So-net無料ブログ作成
チェリー・アデア ブログトップ

氷の女王の涙 [チェリー・アデア]

SHALOCKMEMO391
氷の女王の涙 On Thin Ice 2004」
チェリー・アデア 小林令子





始めに,作者チェリー・アデアのウェブページ cherryadair.com をご覧いただきたい。英語に堪能な方でなくても,これだけでも,アデアの作風と目指すところがおわかりいただけるのでは?
 本書を読了後,私もこれを見て,なるほどと思った。
私のように,「氷の女王の涙」で初めてチェリー・アデアに出会った人でも,これまで訳出されてきた「T-FLAC」シリーズの他の巻をすぐにでも手に取りたくなり,ライト家の兄弟・姉妹たちの冒険に思いを馳せたくなるだろう。
物語の舞台はアラスカ。アラスカといえば,デイナ・スタベノウのケイト・シュガック・シリーズ(ハヤカワ・ミステリ文庫)がすぐに思い浮かぶが,本書では犬ぞりレースとその競技者の関係者のみが登場するので,アラスカの人々の考え方や暮らし方は残念ながら詳細ではない。しかし,そのレースの厳しさやルールなどはよく取材されており,その点では十分に楽しめる。ヒロインで獣医のドクター・リリー・マンローが孤独に耐え,生い立ちによる心の奥の深い傷を克服せざるを得なくなるストーリーの展開は,読者に勇気と生きる力を与えてくれる。第19章~20章で明かされるヒーローのデレク・ライトとその家族たちの深い愛情と,危険を顧みず悪と戦う勇気にも,じんわりと腹の底から沸き上がってくる強い感動覚える。
年間ベストに入るオススメの1冊。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
チェリー・アデア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。