So-net無料ブログ作成
リン・レイ・ハリス ブログトップ

勝利の美酒は罠 [リン・レイ・ハリス]

SHALOCKMEMO1025
勝利の美酒は罠 Heiress's Defiance
ホテル・チャッツフィールド 8) 2014」
リン・レイ・ハリス 山本翔子





やっと読み終わりました。シリーズ最終巻ですが,そもそもこのシリーズがかなり多くの作品群からなっていますので,第1シーズンの最終巻と言えると思います。ジーン・チャッツフィールドの再婚に伴い,ホテル群のCEOにクリストス・ヤトラコスが就任してからの,ジーンの8人の子どもたちのロマンスを巡るシーズンもやっと終わりが見えました。来月は関連作が出るようです。
さて,最終巻に残ったのは長女のルシーラ。ヤトラコスにCEOの座を奪われ,ホテル経営の面で最も被害が大きかったのがルシーラです。複雑な家庭の中で弟妹たちの面倒を見る,母親代わりの存在でもありました。特に末の妹のカーラにとっては姉=母というぐらいの存在だったのです。憎むべき相手クリストス・ヤトラコス。でも,なぜか憎めない相手。気になる相手。そして愛してしまった相手なのです。戦略的にCEOの座を奪い返すのが究極の目的だったルシーラですが,ギリシアのクリストスの育った島での1週間,そして生い立ちをバラすぞと脅しながら後ろめたさを感じざるを得ない複雑な心境。なによりクリストスへの愛と憎しみが裏表だったことを知りながら,仕事の面では妥協できない頑固さがルシーラの愛に素直になれない理由でもあります。若い再婚相手を選んで仕事を放り出してしまった父への恨み,その父がクリストスをCEOに命じてしまった恨み,いくつかの恨みや悔しい思いを抱えたルシーラは本当に強い女性の典型です。MB版の表紙を見る限り,シリーズの中でもっともセクシーかつ大人の雰囲気を漂わせたモデルを使っているのも,ぴったりという感じがします。一方のクリストス・ヤトラコスの方も,これまで各巻で少しずつ明らかにされていた不幸な少年時代,つまり父親からの虐待により事故が起こり,少年院で暮らした過去,そして改名したことなどが描かれ,シリーズ全体を締めくくるにふさわしい大団円へとなだれ込んでいく内容になっています。二人のロマンス自体がとても劇的で悲しみに満ちている内容ではありますが,ドラマチックな表現を得意とするリン・レイ・ハリスらしい作品といってもいいと思います。
シリーズベストを挙げるとすれば,作品としては第1巻「シークの愛した客室係」,ヒロインとしては第5巻のホリー・プルマンでしょう。


タグ:ロマンス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

砂漠の王と千一夜 [リン・レイ・ハリス]

SHALOCKMEMO908
砂漠の王と千一夜 Carrying the Sheikh's Heir 2014」
リン・レイ・ハリス 深山 咲





キル王国の二人の息子の兄ラシードとシェリダン・スローンのロマンスです。前作「砂に消えた偽りの誓い」(SHALOCKMEMO864)で弟カディルは秘書のエミリーと結婚しました。そのため王位を継がざるを得なくなったラシードですが,王としての務めを真面目に果たそうとするとともに,前妻とその子供を出産時にともになくしてしまった経験から,妊娠,出産ということ,さらには一人の女性に生涯を賭けて愛することに怖れを抱くようになってしまっています。そんなラシードにどんな風にして愛する女性を出会わせるか。作者はそこで試験管ベビーの検体取り違えという裏技を用意していました。なかなか妊娠しない姉夫婦を気遣い,シェリダンは義兄の精子を着床させて姉の代わりに出産しようとしました。ところが病院側の間違いで,キル王国国王のラシードの検体が使われてしまったのです。病院からの連絡でその事を知ったラシードは病院に詰め寄り,誰が母胎になるかを白状させてしまいます。すっかり子供を産む気でいたシェリダンのところにラシード自らが出向きます。まだ妊娠がハッキリしないうちに,ラシードは「君の産むかもしれない子供はキル王国の後継者の可能性があり,国王としてはそれをそのまま放って置くことは出来ない。今すぐキル王国に君を連れて行く。」と言い切って,翌朝,自家用ジェットにシェリダンを乗せて飛び立っていくのでした。とてつもない話に驚いたままラシードに連れて行かれたシェリダン。しかし,前妻が出産時に命を失ったことは聞かされていないシェリダンはラシードの強引なやり方に反抗し続けながら,しかしハンサムで男らしいラシードに惹かれる気持ちを抑えることが難しいほどでした。女性から面と向かって反抗されたことのないラシードは,逆にそんなシェリダンに興味を持ち,子供の母親というだけではなく,女性としても見るようになります。
かつての国王のハーレムだった部屋で一人でほ放って置かれたシェリダンはラシードにテレビやパソコンを要求したり,少なくとも母となる自分に気遣いを見せるよう堂々と要求するなど,気持ちいいほど強気なシェリダンの姿に読者も拍手を送りたくなります。そして,ラシードの過去の経験を知ったシェリダンとラシードの関係は急速に進みます。そして作者はもう一つの驚愕の事実を用意していました。DNA鑑定,そして王立病院を訪れた二人が知ったのはなんと・・・。王位継承に絡みさらに複雑な関係になるかと思われましたが,作者はそれをすんなりと解決させ,後味の良いすっきりした結末を用意しています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

