So-net無料ブログ作成
ダイアン・カステル ブログトップ

ラブレスキューは迅速に [ダイアン・カステル]

SHALOCKMEMO550
ラブレスキューは迅速に I'll Be Seeing U 2006」
ダイアン・カステル 板垣節子





「オファロン家の甘美の憂鬱」シリーズの最終巻。
今回のヒーローはオファロン家の養子で長子のクエイド。幼少期の荒れた生活からローリー・オファロンによって自分の目標を見出し,沿岸警備隊員としてアラスカで救助活動にあたっていたが,ローリーの愛するミミの行方を捜すために沿岸警備隊の職を辞しオファロンズ・ランディングに帰郷してきます。
時を同じくして事業の失敗と夫との離婚を機にNYから息子とともに帰郷したシンシア・ランドンがヒロインです。
このシリーズでは,ヒーロー,ヒロインのほかにも複数のカップルのロマンスが同時に描かれていますが,中でも本作では,サリーとディマーの歯がゆいばかりのドタバタ・ロマンスがサブストーリーとして,そして三部作をとおしてローリーの赤ん坊のボニーの母ミミの行方という最大の謎解きが縦糸になってストーリーが展開しています。いずれの登場人物も実に生き生きと,そして互いに軽口や,南部独特の行動を見せながら,ドタバタ喜劇を演じていきますが,本作ではヒロイン,シンシアがクエイドを深く愛しながらもクエイドの保護者ぶった考えや態度に真っ向から立ち向かっていく姿に,南部女性の意志の強さとたくましさ,そしてグラント将軍の亡霊を信じたり利用したりする素朴な信仰心,人の良さをとても強く感じさせてくれます。まさに,滅入った人ならば本書を読めば元気になるという見本のようなシリーズ最終巻です。


ラブスクープは突然に [ダイアン・カステル]

SHALOCKMEMO549
ラブスクープは突然に The Way U Look Tonight 2006」
ダイアン・カステル 菱沼怜子





「ラブチャートは気ままに」に続く,「オファロン家の甘美な憂鬱」3部作の第2弾。前作のヒーロー,ライアンの双子の弟でニューヨークでテレビドラマ俳優として有名なキーフが,オファロンズ・ランディングに帰ってきます。そのキーフを雑誌記事にしようとオファロン家にやってきたのがキャリー・カーヒル。さらに整形美人ジョーゼット・クーパーもキーフとの週末デイトの抽選に外れ,キーフを追ってやってきます。
オファロン家の台風の目ボニーとその父ローリー,そして家政婦テルマも健在です。前作でヒーロー,ヒロインを務めた二人は,現在仕事の整理をつけに西海岸に行っており,テルマもコンラッドの家に常駐し,BアンドBを開設したので大忙し。そこでキーフがニューヨークから戻り,ボニーの面倒をみることになったのです。しかし,一人でボニーの面倒をみることなどできるわけがありません。ちょうどベビーシッターの面接をしようとしたところにキャリーが訪れ,依頼されたベビシッターよりも上手にボニーの信頼をたちまち勝ち取ってしまったことから,ストーリーは意外な方向にどんどん流れていきます。今回も,このシリーズの特徴であるジェットコースターのようにテンポの速い物語展開と,オファロンズ・ランディングのとんでもない発想をするユニークな人々,そしてグラント将軍の幽霊が,ドタバタ喜劇を演出し,しかも作者の言わんとする「家族と地に根付いた生活の大切さ」が十分に語られる,ほのぼのとした情感の漂う秀作に仕上がっています。登場人物の多さでは他のロマンスの水準を超えていて,例えばディマーとディガーなど似たような名前の人物も所狭しと登場してくるので,ときどきわからなくなることもありますが,喜劇の舞台を見るように,あまりそんなことは気にせずストーリーを追っていけばいい,というところも本書の魅力でしょう。
そして,ボニーの母ミミの行方,ヘイスティングズ・ハウスに夜な夜な現れる妙な人の気配と水道管の水漏れなどなど,ちょっとしたミステリー風味を随所にちりばめながら読者の心をくすぐる手腕は,一筋縄ではいかない妙味を感じさせてくれる1作です。


ラブチャートは気ままに [ダイアン・カステル]

SHALOCKMEMO548
ラブチャートは気ままに 'Til There Was U 2005」
ダイアン・カステル 菱沼怜子





久方ぶりのコンテンポラリー,しかもアメリカ南部ものです。グラント将軍の幽霊が見え隠れしたり,一品の料理が食べきれないほどの分量だったり,バーボンが登場したり,肌にへばりつく南部独特の空気など,ふんぷんたる南部臭が満タンで,たっぷりと情緒につかることができました。
ダイアン・カステルの「オファロン家の甘美な憂鬱」シリーズの幕開けです。ミシシッピ川の流域,テネシー州のオファロン・ランディングという田舎町が舞台で,オファロン家の3兄弟の長男,ライアンがヒーロー,設計士でライアンと競っているエフィーがヒロインです。表紙写真の右側,中央に赤ん坊,それを取り囲む4人の足が見えています。一方左側の表紙写真では,ブロンドで緑の目の女性の下の方は,海のような風景とタグボートのような船。この2枚の表紙写真が本作の状況とヒロインを表しています。表題の「チャート」は設計図のこと。
作品では3組の男女が登場します。カリフォルニアで活躍する設計事務所共同経営者候補のヒーロー=ライアン・オファロン(設計士)とヒロイン=エフィー・ウィルソン(設計士),ドック経営者コンラッド・ヘイスティングスとテルマ・マカリスター(オファロン家の家政婦),元ニューヨークの経営コンサルタントで町の現在食堂の手伝いをしているサリーと建築業者ディマー。3組の中でも,コンラッドとテルマの二人が本作では最も重要な役割を果たし,あたかもダブルキャストの劇を見ているかのようです。
そして,物語の発端となったライアンの父ローリー・オファロンとその娘の赤ん坊ボニーの母の行方はどこか,オファロン家の次男でライアンの双子の弟キーフはどんな人なのかなど,いくつかの疑問を残したままシリーズが続いていきます


ダイアン・カステル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。