けることのできない問題を真摯に描いた好著と言える。

ウルフ家のラファエル・ダ・ソウザは父親によって認知されずに母の姓を名乗っているIT企業の経営者。妻のライラ・サンティアゴは世界的なスーパーモデル。二人ともそれぞれに世界的な名声と実力を兼ね備えている,外から見れば理想のカップル。しかし,ライラはかつてモデル業にありがちな拒食症を病んでおり,授かった子供を失ってしまうという体験を持つ。一方,ラファエルは父から認知されなかったことから,子供をどのように愛し,育てていけばよいのかわからないという不安を強く持っている。互いの仕事の性質上,すれ違いが多く,年に一度くらいしか一緒に暮らせないという状況の中にある。ライラはモデル業と併せて,拒食症の少女たちの無料クリニックを運営するために,モデルの仕事をやめられないと考えている。夫が裕福であるにもかかわらず,その支援でクリニックを運営することは頑なに拒んでいる。そんなライラを常に追い求めているにもかかわらず,ラファエルもまた,自らの会社の運営をなかなか部下たちに任せられずワーカーホリックになっている。そんな二人が久しぶりに合流し,一週間を過ごすことになるのだが・・・。『すれ違いの地中海』というタイトルはここからとられている。一度流産した経験をやっと告げることができたライラ。その心の傷と不安を気遣うラファエル。その後,再びライラの妊娠が判明し,今度は双子だと分かる。ライラの仕事を極端に制限しようとするラファエル。家に縛り付けられるのをいやがるライラ。リオデジャネイロの家に落ちついた二人だが,妊娠中に,ライラにモデルの仕事の話が舞い込む。飛行機での移動は胎児に大きなリスクとなることを気遣うラファエルは,仕事を断るようにライラに迫るのだが,ライラは二人の家での撮影を承諾してしまう。おりしもラファエルはロンドンへの1週間の出張を余儀なくされ,帰宅した時にはまさに家の居間で撮影がお子縄手いる現場に遭遇する。ついに二人の間のわだかまりは最悪の展開へと・・・。

結婚はゴールではなく,まさに始まりであることを巧みなストーリー展開で描いた好著。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ジャネット・ケニー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。