So-net無料ブログ作成
レイ・モーガン ブログトップ

偽りのプリンセス(失われた王冠 最終巻) [レイ・モーガン]

SHALOCKMEMO693
偽りのプリンセス (失われた王冠 4) Counterfeit Princess 2003」
レイ・モーガン 雨宮幸子





シリーズ最終巻。エピローグでは,最終巻らしく,第1作から最終巻までのそれぞれの主人公や登場人物たちのその後が描かれ,大団円となっています。さて,本作のヒーローは,長男で皇太子,そして王国で国王に即位する予定のマルコ・ロゼアノバです。ヒロインはマルコと結婚することにより自動的に王妃となるわけですから,これまでのように比較的自由に,愛によってのみ結婚できるというわけではない運命です。そこで,今回作者が用意したのは,すでにマルコとの縁談がすすみ,候補として挙がっている某国王女の素行が悪く,ロゼアノバ王家には大恩のある人の娘であるにもかかわらず,その居所さえ掴めていないアロビティア国のイリアナ王女の身代わりとして,イリアナによく似たシャノン・ハーパーという,レストランでウェイトレスのアルバイトをしている大学院の学生でした。イリアナ王女の王室付き女官と王室の伯爵によって仕立て上げられたこの身代わりは,当初ナボタビアの舞踏パーティに出席するというところまででしたが,ドタバタといろんな状況の変化があり,シャノンが身代わりになるためにレッスンを受けていた牧場をマルコが訪れることになり,急速に二人の間に惹きあう思いが募っていきます。マルコの前妻との間の二人の子供ピーターとキキも登場し,新しいママになるならシャノンがいいなどと言い出す始末。愛だけを取るなら逃げ回っているイリアナよりもシャノンの方が望ましいという気持ちと,王国の王妃として大恩ある人の娘を娶らなければならないという事情のあいだで,マルコの気持ちは大きく揺れ動きます。そのためマルコとシャノンの二人の関係はなかなか進展しないのですが・・・マルコはこのジレンマからどのように抜け出そうとするのかが,終盤の最大の山場で,作者はなかなかすてきな結論を用意しています。途中,シャノンがナボタビアを代表する画家の作品を展示している美術館へマルコを連れて行き,丁寧に解説していく場面や,シャノンの両親が判明していく部分など,無理やりマルコの決断を示すのではなく,読者が納得するようにエピソードを積み重ねていく手法はとても読みごたえがあります。さらに,マルコの従僕のジョーダンやシリーズ全体を通じて王家の若者たちの恋を後押ししていく叔母や公爵など,名脇役たちがシリーズには欠かせない存在になっています。


嘘つきなプリンセス [レイ・モーガン]

SHALOCKMEMO691
嘘つきなプリンセス (失われた王冠 3) Betrothed to the Peince 2003」
レイ・モーガン 雨宮幸子





シリーズ第3作。前作では,ハンディキャップを持つ王子という特異な設定で,人権問題を扱いましたが,本作では,王族同士のロマンスの中にも,恵まれない子供をどうするかという社会問題を,後々国家経営に王族一族がかかわっていくかという点を描き出しているように思います。3作まで読み進んでみて,レイ・モーガンはロマンス小説で単に特異な設定を描くだけでなく,その背景に国家と人権,国家と安全,社会保障,偏見と闘うことなどなど,大きなテーマを描き出そうとしているようです。
ナボタビア国の王子,ガース・ロゼアノバは親が定めた許嫁,西ナボタビア国の王女カティアナ(ティアナ)がいますが,もう何年も逢ったことがなく,ティアナの方も,フォトグラファーとして自立しようという考えから,婚約を解消したいと考えています。第1作で登場したカリナ王女と警備主任のジャックの結婚式に一族が集まることを機会に,ティアナもアリゾナの一族の邸宅を訪れますが,ガース王子と出会う前に,道端に捨てられた赤ん坊を拾い,自分は身分を隠してナニーとして来たことにします。このとっさの嘘が,この後大きな誤解に次ぐ誤解を生んでいくことになるのですが・・・。ガースの両親とガースとの秘められた関係も後半明らかにされ,やはり王家には,それぞれ複雑な事情があるものだなぁと感じさせるなど,いくつもの伏線がシリーズが進むにつれて明らかにされ,筆者のストーリーテリングのうまさに感じ入ることのできる作品です。