砂に消えた偽りの誓い [リン・レイ・ハリス]

SHALOCKMEMO864
砂に消えた偽りの誓い Gambling with the Crown 2014」
リン・レイ・ハリス みずき みずこ





世界的な建設会社経営者でキル王国の弟王子カディルとその個人秘書のエミリー。エミリーのシンデレラ・ストーリーですが本作はキル王国の王位継承問題が絡み,兄王子ラシードとカディルとの小さい頃からの確執,そして現国王で兄弟の父ザイードが皇太子を決めないで息を引き取ってしまったため,王位継承問題がねじれてしまうという事態がどのように収束されるかということが二人のロマンスに大きな影響を与えるという設定が核になっています。カディルのはでな女性関係を収束することも個人秘書としての務めだったエミリー・ブライアント。そして王位継承に絡み,父王から外国人であるエミリーと結婚することで,自分ではなく兄王子に王位を継がせるだろうという計略で契約結婚に踏み切ったカディルが,実は,エミリーの魅力に気づき,愛してしまったために,父王の死後,枢密院から王位に就くよう要請されたにもかかわらず,王としての権限でエミリーとの結婚を選び,さて,王位はどちらに・・・という結論を最後まで引っ張ることでロマンチックさを高めている作品です。どんな問題にもたちどころに手を打っていくエミリーの秘書としての有能さが光る,そしてカディルを支えようとする健気な生き方に拍手です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

億万長者に捧げた一夜 [リン・レイ・ハリス]

SHALOCKMEMO762
億万長者に捧げた一夜 The Change in Di Navarra's Plan 2013」
リン・レイ・ハリス 相原ひろみ





祖母とともに調香師として素晴らしいコスメ「コレット」を作り上げたホリー・クレイグは,祖母の死後,大企業「ナヴァッラ・コスメティックス」に売り込みにいきます。絶対的な自信をもってオフィスを訪れたホリーは,企業の新しいコスメのCMモデルの候補者と勘違いされますが,とにかく社長に売り込むことを優先に考えていたホリーは,勘違いを訂正しないままオーディションに合格してしまいます。ホリーの純真な魅力が新作コスメにぴったりと考えられたのです。写真撮影を無事終えたホリーは,いよいよ社長のドラゴ・ディ・ナヴァッラと食事をともにする機会を得ますが,「コレット」を売り込む前にドラゴの魅力にすっかりはまってしまい,遂にはベッドをともにするところまで行ってしまいます。
一年後。ホリーはドラゴとの息子ニコラス(ニッキー)を育てるためニューオーリンズでカジノのウエイトレスでアルバイトをしています。そこにたまたまドラゴがモデル体型の美女とともに訪れます。ホリーに気づいたドラゴは,一年前にホリーに裏切られたと思っていますが,改めて出会ったホリーがやはり「スカイ」のモデルに最もふさわしいと思います。仕事を終えたホリーをアパートまで送っていったドラゴはそこで自分の息子との運命の出会いをするのですが・・・。
自ら両親の不仲と母親に捨てられ、叔父に預けられたという過去を背負ったドラゴは,愛を信じない大企業のカリスマ経営者として生きてきました。一方,両親を早いうちに亡くしながらも愛情を持って祖母に育てられたホリーは,愛を信じる気持ちを失っていませんでした。この二人の境遇が二人の関係を決定づけます。ホリーはドラゴに惹かれながらも自分を誤解したままでいるのに不安を感じ,息子の存在をなかなか話すことができません。さらにドラゴはホリーが自分を利用しているに過ぎないと言いながらもホリーに惹かれる気持ちを抑えきれなくなります。新作コスメ「スカイ」のCM撮影のためイタリアに飛んだドラゴとホリーとニッキー。パーティーのあと,ついに二人は一年ぶりに結ばれるのですが・・・。
やることなすことホリーを誤解し続けるドラゴがホリーの魅力に次第に嵌まっていく様子と,ドラゴに強く惹かれながらもニッキーを守ろうとするホリーの気持ちのすれ違いと,それに反する二人の関係が,ていねいに,しかもドラマチックに描かれている秀作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

