So-net無料ブログ作成
コニー・メイスン ブログトップ

ハイランドの戦士と情熱の花嫁 [コニー・メイスン]

SHALOCKMEMO699
ハイランドの戦士と情熱の花嫁 Highland Warrior 2007」
コニー・メイスン 藤沢ゆき





とにかく元気のいいヒロインの登場です。「元気のいい」では控えめすぎる言い方になる。頑固で,思い込みが激しく,決して頭が悪いわけではなく,後先を考えずに突っ走ってしまうため結果的に物事が悪い方に進みがちなヒロイン,それがジリアン。一方ヒーローはマッケナ氏族の氏族長ロス。敵対するマッケナ氏族とジリアンのマッケイ氏族は長年抗争を続けてきている。時は1415年。長い抗争の間に互いに犠牲者を出し合い,互いに後には引けない状況になってきている。しかし,マッケイ氏族の氏族長でジリアンの父ティアラッフは,すでに二人の息子を失っており,これ以上の犠牲を出すことは互いにとって決して有利には運ばないことに気付き,ロス・マッケナに自分の娘ジリアンを嫁がせることで,和平を保とうと考えた。戦場で自分に剣を向けてきたジリアンを嫁に迎えることはロスにとっては大変なリスクであるものの,ティアラッフがそこまで犠牲を払っても和平を求めてきたことを認め,この協定を認めることにする。全く寝耳に水の話でジリアンは抵抗するものの,政略結婚によって得られるものの大きさを説く父の言葉に従い結婚式を挙げる。ジリアンとロスはすでに付き合っている人が互いにいたが,結婚という形にまではいっていなかった。ジリアンの元彼アンガス,ロスを慕うジーナの二人が,全編を通じて敵役となり様々な事件を起こしていく。そしてマッケナ氏族の治療師(不気味な魔女という感じ)のギゼラが預言的な言動と不可解な行動で巧みに物語をリードしていく。ギゼラの存在が中世的で妖精の国ハイランドの一種独特な雰囲気を表すのに絶妙な存在となっている。言葉というものが事実と密接に結び付き,人の心を正直に表していた時代の雰囲気,自分の運命にまっすぐに立ち向かっていくヒーロー,ヒロインの潔さが読者の心にまっすぐに突き刺さってくる珠玉の作品。


愛と復讐の黒騎士 [コニー・メイスン]

SHALOCKMEMO664
愛と復讐の黒騎士 The Black Knight 1999」
コニー・メイスン 藤沢 ゆき





 ヒストリカル・ロマンスの大御所コニー・メイスンの本書を読了しました。今月,電子書籍リーダーのソニー・リーダーPRS-350を購入し,電子ブックを検索しているところで,扶桑社ロマンスではこのコニー・メイスンがヒットしました。そういえば,蔵書に何冊か未購入のものがあったので,本作をダウンロードして読み始めたところ,文字の大きさの調整,低価格,そしてページ数が表示されるのでどの辺まで読んだのかを紙ベースと同じように把握できることなど,その便利さにうなってしまったところです。続けて未購入だった「獅子の花嫁」と「愛は砂漠の夜に」もダウンロードしました。しばらくは,本よりもリーダーを手に取ることが多くなりそうです。
 さて,1336年のウェールズ。騎士見習いとしてナイル卿の城チャーク城に異母弟ワルドーとともに預けられたドレイク。庶子として育ち,ワルドーの従者となるべく共にチャーク城に赴くのですが,それから7年後,17歳のドレイクは異母弟から無名のドレイクとか庶子であったためサー・バスターなどと侮蔑的な名前で呼ばれていますが,チャーク城の跡取り娘ダリアを愛してしまいます。しかしその妹,次女のレイヴンはドレイクに好奇心を持ちアクションをかけてくるのでした。ワルドーと婚約していたダリアはワルドーの気を引くためあえてドレイクにも気のあるそぶりをするのですが,庶子で将来性のないドレイクは最後の手段としてダリアに駆け落ちしようと持ちかけます。しかしダリアの側にその気のないことをレイヴンからは指摘されるものの,ドレイクはしつこいレイヴンの言葉を信じようとせず,チャーク城を出奔してしまいます。
 それからさらに12年後。チャーク城の馬上槍試合に現れたのは黒騎士となったドレイク。国王の王弟,黒太子の盟友であり武勇にふれる黒騎士と歌われるようになったドレイクでした。その頃には,ワルドーに嫁いだダリアもなくなり,レイヴンも妙齢の女性に成長しています。黒騎士がドレイクだと気づくまでに時間がかかったレイヴンですが,ドレイクだと知るや,自分が幼少の頃から抱いていたドレイクへの思慕が再燃するのでした。しかし,ダリアを亡くしたワルドーはレイヴンとの婚約の許しをローマ法王から取り付け,まさに結婚式まで秒読みの段階だったのです。ワルドーを嫌って,姉の死因にも不自然さを感じていたレイヴンは黒騎士ドレイクに救いを求めます。そこから,ドレイクの心の中でダリアらからレイヴンへの気持ちの移り変わりがいくつもの小さなプロットを絡めながら,どろどろの三角関係へと発展していきます。そして終末には,ワルドーのそれまでの悪巧みの数々が次第に明かされ,最後は天王山の明智光秀のように盗賊に襲われて命を失ってしまうまで,ワルドーの存在感は本書の中では圧巻です。このような敵役を徹底的に悪者にしていくコニー・メイスンの筆力は骨太で,ストーリー・テラーとしての面目躍如たるものがあります。


偽りの誓いに心乱れて [コニー・メイスン]

SHALOCKMEMO595
偽りの誓いに心乱れて A Breath of Scandal 2001」
コニー・メイスン 中村藤美





何度かチャレンジして,分量の関係でなかなか読了できなかったコニー・メイスンのヒストリカル・ロマンスを読了できました。
いつも,なにかしら新しいジャンル,奇抜なプロット,そして魅力的なヒロインを創出しているコニー・メイスンです。本作も期待に違わず,素晴らしい一作でした。珍しくシリーズものの本作。ソーントン家シリーズの第2弾となります。第1弾の「偽りの一夜は罪の味 A Taste of Sin」がハイランドの放蕩貴族セント・ジョン・ソーントン(シンジン)とマクドナルド一族の氏族長クリスティのロマンスであったのに続き,第2弾の本作ではシンジンの兄でシンジンとは正反対の堅物ジュリアンと,スタンホープ伯爵の隠し子でロマの母を持つ美貌で情熱的な娘ララとの,不思議な出会い,互いに想い合うロマンス,政府の諜報員として働くジュリアンとその敵との命をかけた戦いに巻き込まれていくララとジュリアンの妹エマ,そしてソーントン一族。そのミステリ風味とアドヴェンチャー満載の,海洋・スパイ・アクション・エスニック・アドヴェンチャー・ヒストリカル・ロマンスとでも分類できる楽しさ満載で贅沢でお薦めの一作です。
 第1弾は未読ですので,また,次の機会に是非。


コニー・メイスン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。