光と闇のプリンス [レイ・モーガン]

SHALOCKMEMO690
光と闇のプリンス(失われた王冠2) Royal Nights 2003」
レイ・モーガン 山田沙羅





シリーズ・第2作。王家の三男ダミアン王子と理学療法士サラ・ジョプリンのロマンスです。モーターボート競技でボートが転倒した事故で失明した王子に許に,理学療法士のサラがやってきます。王家の一族はまもなく故国に帰り,ナボタビア国の政権に復帰するための準備をしているところですが,兄弟・姉妹それぞれが政権をとった後の役割を決めているようです。ダミアンは財政担当相となる予定ですが,失明が回復しない限り,一族の役に立てなくなることを心配し,投げやりな気持ちになっています。失明の回復の希望はまだ残されているものの,暗闇の中での生活を少しでも前向きにできるように訓練しようとやってきたサラの言うことを受け入れようとしません。サラの粘り強い取り組みに少しずつ心を開いていくダミアンですが,そもそも起こるはずのないボート事故や,身辺に起こるいくつかの気になる出来事の犯人の可能性のある,兄弟同然に育ったシェリダン男爵との関係悪化が浮上してきます。そしてアリゾナの一族の邸宅で開かれるパーティでダミアンの婚約が発表される予定であることが,ダミアンに好意を感じていたサラの知るところとなるなど,二人のロマンスに暗雲が垂れ込めますが,パーティは無事終了し,サラは妹の出産の手伝いをするため,家に帰ります。しかし,二日後サラの家を訪れたのは,ダミアン王子でした。第1作で登場したカリナ王女のお相手ジャックが謎の解明にもう少しかかわってくるのかと思いましたが,それよりも,いつもユーモラスに登場するガビニ公爵の存在が暗くなりがちな本作のストーリーに,不思議な光をもたらしてくれます。そして次兄ガースのお相手もすでに本作に登場するなど,シリーズ中の作品間の関係もあちらこちらにヒントが隠されていて楽しめます。


無邪気なプリンセス [レイ・モーガン]

SHALOCKMEMO689
無邪気なプリンセス (失われた王冠 1) Jack and the Princess 2003」
レイ・モーガン 山田沙羅





レイ・モーガンの「失われた王冠」シリーズの第1巻です。本シリーズはナボタビア国の4兄妹を主人公とした四部作で,本書は末娘の王女カリナ・ロゼアノバ(通称カリ)がヒロインとなります。政変によって両親が殺害されたナボタミア王国の皇太子マルコ,次男ガース,三男ダミアン,そしてカリナはそれぞれアメリカに亡命していますが,その後政権を奪った派閥がたおされ,再度国に戻って新政権を樹立するための準備をしているところです。ひとりっきりの王女であるカリは,国内外の有力者と結婚し,女性として,新政権の役に立つように期待され,有力者たちのなかから,夫を見つけ出すための舞踏会が開かれようとしています。しかし,王政に反対するグループから攻撃されることを恐れ,警備に詳しい専門家を雇うことになります。そこに登場するのが本作のヒーローで,元刑事のジャック・サンティニです。ジャックは任務中に犯罪者とかかわったことが疑われて現在内偵中のため,警察を休職させられており,その間,この舞踏会の警備責任者として雇われようとしていました。一方カリは頭では自分が王女としての務めを果たさなければならないことはわかっていながらも,自分の恋愛と関係なく結婚させられることに疑問を感じていました。そんな時に出会ったジャックは,男性としても素晴らしく,尊敬できる面を持つ魅力にあふれた人であり,カリはジャックに惹かれていきます。また,ジャックも無理難題をいいつつも,自分に魅力を感じているらしいカリが純粋さを失わず,素晴らしい魅力を持った女性であることに気づき,カリを守ろうとする気持ちとカリに惹かれていく気持ちの間で,悩みます。そんな二人を決定的に近づかせる事件が起き,二人の間は急速に接近します。王女らしい気品や堂々とした振る舞いと愛らしく,末っ子らしい甘える姿が同居するカリナの魅力が十分に発揮された一作です。


レイ・モーガン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。