心を捨てた億万長者(ウルフたちの肖像 5) [リン・レイ・ハリス]

SHALOCKMEMO713
心を捨てた億万長者 (ウルフたちの肖像 5) Heartless Rebel 2011」
リン・レイ・ハリス 柿沼摩耶





「ウルフたちの肖像」シリーズの第5作目は,リン・レイ・ハリスの作品。ニューオーリンズのカジノのディーラー,カーラは,ニースに出張し,億万長者が集うゲームのポーカーのディーラーを務めることになった。ボスから,ニースへの渡航費用とボーナスをもらう代わりに,いかさまゲームで,ある参加者を勝たせるように求められる。そのカジノの制服よりも,より過激な服装をして。そこに,ジャック・ウルフという投資会社の経営者が参加し,ついには,ジャックが価値をさらってしまう。そのことで多額の損失を被ったボスはジャックを痛めつけるのだが,カーラはジャックを逃がすことになってしまう。そのままニースはいられないと考えていたカーラに,ジャックは,結婚式への同伴を条件に,一緒にニースを離れないかと提案する。
すでに,ジャックの姿に大きな魅力を感じていたカーラと,自分を救ってくれたことに興味を持ったジャックは,途中のパリで,互いに熱い思いと関係を持ってしまう。しかし,ジャックにもカーラにも,過去や家族に,他人には知られたくないヒミツがあるのだった。ジャックには双子の妹アナベルを父親から守れなかったという後悔の念を抱き続けており,愛を信じることができなくなっている。いかに関係が深くなっても,ジャックの心の底にまでは踏み込めないと感じたカーラは,パーティーでジャックの愛人とうわさされているのを機にニューオーリンズに帰ってしまう。ジャックから送られた報酬は約束よりかなり多かったのに驚いたカーラ。カーラの働いているカジノをジャックが再び訪れる。その後の二人の関係は進展するのだろうか。
シリーズも5作目になり,ヒーローたちもそれぞれの個性を出してきている。8人兄弟は再びウルフ館に集合できるのだろうか。ジェニー・ルーカスがアナベルを,,ジャネット・ケニーがラファエルをそして最終話でジェイコブをケイト・ヒューイットが描き,シリーズをまとめるようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

千の夜をあなたと [リン・レイ・ハリス]

SHALOCKMEMO628
千の夜をあなたと Kept for the Sheikh's Pleasure 2010」
リン・レイ・ハリス 秋庭葉瑠





サマー・シズラー2011「愛が燃える砂漠」所収。リンレイ・ハリスの短編。
 考古学者ジニーヴァ・グレイ Genie Gray は学生時代にある男性から突然捨てられるという体験をし,以来,遺跡の発掘調査に人生にすべてを捧げ,ある程度の実績を残してきました。
ある男性とは,バーシャール国のプリンスだったのです。しかも,その男性ザフィール・ビン・ラシッド・アル・カリファ Zafir bin Rashid al-Khalifa からは,結婚するつもりはないとはっきりと告げられ,別れた過去を背負っていたのです。
 発掘作業をしている場所で,ある夜,伝統的な砂漠の衣装をまとった一団から発掘現場が襲撃され,危険なところを救ったのは,そのある男性だったのです。しかも,プリンスのはずのザフィールは,今は国王になっていたのでした。
王宮のハーレムに連れて行かれたジニーは,今でもザフィールに出会うと自分の欲望を抑えることができないことを思い知ります。しかも,ザフィールもジニーに対する欲望を抑えきれないようでした。さて,二人の愛はどうなっていくのでしょうか。
 身分違いの二人のロマンスの紆余曲折はシークものの一つの王道を示すものですが,ジニーヴァ,つまり女性版魔人の名前をもつジニーと国王としての定めを背負うザフィールとの葛藤,さらに,ザフィールの二度にわたる不幸な結婚生活の結末など,背景が徐々に語られ,対立する部族同士の抗争に二人が巻き込まれるなど,静かな発掘物語ではなく,結構アドヴェンチャー性がたっぷり語られる秀作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
リン・レイ・ハリス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。